夢や目標なんて持たないようにしているという話




最近、音楽アプリのSpotifyを使ってる。アプリにオススメされたプレイリストから適当に良さそうな曲を、オススメされるがまま聴くんだけど、普段聴かないような曲の中からいろんなインスピレーションを得ることも多い。

今しがたも平井大さんの曲を聴いていて、閃いたことがあるので、書き留めておくことにする。

 

私はある時から夢や目標を持たないようにしている。

勤めに出ていた頃は、なんとなく会社に言われるがまま、目標設定してみたり、ノルマを掲げたりしてたし、仕事が上手くいかないなぁと感じるときには、わざわざ紙に書き出してみるとかいろんな方法で成長しようとあがいていた。

でも、実はそれが逆効果になってしまうということに気付いたのだ。それ以降は、細かいことはなるべく自分で決めずに、大きななんとなくこうなったらしあわせだなぁと思えるイメージだけを持つようにしている。

そのイメージを実現するための細かな道筋とか計画は、見えない世界にすべて委ねることにしたのだ。

見えない世界というのは、宇宙的なエネルギーの力というか、潜在意識のような部分のことで、怪しい話じゃないので、引かないでくださいね(笑)

 

ちっぽけな自分の小さな頭だけで色々とシュミレーションしたって、その通りにいくとは限らないし、もしその通りにいったとしても、それが宇宙の計画通りでなければ、途中で挫折してしまうことも多い。

宇宙の計画にまかせてみると、まるでお膳立てされていたかのように不思議で奇跡的な出来事が起こる。我慢とか努力とか自己犠牲とかとは無縁の世界。そんな流れに乗れるようになると、不思議と感謝の気持ちが生まれてくるから、人にも優しくなれるし、人を応援したくなったりする。

でも、いつも上手くいくわけじゃない。日々の生活の雑音の影響ってものすごく強いから、意識してないとすぐに昔みたいに頑張らないととか、人に気に入られないととか、いろんな雑念が生まれてしまうから。そこが人間らしさでもあるんだろうけどね。

見えない世界の計画を、瞑想のように、ただじっと静かに観察する暮らしもなかなかいい。自分のことなのに、まるで他人事のように捉えるようにする。

これって一見すると、退屈でつまらなそうに思う人もいるかもしれない。ところが、まったくの逆で、実際は、刺激的でめちゃくちゃワクワクする。不思議な出来事やシンクロニシティ(意味のある偶然の出来事)が次から次へと起こるもんだから、本当に見えない力が働いているんだなぁと実感できて、最初は怖くもあるけど、次第に、とても穏やかななんともいえない安心感に包まれる。先の不安というのがなくなる。

だから、これを読んでいるあなたにも試してみてほしいと思ったりしている。

いつか、セッションみたいな感じで、どうすれば見えない世界と繋がれるのかというのを伝えられたらいいなぁとも思ってる。けど、今はまだその時期ではない気もしていて、今は、作品作りに力を入れたいようなそんな気分。

さて、これからどうなることやら。