2人きりだと会話が続かない:初対面でも会話が弾む方法とは?

2人だと会話続かない

2人きりになると、会話が続かないです。

複数人だと、べらべら喋れるのに。
初対面で2人きりだと、すごく緊張しちゃいます~

何を話せばいいかわからず、沈黙に・・・

3人で話してたら、急にフェードアウト(トイレとか)して、沈黙するケースありますね。そこまで親しくない友人や異性だと、会話がなくなり、気まずい雰囲気になりますね。

そのお悩み「質問力」で解決できるかも!?
質問力を鍛えると、人と会うのが楽しくなりますよ。

※この記事は5分で読めます※

この記事を読むとこんな悩みが解決します!
  • コミュ力がない
  • 人に会うのが苦手
  • 会話が苦手
この記事では、質問力を高めるフレームワークを紹介していきます。2人きりだと会話が続かない、初対面だと会話が盛り上がらない、こんなお悩みを持っている人はぜひ見てください。

の記事の信頼性
著書「質問する技術」を参考にしてます

質問力を鍛える【2人きりだと会話が続かない】

結論、質問力を鍛えることで、会話を続けることが可能です。
なぜなら、質問は、新しい会話、話題を広げる力、があるからです。

例えば、合コンの場を想像してみてください。
誰も質問しないで、場が盛り上がるでしょうか?

出身地や、趣味、学校のこと。
質問をすることで話が広がり、盛り上がりますね。

もちろん、質問以外でも、盛り上げることは可能です。
代表的には、話題の共感、相手との共通点探し、などがあります。
しかし、共感、共通点探しも、質問から始まっていることが多いです。

筆者
筆者

あなたの趣味は何ですか?

あなたはどこに住んでいるのですか?

会話は学校で勉強しません。
だから苦手で当然です。

私は4年、コンサルタントをしてるので、経験は多少豊富です。
そして最近、気づいたことがあります。

それは、会話を続ける質問には、フレームワーク「型」があります。
私の経験から、会話が続く「3つの型」をお伝えします。
型を使って話すことで、明日から、人に合うのが楽しくなると思います!

会話が続くフレームワーク(型)【2人きりだと会話が続かない】

会話を続けるフレームワーク(型)を3つお伝えします。

①自己開示+質問(5W1H)
②過去・現在・未来+質問(5W1H)
③バックトラッキング+質問(5W1H)

順番に解説します。

自己開示+質問(5W1H)

1つ目は「自己開示+質問(5W1H)」です。

自己開示とは、自分の情報を相手に与えることです。
例えば「趣味、仕事、正確、学歴、年齢、出身、感想」です。

なぜ自己開示が有効なのでしょうか。
それは、相手の警戒心を解くことができるからです。

人間は、自分の情報を出せば出すほど、相手が信用する傾向があります。
科学的根拠「一貫性の原理」が働くからです。

一貫性の原理とは、簡単に言えば「お返し」です。
スーパーの試食ですね。「買わなきゃ悪いなあ」という気持ちになります。
だから「自分の情報もださなきゃ」と感じるのです。

例を見てみましょう。

筆者
 

私は静岡県出身です。(自己開示)

どこの出身なんですか?(Where)

わたしは、青森県の出身なんです~

筆者
 

へぇ~青森県なんですか!

なぜ、この大学に入ったのですか?(What)

このように、2人きりでも会話を続けることが出来ます。

アクションプラン

アクションプランは、実験思考でいきましょう。
例えば、社内の同僚(そこまで親しくない人)に、話しかけます。

「そのスニーカー素敵ですね、わたしスニーカーが3度の飯より好きです。どこで買ったんですか?」
筋トレと同じで、回数を重ねましょう。
そうすれば、呼吸するように言葉がでてくるようになります。

過去・現在・未来+質問(5W1H)

2つ目は「過去or現在or未来+質問(5W1H)」です。
時間軸を意識すると、会話が広がります。

なぜなら、時間軸は、人間全員に与えられている共通点だからです。
例えば、テニスをしていない人に、テニスの会話で盛り上げるのは困難です。
逆に、テニス大好きな人に、テニスの会話は盛り上がるでしょう。

これと同じで、共通点は、会話を盛り上げます。

筆者
 

いつ頃から、弁護士を目指したのです?(過去)(5W1H)

こんなまだ若いのにすごいですね(現在)
ものすごい勉強をしてきたんですね(過去)

18歳の時、好きなドラマをみて、弁護士に憧れました。

筆者
 

今でも法律の勉強はしてるんですか?(現在)

将来は、弁護士事務所とか作るんですか?(未来)

アクションプラン

アクションプランは、現在→過去→未来の順番で話す訓練をすることです。
なぜなら、現在から話すと、過去と未来に紐付けやすいためです。

例えば、サッカーが上手い人にいきなり「昔から得意なんですか?」と話すより
「サッカー上手いですね(現在)」「なんでそんなに上手いの?(過去)」「将来サッカー選手目指してるんですか?」と会話が展開しやすくなります。

