良い文章を書くには?:意識すべき3つのこと【初心者】

文章を書くことが苦手です。良い文章を書くコツはありますか? あったら教えてください。 よろしくお願いします。

※この記事は5分で読めます※

この本を読むとこんな悩みが解決します!
  • 良い文章と悪い文書の違いを知りたい
  • ブログの離脱率が高い
  • つまらない文章を書いてしまう
この記事は「誰でも良い文章を書く3つの方法」が記載されております。

の記事の信頼性
著書「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を参考にしてます。
著書「文章が劇的にウマくなる接続詞」を参考にしてます。

良い文章を書くには?:読者を動かす文章

いい文章ってなに?いい文章の定義は?

結論、良い文章は読者を動かす文章です。
※「20歳の自分に受けさせたい文章講義」参照
なぜなら、文章の本質は、課題の解決だからです。

想像してください。
本を立ち読した後、本を購入する。
旅行雑誌を読んだ後、旅行を申し込む。

読む前と呼んだあとで、読者の心が変わること。行動が変わっていること。
これが読者を動かす文章が良い文章です。

逆に言えば、ダメな文章は行動しない文章です。
「文字だけを追わされている状態」です。
ただ苦痛なので、誰の心にも刺さらない文章となります。

良い文章を書くには?:初心者が絶対意識すべき3つのこと

良い文章を書くために、初心者が意識すべき3つのこと。
著書「20歳の自分に受けさせたい文章講義」にはこう記載されてます。

  • 読者の椅子に座る
  • 文章の構成
  • 文章のリズム

読者の椅子に座る

良い文章を書くポイント。
1つ目は「読者と同じ椅子に座ること」です。
なぜなら、読者の気持ち深く理解できるからです。

例えば、喫茶店で同じテーブルに座るイメージです。
椅子の硬さ、座り心地、椅子の高さ
同じ景色
を見ることができます。

では読者の椅子に座る方法はあるか。
あります。

本書には、それは「10年前の自分に座らせる」です。
読者はどんな悩みを抱いて、どう変わりたいか。
痛みを共有して発する、言葉の「強度」は最強です。

文章の構成

良い文章を書くポイントの2つ目。
それは、正しい文章の構成を理解することです。
なぜなら、バラバラな構成では、主張が伝わらないからです。

いつかフルマラソンを走ることを目標に、ランニングを続けます。皆さんもランニング始めましょう。
私は4月のホノルルマラソンを完走する目標があります。だから毎日5kmのランニングを続けています。毎日ランニングすれば、1か月後に肺活量が倍になります。だから、まず1kmランニングから始めてみませんか?

文章の目的は、人を動かすことです。
主張がなければ、人は動きません。
なぜなら、文章の中身を作ることができないからです。

主張と同時に、理由と事実も必要です。
なぜなら、中身のない文章になるからです。

これを応用している「文章の型」があります。
PREP法(ぷれっぷほう)です。

主張→理由→例(事実)→主張
事実と理由が入っていますね。

良い文章にPREP法(ぷれっぷほう)が使われる理由。
それは「主張、理由、事実」が含まれるからです。

文章のリズム

良い文章を書くポイントの3つ目。
それは、文章のリズムを意識することです。
なぜなら、リズムの悪い文章は離脱(ホームページ)されるからです。

文章のリズムは「理論展開」によって決まります。
話に筋が通っているか?です。

リズムのいい文章は、違和感なくスラスラ読めます。
気づいたら読み終わっていた本ありますよね。
あれです。

ではどうしたらリズムのいい文章が書けるか。
それは接続詞を適切に使うことです。
※著書「文章が劇的にウマくなる接続詞」参照
なぜなら、接続詞は、車のウィンカーと同じだからです。

接続詞は車のウィンカーのように、理論展開を助けてくれます
下は間違った接続詞の使い方です。

「お腹がすいています。」しかし「今日は大盛りのカツカレーを食べました」

間違った接続詞だと主張がくずれて(論理破綻)リズムよく読めなくなります。
下は、正しい接続詞の使い方です。

筆者

「お腹がすいています。」だから「今日は大盛りのカツカレーを食べました」

正しい接続詞を使うことで、文と文が繋がり、論理展開できます。

このように、文章のリズムを決定づけているのは「論理展開」です。
そして、文章の論理的整合性は「接続詞」によって保たれています。

文章を書いたら「話が繋がっているか」を意識してチェックしてください。
もし、繋がっていなかったら「接続詞」を見直してください。

購入はこちら「文章が劇的にウマくなる接続詞」

良い文章を書くには?:良い文章(論理展開)になってるか確認する方法

質問者
質問者

良い文章(論理展開)になってるか確認する方法ってあるの?

結論「文書を図にすることができるか」を確認することです。
なぜなら良い文章(論理展開)は「シンプルな図」で表現できるからです。

例えば「桃太郎」は簡単に図にできます。
桃太郎

ハチャメチャな文章は、うまく図にすることができません。
なぜなら、図と図の関係を表す「矢印」が繋がらないからです。

※図解化力を高めたい方はこちら(私の過去記事です)
要約:なんでも図解: 絵心ゼロでもできる!【理解力】

ダメな文章は「文字だけを追わされている状態」です。
文書が完成したら「図にできるのか?」確認してください。

良い文章を書くには?:まとめ

まとめです。

良い文章は読者を動かす文章です。
※「20歳の自分に受けさせたい文章講義」参照

なぜなら、文章の本質は、課題の解決だからです。

良い文章を書くために、初心者が意識すべき3つのこと。
「20歳の自分に受けさせたい文章講義」にはこう記載されてます。

  • 読者の椅子に座る
  • 文章の構成
  • 文章のリズム

この本を読むことで、こんな未来が想定されます。
想像してみてください!

  • ブログで月1万円稼げるようになった
  • テレワークでもコミュニケーションが円滑になった
  • プレゼンで受注することができるようになった

今が一番若いです。
本書を購入して「人を動かす訓練」をしてみてください。

購入はこちら「20歳の自分に受けさせたい文章講義」

まとめ記事:ビジネスのスキル向上

まとめ記事:ビジネスのスキル向上

コメント