感想レビュー:あるあるデザイン【仕事が遅いと感じる人へ】

仕事でECサイト運用していて、時々バナー作成してます。

「悩んでいること」は、仕事が遅いことです。

バナー1つに半日、時間がかかっています。

半日かけて作ったバナーもパンチないデザインです。

なにが良いデザインかわかりません。

どうすれば時間をかけずに良いデザインができるのかな?

このままだと他の仕事まで手が回らなくなりそう。

そのお悩み著書「あるあるデザイン」を参考にすれば解決できるかも!?

※この記事は5分で読めます※

この記事はこんな人向けに書いてます
  • 著書「あるあるデザイン」の概要を知りたい
  • ノンデザイナーだけど時々デザインに関わるひと
  • 時間をかけずに良いデザインを制作した人
この記事は、著書【あるあるデザイン】の概要を記載しております。
この本を読んでみて、個人的な見解で重要な点を絞って簡潔にお伝えします。

の記事の信頼性
・実際に購入して読んだ感想です
・ノンデザイナー歴10年
・時々仕事でバナー作成してます

筆者について【あるあるデザイン】

筆者は「ingectar-e」という大阪にあるデザイン会社です。

イラスト・デザイン素材集やハンドメイド系書籍、デザイン教本などの書籍の執筆、制作。京都、大阪で「ROCCA & FRIENDS」などのカフェの運営、 店舗展開、デザイン、企画などもしている。主な著書に『けっきょく、よはく。余白を活かしたデザインレイアウトの本』『かわいい南仏のデザイン素材集 ボタニカルデザインブック』(以上ソシム)、『WEDDING PAPER BOOK DIYで叶える憧れウエディング』『NATURAL&BASIC 大人ナチュラルな手描き装飾素材集』(以上インプレス)、『かわいい色の本 デザインと言葉の配色ブック』『きれいな色の本 デザインと言葉の配色ブック』『BOTANY 植物と装飾素材集』(以上エムディエヌコーポレーション)など多数。

なぜこの本を読んだのか【仕事が遅いと感じた】

なぜこの本を選んだのか。

それは、バナー作成の時間を短縮したかったからです。

つまり仕事が遅いと悩んでいたのです。

この本は、デザインの基礎を理解していなくても良いデザインを制作することができます。

なぜなら「Webデザインのフレームワーク」が載っているからです。

フレームワークとは先人たちの知識です。

だから、真似するだけで素早いWebデザインをすることが可能です。

本はどんな内容だったか

この本を読めば、誰でも簡単に、すばやくデザインを制作することが可能になります。

なぜなら45つのデザインフレームワークが紹介されているからです。

「ああ、このデザインみたことあるある!!」

思わず「こんなデザインあるある」と言ってしまいます。

パラパラ作例を見るだけで、デザインの手法が頭に入ってきます。

どんな人に読んでほしいか

  • すばやくクォリティの高いバナー作成をしたい人
  • デザインの幅を広げたい人
  • デザイナーになって1年目くらいの人

アウトプット方法

アウトプット方法を、一部内容を踏まえ紹介します。

バナーを作った後、上司にこう言われたと想像してください。

「なんか締まらないデザインだな」

「パンチが足りないな」

こんな状況の時、フレームワークを使って、要素を足してみましょう。

画像通り「」を入れたら締まりますよね。

また吹き出しを入れたら、インパクトが強くなりパンチがでます。

こんな感じで、45個のフレームワークが紹介されております。

だから、実践するだけで素早くWebデザインを作成することができます。

後輩へのアドバイスも

本書を読み込むことで、後輩や関係者へのデザインアドバイスもできそうですね。

なぜなら、フレームワークを使って、先人の知識を教えることができるからです。

私の経験ですが、過去「なんかさみしいデザインだな」と感じることがありました。

そんな時、なぜ寂しいのか、デザイナーにアドバイスを聞くと

「ここをこうすればこうなるから良いよ」

ってピンポイントで改善策をだしてくれたんです。

かっこいいですよね。

お互いの時間が削減され、WinWinです。

こういう人に憧れますし、目指したいと思います!

実践したい内容(仕事にどう活かせるか)

実践したい内容は、まず「真似る」ことですね。

バナーやランディングページは模写が有効ですし。

 

真似ることに慣れてきたら、次のステップは別訴求へ展開です。

なぜなら、デザインには意味があるからです。

バナーデザインなら「クリックさせる」ため
グラフィックデザインなら「人を引きつける」ため

本書はテンプレートな要素が強いです。

だからこそ慣れてきたら「なぜこのデザインが良いのか」考えて実践すべきです。

なぜならフレームワークに頼っていていては、成長ができないからです。

フレームワークは、制作クォリティはある程度保証されます。

逆に思考停止しやすいので「成長性」は低く、そこはデメリットであると考えてます。

思考停止から脱却することで、デザイン力も上がっていくのではないかと感じています。

レビュー・口コミ【あるあるデザイン】

楽天のレビュー評価も「4.5」という高評価をただき出しております。

Amazonレビュー内容を抜粋しました。

 

良いレビュー

「デザインの引き出しが増やせる(思い出せる)」
「何となくデザインが物足りないときに」
「 レパートリーがめっちゃ増えます!」
悪いレビュー

「英語表記に頼りすぎ」
「趣味程度でデザインをしている初心者向け」
「少なくともデザインや書体の学習をある程度済ませている方向き」

まとめ【あるあるデザイン】

まとめです。

この本を読めば、誰でも簡単に、すばやくデザインを制作することが可能になります。

評価も高いので、購入したり、同僚から借りるすることをおすすめします

明日から記事のアクションプランを実践することで、こんな未来が想定されます。

想像してみてください!

  • 生産性が上がるので収入が増えた
  • デザインで悩まなくなったのでストレスなし
  • アドバイスできるので先輩後輩から信頼増加
  • 工数削減で趣味の時間確保
  • デザイナーへの成長スピード加速

もしあなたがこの記事を読んで共感を頂けたら早速実行してみてください。

以下リンクから購入することから初めてみてはいかがでしょうか。

過去に私が書いた「ビジネスに役立つまとめ記事」はこちら

まとめ記事:本の要約・感想・レビュー【ビジネス】

コメント