アイデアを出すことが苦手!得意になる1つの思考【仕事】

アイデア

質問者
質問者

アイデアを出すことが苦手です。

アイデアをすぐに出せる方法ありますか?

著書「「具体⇔抽象」トレーニング」から、お悩みを解決します。

この記事でわかること
  • アイデアがすぐに出す方法
  • よい提案を出す方法
  • 課題解決が得意になる方法
この記事を読むことで、アイデアを出すスキルが身につきます。

この記事を書いた人

筆者
筆者

✔東証一部上場勤務

✔ブログ歴1年以上
✔Google広告 認定資格
✔Yahoo!リスティング広告 プロフェッショナル
✔Web解析士
✔ウェブデザイン技能検定

抽象化力・具体化力を鍛える【アイデア出すことが得意に】

「具体⇔抽象」トレーニング 思考力が飛躍的にアップする29問 (PHPビジネス新書)

結論、抽象化力・具体化力を鍛えましょう。

なぜなら、事象の転換が出来るからです。

例えば、戸建てを買うか、マンションを買うか。

どっちがお得でしょうか?

具体と抽象を使えば、こんなアイデアを出せます。

家を買うなら、新車を買うようなもの。高いけど、多少汚してもOK!
マンションは、サブスクリプションで車を使うようなもの。

「新型に乗れる」などのメリットがあるね。

これが抽象化力・具体化力です。

過去の事象の共通点を探し、今の問題に置き換えます。

そうすることで、精度の高い改善案が出せるのです。

まさに魔法の思考です。

そして抽象化力は簡単なトレーニングで鍛えることが可能です。

抽象化と具体化とは

抽象化力は具体化力と対(つい)の関係です。

抽象化

抽象化とは「五感では感じられないもの」に変換することです。

例えば、食べ物、車、家。

どんな形?どんな味?具体的なイメージはできないね!

具体化

具体化とは、五感で感じられることです。

例えば、メロンパン、フェラーリ、鈴木さんの家。

どんな形か、どんな味(五感)か具体的なイメージができる!

抽象化力を鍛える方法

抽象化力を鍛える方法は、共通点をみつけること。

本書では前田さんが考案した「抽象化ゲーム」が紹介されております。

抽象化ゲームとは、目の前にある2つをランダムに抽象化するトレーニングです。

例えば、ワインと観葉植物の共通点を考えてみてください。

ポイントは3つあります。

  1. 要点から共通点をだす
  2. 動詞から共通点をだす
  3. 機能から共通点をだす

要点から共通点をだす

1つ目は、要点からから共通点をだすこと。

これは「つまりどういうこと?」という視点で、共通点を出す方法です。

ワインって、つまりどういうモノ?
観葉植物って、つまりどういうモノ?

ワインは、贈り物で喜ばれるものです。

観葉植物も、贈り物で喜ばれるものです。

気づき(左)

プレゼントで喜ばれるものはワインです。

観葉植物も喜ばれる可能性が高いです!

共通点からアイデアを出すことができます。

動詞から共通点をだす

2つ目は、動詞から共通点をだすこと。

これは「動作」で共通点を出すことです。

気づき(左)

ワイン=プレゼントで送るもの!
観葉植物=プレゼントで送るもの!

プレゼントするなら、観葉植物もおすすめ!と提案できます。

機能から共通点をだす

3つ目は、機能から共通点をだすこと。
気づき(左)

ワイン=リラックス効果
観葉植物=リラックス効果

リラックス効果があるものといえば、ワインの他に、観葉植物もあるよ!と提案できます。

まとめ【アイデアを出すことが苦手!得意になる1つの思考】

アイデア

まとめです。

アイデアを出す方法は、抽象化力・具体化力を鍛えることです。

なぜなら、事象の転換が出来るからです。

毎日「抽象化ゲーム」を行い、抽象化力・具体化力を鍛えましょう。

簡単に、アイデアを量産できます。

本書は、たった1,000円ほど。
1,000円で10年、いや20年先も使える、一生食いっぱぐれない「具体と抽象スキル」を手に入れられます。

市場価値を高め「稼ぐ力」をつけたい人はどうぞ!

「具体⇄抽象」トレーニング 思考力が飛躍的にアップする29問

過去に私が書いた「まとめ記事:ビジネススキル」はこちら

まとめ記事:ビジネススキル

コメント