水張りしなくても魅力的な絵は魅力的なんだと気付いた話

たまには描いた作品の紹介でも。

まずは、グリニッシュブルーという紺色系の絵具とディープイエローでドローイング。

筆を使わず、箸と名刺サイズの厚紙で描きました。

絵具を広げる前にポーリングメディウムという液体をところどころに垂らしてから広げてみたところ、その部分だけ少し白くなっていい感じに。

後で思ったけど、絵具の方にも、ポーリングメディウムを混ぜた方が、もっときれいに境目が出るのかも。というのも、これはマーブリングみたいに塗りたいときに使う液体で、混ぜたくない色それぞれにメディウムを混ぜておくのが正しい使い方。あまりにも、思いつきで使いすぎたから、明日また試してみよう。

 

この後、また色を加えて、こんな感じに。

うんうん、スキな雰囲気。

 

あと、こんな絵も。

これは、アクリル絵具と茶色のニスを使って描いたもの。

いろんな角度から。

 

 

これもスキな感じ。

水張りが苦手なので、一気に描いちゃうから、画用紙に描いた作品は波売ってて、販売とかはできないなぁと思ってたんだけど、今年、鹿児島であった坂口恭平さんの個展に行ったときに、少々波売ってようと、それが逆にエネルギーを感じさせるというか、すごく魅力的だったので、これからはあんまりこだわらないで描いていこうかなと思っている。

 

 

Related Entry

これからのアートの役割は?

私の絵は世界にひとつしかないけれど、あなたの感じ方も世界にひ...

絵を描くときタイトルは考えないで描くようにしている

抽象画作品『なくなりゃしないよ』

作品をコントロールしようとし過ぎていたことに気づけたシンクロ...

絵だけじゃなくて写真を使ったスマホケースも作ってます