【おすすめ】自律神経の乱れを整える方法【修正手順】

 

 

 

自律神経が乱れているようで、疲れているのに寝れません。また肩こり、吐き気などの症状が出ていて、そして寝れず、メルタルクリニックで眠剤をもらってます。

改善方法はあるのでしょうか?

 

こんなお悩みの解決方法を、私の体験から紹介します。

※この記事は5分で読めます※
 
この記事を読むことで、こんなことが分かります!
  • 簡単に自律神経を整える方法
  • 疲れやすい、めまい、肩凝り、寝れない等の対策
  • 簡単に副交感神経を増やす方法
 
この記事は「誰でも、いつでも、自律神経を手軽に整える方法」を紹介しております。
 

の記事の信頼性
・2020年8月19日モーニングショー放送からの引用です
 

頭と顔のタッピング【自律神経の乱れを整える方法】

結論、頭と顔のタッピングが有効です。

5分休憩やおやつ休憩などの

スキマ時間でできる自律神経の乱れ改善ストレッチです。

 

ポイントは以下2つです。

大きく呼吸しながら1分トントン叩く

大きく呼吸しながら

「人差し指」

「中指」

「薬指」

で、頭と顔を1分トントン叩きましょう。

寝る前、緊張時に有効

実施するタイミングは

寝る前、緊張時に有効です。

血流を促し、副交感神経を活性化するからです。

まとめ【自律神経の乱れを整える方法】

わたしも常に、自律神経が乱れている自覚があります。

例えば

頭痛、耳鳴り、動悸、関節の痛み、便秘、下痢、生理不順、口や喉の不快感、頻尿、残尿感、発汗、肩凝り

などが乱れから発生する症状です。

ドクターズ・ファイル 自律神経失調症

 

上記のような症状があり「自律神経乱れてるな」ってときに

頭と顔のタッピングを実施してみてくださいね。

コメント