自然栽培は自然の一部でもある自分自身の力を信じてみてもいいかなという気にさせてくれる。




先日植えた無肥料無農薬プランター栽培の野菜たちの間引きをした。

植えた野菜の種類は、小カブ、人参、細ねぎ、ルッコラ、春菊。

種まきの詳細はこちらの記事→プランターで固定種のタネの無肥料栽培を始めてみました

 

初めての固定種、在来種のタネ。

これまで試してきた種蒔きの中で、一番、元気よく育ってくれている。

虫の被害もほとんどない。

見るからにおいしそうなグリーン。

ただ、これまで当たり前と思っていた野菜の育て方とまったく違うので複雑な思いもあったり。これまでは、野菜は1種類のみを、配列よく並べて、間隔を空けて育てるのが普通だと思ってた。

なのに、今回は色んな種類の野菜をもさもさと生やすという、見た目はちょっとありえないプランターに。

本来なら、もっとタネの数は少なめで、もっと間引きをしないといけないのだろうけど。だから、誰かにこのプランターを見られたら恥ずかしいなという思いが沸き起こったりもするのだけれど、でも、きっとこの栽培が上手くいったら自信を持って、人目がある場所でも育てることができると思う。

まあ、こんな感じでとかく人目を気にしてしまうところがある。でも、こうやって自由に実験できるということがとてもたのしい。しあわせだ。

 

味見がてら、間引いて食べてみることに。間引きは必要最小限にしようと思ってる。これも実験。大きく育たなくても、ちょっとずつ収穫して食べれたらいいかなと思ってるので、たぶん上手くいくと思ってるんだけど、どうかな。

そして、実食。

これがめちゃくちゃおいしい!小さくても味が濃厚で、何となくカラダに染み渡るような感覚がした。

 

自然栽培だと、市販の苗とか種から育ててたときとは、まったく違ったおもしろさがある。

これまでは、ある程度決まったルールに従って育てるだけ。しかも、収穫が終わったら、種も取れずに終わり。来年、また新しい苗か種を買ってという繰り返し。ちょっとした工夫とかはできるとはいえ、ワンパターン過ぎて、少し飽きてしまっていた。

でも、自然栽培だと、自然の力というのを直に感じることができる。それは、土や空気、風、光、水、その他の見えない力といったすべて。

だから、この自然栽培の体験というのは、私の絵の創作にとてつもない影響を与えてくれている。そして、もっと自然の力を、自然の一部でもある自分自身の力を信じてみてもいいかなという気にさせてくれる。