エアコンからコオロギの鳴き声が事件のその後




今年は、家の周りでコオロギが大発生したみたいで、エアコンの中にコオロギが入ってしまうという事態が3回も発生した。

1回目のときは、なんとなくコオロギの鳴き声が近いなと思ってて、次の日にはかなりの大音量の鳴き声にパワーアップ。

家の中にいるんかなと思って、鳴き声の出どころを探してみると、どうやらエアコンから聞こえる。

たまに、エアコンの調子によって、虫の声みたいな音がするときもあるけど、それとは違う音。一応、吹き出し口から中を覗いてみるけど、見当たらず。エアコンを叩くと鳴き止むけど、またすぐに大音量で鳴き出す。鳴いては叩き、鳴いては叩きを繰り返す。鳴き止んだなと思って、椅子に腰かけようとすると、鳴き出すというまるでコントみたいになって、すっかり疲れてしまい夜だったのもあって、明日エアコン開けて見てみようと、その日は諦めることに。

次の日、もうエアコンから鳴き声がしないなぁと思って安心してたら、なんと部屋の中でコオロギを発見!しかもビッグサイズなので、ちょっと怖いくらい。

どうやらエアコンから出てきたみたい。

その数日後、またエアコンからあの声が!きっと気のせいだよねと願いつつ、エアコンに近づいてみると、やっぱりエアコンの中から聞こえる。

エアコンの排水ホースか室外機とかから入ってきてるっぽいから、網でカバーしたりとか虫除け置いたりとかすればよかったなぁと後悔。

今度はフィルターのとこを開けてみたりしたけど、やっぱりどこにも見当たらず。どうしたもんかなぁととりあえず部屋を出て、しばらくして戻ってみると、今度はエアコンの下辺りから声が!近づいてみると、エアコンの下に重ねてた額縁辺りから声が聞こえる。額縁を持ち上げてみたら・・・、やっぱりコオロギの姿が!

結局、何もしなくても、勝手にコオロギが出てくるみたい。

その後、またまた油断してて、またエアコンから声が!

今度のコオロギはなかなかしぶとくて、なかなか出てこないし、ずっと鳴いてて、ちょっとコオロギノイローゼになりそうな勢い。

紙を細く折りたたんで、平べったい棒状にしたものを吹き出し口から差し込んで揺らしてみたり。吹き出し口にドライヤーの風を当ててみたり(真似しないで下さいね、もし真似するなら電源切ってから)するも、出て来る雰囲気はなく。

そこで、エアコンのフィルターを外して、フィルターのあった部分にドライヤーの風を当ててみると、ボトっと落ちてきました、コオロギが。

というわけで、エアコンからコオロギの鳴き声がしたら、いつか出てくるみたいだけど、コオロギのフンとかが詰まると壊れるかもしれないので、なかなか出てこないときは、業者さんに開けてもらうのが良いと思います。

あと、光に寄ってくる性質を使って、ライトで照らすとかも良いかも。