もやっと来たときは、自分はそれ好きじゃないって素直に言えば済むだけなのに、大人になると難しい




※ VALUのアクティビティの中に書いた文章です。なんとなく、こっちにも転記してみました。(VALU知らない人は調べてね。)

その前にこんなつぶやきもしてます↓

 

いや〜ふと思ったけど、

これだけ生き方が多様化してきてるこのタイミングでVALUが生まれて、
人生で存在ぐらいは知ってても、実際に触れ合ったことのないような相手と、
いともかんたんに触れ合うことができるようになったんだけど、

もうみんな大人になってしまってるから、それぞれにいろんな経験とかしてて、
それぞれにこだわりとか持ってて、

中にはもうゴリゴリに自分の考えしか認めたくないという人もいたりして、
それはそれでいいんだけど、自分と違う相手だと攻撃するということしかできなくなってしまってる人もいたりして、いや〜なんかこわいなぁと。

価値観が違う相手に噛み付いたりするのは、自分に自信がないからだったり、自分を大きくみせたいからだったり、実は、その人自身にも同じ価値観があるんだけどそれを認めたくなくて隠したいからだったりするってのは、頭ではわかってるんだけど、やっぱり目撃するとこわいねー。

せっかくいろんな世界の人とかかわれるVALUだから、相手のことを受け入れなくてもいいから、認めるくらいはできたらいいなと思う。
何が正しいとか間違ってるとかなんて、TPOですぐに変わるものだし、異分子を潰すようなこだわりなら持たない方がマシだよなぁと思う。

もやっと来たときは、自分はそれ好きじゃないって素直に言えば済むだけなのにね。相手を変えようと噛みつかなくても大丈夫なのに。

人生、時間があるようで、意外となかったりするから、自分の経験した事以外はわからないし、仕方ないのかな。

ちなみに、この話、VALUがダメだって内容じゃなくて、それぐらいVALUというすごい仕組みが生まれたよって話です。