コミュニケーション:雑談力をアップするトレーニング方法

 
質問者
質問者

友達と雑談するのは好きです。

でも、仕事関係の雑談になると、何を話したらいいのかわからなくなってしまいます。特に上司やお客さんとの雑談が苦手です。

雑談力をあげるトレーニングあれば教えて下さい。

困っている人
困っている人

雑談から信頼を深めて、仕事が上手くいくこともあるよね。

人見知りしないで誰とでも雑談できる人は羨ましいね。

でも、初めて合う人とすぐに打ち解けられないようね。

 

筆者
筆者

そのお悩み、雑談力トレーニングで解決できます。

※この記事は5分で読めます※
この記事はこんな方にオススメです!
  • 他人との雑談が苦手
  • 営業で雑談をする機会が多い
  • 雑談ネタが少なくて話せない
この記事は、雑談力を鍛えるための3つ方法を紹介しております。
雑談が苦手な人でもトレーニングすることで誰とでも雑談をすることができます。
 

の記事の信頼性
・Web広告事業部リーダー4年経験
・上場企業Webコンサル3年目
・デザイナー6年(現在も)
・営業4年(営業売上コンテスト全国1位)
・社会人16年

この記事は著書も参考にしております
雑談の極意 宋世羅の羅針盤ちゃんねる

雑談の目的を決めましょう【トレーニング】

前提として、雑談の目的を決めましょう。

例えば雑談にはこんな目的があります。

  • 相手と仲良くなりたいのか
  • 課題を聞き出したいのか
  • 場を和ませたいのか

仕事においても同じことが言えます。
目的がない仕事は、ゴールのないマラソンと同じです。
雑談をする目的を決めましょう。

雑談力をアップするトレーニング3選

雑談力をアップするトレーニング3選紹介します。

①笑うタイミングをあわせるトレーニング

②共通の話題を見つけるトレーニング

③相手の趣味やこだわりを見つけるトレーニング

順番に解説します。

笑うタイミングをあわせるトレーニング

1つめは、相手と笑うタイミングをあわせるトレーニングです。

動画の例だと
「第一印象で言われることをあらかじめ想定して笑いを誘う」
ことが重要と定義してます。

日々、笑わせることを意識して、笑いが起きた話題をストックしましょう。

動画だと「プテラノドン」がその例です。

名前や容姿で盛り上がった経験や話題があればストックしておくことで
どんな時でも面白い返しをすることが可能です。

トレーニング方法としては、ストックの他に、

恋愛でも同じことが言えます。
笑うツボが同じだと一気に距離が深まりますよね。

ビジネスも同じです。
ただし、ビジネスはこちらから仕掛けていかなければ機会を得ることができません。

共通の話題を見つけるトレーニング

2つ目は共通の話題を見つけるトレーニングです。

1つめのトレーニングで笑いのツボが合わなそうな人には
自己開示することが重要です。

例えば

「私ビールが好きなのですが好きなお酒あるんですか?」
「私徳島の出身なのですが、〇〇さんはご出身どちらですか?」
「私はテニス部だったんですが、部活は何をやっていたんですか?」

こちらから自己開示することで、共通点を見つけることできます。
※自己開示だけでも相手の警戒心を緩める効果があります。

共通の話題が見つかれば、一気に距離縮めることができます。

相手の趣味やこだわりを見つけるトレーニング

3つ目は相手の趣味やこだわりを見つけるトレーニングです。

共通事項が見つけられなかった場合、どうしたらいいでしょうか。
この場合、相手の興味がありそうなことを仮設して質問を繰り返しましょう。

例:相手が女性で、ネイルや肌に気を使っていると確信できるケース
「私、美容系は正直詳しくないのですが、営業マンのひげとか爪とかって気になりますか?」

相手が興味を持っているであろう事を仮説立てて
さも、自分も興味があるような素振りで、相手に質問することで
相手と共感することが可能です。

意識的に練習しましょう【雑談力を高める方法】

「これだけで雑談力がアップするの?」

いいえ、トレーニングが必要です。

なぜなら、スポーツと同じで、練習しないと雑談力はつかないからです。

例えば、野球の天才イチローも
「失敗し練習を繰り返したので成果をだすことができた」と言ってます。

もしあなたが本気で雑談力をつけたいのであれば今日からトレーニングしましょう。
トレーニング方法は、家族や友達から始めましょう。

過去に私が書いた「ビジネスに役立つまとめ記事」はこちら

まとめ記事:本の要約・感想・レビュー【ビジネス】

コメント