自分を解放して自由に描いてる絵かどうかは大体見てわかるという話




抽象画は、誰にでも描けそうでいて、実際に描くと難しかったりする。

きっと、自分を自由に解放してあげないと描けないからだと思う。

論理とか法律とか規則とか常識とか、こういうたぐいの事柄で頭がいっぱいになっているときは、まったく描くことができない。

あと、日常生活に追われているような感覚のときにも描けなくなる。

だから、年齢とか肉体とか感情とかそういったものからぐんと離れて、自分の意識とか存在そのもの、魂のようなものだけに焦点を合わせてから描くようにしている。

こう思って描いても、いつも満足できるものが描けるとも限らなくて。冒頭の作品なんかは、実は失敗作のうちのひとつ。自分を解放できておらず、つまらないことにこだわって描かれているというのがその理由。

抽象画って難しい。大人になると特に描けなくなるけど、かといって、子どもなら上手く描けるかというとそうでもなくて。

実は子どもも、意外と大人に気を使っているもんだから、大人に褒められるような絵を描く習慣が身に付いている。

自分を解放して自由に描いている絵なのかどうかというのは、大体見てわかるんだけど、学校に通い始める頃には、ほとんどの子どもが、お利口サンな絵しか描かないようになるみたいだ。

自由に自分を表現することが許される芸術の場なのに、自由に表現できないのであれば、絵を描く行為が苦手になって、段々遠ざかっていくようになる。

いつか、子どもに限らず、大人の人にも、自由に表現することの価値とか楽しさを味わってもらえるようなワークショップみたいなのができたらいいなとか思ったりもするけれど、

まずは、自分が存分に楽しんで味わうことにしよう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。