バックトラッキング+質問(5W1H)

3つ目は「バックトラッキング+質問(5W1H)」です。
バックトラックとはオウム返しのことです。

相手の言葉を繰り返すことで、高感度が上昇します。
なぜなら、「共感されている」と感じて貰えるからです。

「先週、広島に旅行に行ったんだ」
「ふ~ん」

よりも

「先週、広島に旅行に行ったんだ(バックトラッキング)」
「え、広島言ったの?どこに行ったんですか?(5W1H)」

相手は、共感されてると感じて、気持ちよくなります。
結果、どんどん話してくれるようになり、会話が弾みます。

筆者

今ハマっている映画ありますか?

鬼滅の刃です!

筆者

鬼滅の刃が好きなんですね(バックトラッキング)

どんなところが好きなんですか?(5W1H)

2人きりでも、会話が途切れることがありません。

バックトラッキングは3種類ある

バックトラッキングは3種類あります。

①事実バックトラッキング
オウム返しです。
相手の言葉をそのまま言葉にすることです。

②感情バックトラッキング
相手の言葉を感情で返すことです。

上司のAが腹たつ!

A上司ね、たしかに言葉きついから嫌われてるよね。

③要約バックトラッキング

相手の話をまとめて返すバックトラッキングです。

質問者
質問者

人生、良いことばかりじゃないね。
昨日仕事で昇格したのに、今日は彼女に振られたよ。

人生楽ありゃ、苦もあるさ

私は①は友達とのシーンで使います。
②は友達と仕事のシーンで使います。
③は仕事で使うことが多いです。

バックトラッキングは「話をちゃんと肯定してくれる」という印象を与えます。
なので、2人きりでも会話を続けることが出来ます。

クローズド・オープンクエッション【2人きりだと会話が続かない】

型を使えば、ある程度、話ができるのはわかった。

でも、会話って意外と続かないのよ!

そんな会話が苦手な人でも、会話を続ける「魔法」があります。
それは、オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンです。

YES/NOで答えらない質問がオープンクエスチョンです。
クローズドクエスチョンとは、相手がYES/NOで答えられる質問のこと。

①自己開示+質問(5W1H)
②過去・現在・未来+質問(5W1H)
③バックトラッキング+質問(5W1H)

ポイントは、オープンクエッションで質問することです。
詳しく見ていきましょう。

オープンクエスチョン

自由な回答を求めるのがオープンクエスチョンです。
YES、NOでは答えられない質問ですね。

オープンクエッションは「なぜ」「どのように」など、5W1Hを使って質問します。
メリットは、初対面の人でも、簡単に会話をふくらませることができることです。
デメリットは、薄い会話になりやすいことです。

使用例

筆者

好きな漫画はなんですか?(オープンクエッション)

スラムダンクです!

筆者
 

スラムダンク!いいですね!

誰が好きなんですか??(オープンクエッション)

桜木花道!

このように、オープンクエッションを繰り返すことで、永遠に会話が続きます。

クローズドクエスチョン

クローズドクエスチョンは、YES、NOで答えられる質問です。
なんだかネガティブな用語に感じますが、そうではないです。

メリットは、話の切り替えが出来ることです。
会話が終わった時や、別の話題に切り替えたい時に有効です。
デメリットは、会話が終了しやすいことです。

ポイントは、クローズドからオープンクエッションに進むことです。
さすれば、永遠に会話が盛り上がります。

筆者
 

チョコレート好きですか?(クローズドクエッション)

チョコレート好きです!

 

筆者
 

好きな商品とかあるのですか?(オープンクエッション)

キットカットが好きです!

まとめ【2人きりだと会話が続かない】

まとめです。

質問者
質問者

2人だと会話続かない、初対面が怖い

そんな方は、質問力を鍛えましょう。
以下3つのフレームワークを使えば、誰でも質問力を鍛えることが可能です。

①自己開示+質問(5W1H)
②過去・現在・未来+質問(5W1H)
③バックトラッキング+質問(5W1H)本質は、信頼をあげる

ポイントは、質問するときは、オープンクエッションとクローズドクエッションを積極的に使うことです。

こんな未来が想定されます。
想像してみてください!

  • 人に会うのが楽しくなった!
  • 2人きりでも会話が途切れない
  • 営業で会話がはずみ、売上があがった

試すだけなら無料です。
仕事に取り入れ、質問力を鍛えましょう。
そうすれば、今よりもっと仕事が楽しくなるはずです!

もしよければ、著書「質問する技術」を読んで、仕事に取り入れてみてください。
通常1か月で得られる質問力が、14日で習得できる可能性があります。

 

質問する技術

過去記事

まとめ記事:ビジネススキル

コメント