要約:ハイパワー・マーケティング【内容まとめ・感想】

質問者
質問者

コロナで商品が売れないです。

今月、営業成績最悪です。

売上を上げる方法教えて下さい。

※この記事は5分で読めます※

この記事を読むことで、こんなことが分かります!
  • 新訳 ハイパワー・マーケティングの概要
  • マーケティングってそもそも何?
  • コロナでも売上を上げる方法
この記事は、著書【新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方】を紹介しております。

の記事の信頼性
・実際に読んだ本です。Webコンサルになりたい人におすすめ!

読んだ感想【ハイパワー・マーケティング要約】

読んだ感想を一言。
マーケティングの「辞書」だと感じました。

なぜなら、知ってる情報もあれば、初見の情報もあったからです。

著書
著書

日本のマーケティングのノウハウは本書から引用されていることがほとんど

と記載されておりました。

ハイパワー・マーケティングは、307ページで構成されてます。
マーケティングのノウハウがギュッと凝縮されています。

なので、最初から最後まで読む必要はないと感じました。
マーケティングで迷ったら「辞書」のように調べましょう。

あなたが悩んでいる悩みを、最短で改善するヒントがつかめるでしょう。

本書はこんなことが記載されてます

本書はこんなことが記載されてます。

  • マーケティング原理原則
  • 今抱えている課題のアクションプラン
  • あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方
著書
著書

この3スキルを身につければ、マーケティングで二度と失敗しない。
本書で、マーケティングの原理原則を学び、自分の強みを見つけ、それを相手に卓越すること。10日後には変化を感じるはず!

こう断言されてます。
それほど著者は自信があるのですね!

なぜ読んだのか

本書を読んだ理由は1つです。
コロナで売上低迷しているクライアンの成果を改善したかったからです。

私はWebコンサルを4年しております。
コロナ後、ほとんどの職種が売上低迷してます。

お手上げ君

コンサルとして、どうにか売上を改善していく施策を打てないか?

そう考え、本書を手に取りました。

どんな人に読んでほしいか

こんな人におすすめ。

  • 売上低迷している店舗の社員
  • これから起業を考えている人
  • 今売れている商品がなぜ売れているのか理解していない

これから数年、不況が続く見込みです。
生き抜いていくためには、マーケティングの基礎知識が必須だと考えてます。

現状を把握する

自分の現状を把握して、強みと弱みを知ることが重要と記載されてます。
自分の強みと弱みを知らずに、報酬や成果を上げていくことは難しいです。
強みと弱みを見極めることで、何に集中(イシュー)するべきか判断することができます。

自分の強みと弱みを知る方法

本書には、自分の強みと弱みを知る方法として「50の質問」が記載されております。
その中で、私の心に刺さった、3つの質問を記載します。

著書
著書

質問3:クライアントはなぜあなたから商品をかっているのでしょう?
質問26:競争上のあなたの最大の弱点はなんですか?それをどう埋め合わせてますか?
質問27:クライアントが本当に欲しい物を理解してますか?なぜそれが本当にほしいとわかるのでしょうか?

ハッと気付かされました。

  • もっとうまくできることはないか
  • 自分の強みはここなんだ!弱みはここなんだ!
  • 異なる方法でできることはないか
  • もっと効果的にできることはないか
  • もっと収益性を高くすることができないか

ジェイ・エイブラハム氏から、直接問われているような感覚になります。

卓越論

「ビジネスの極意は卓越論」

卓越論とは、クライアントのニーズをあなたのニーズより優先できる能力です。
卓越論を理解して実行すれば、成功が増えはじめ、収入も増加する。
結果、成功に繋がるんだ、と記載されております。

卓越論を実施する簡単な方法は、「私」から「相手」へ焦点を移すことです。
GIVEの精神です。

クライアント以外でも、例えば会社の管理部、法務の女性、佐川さん。
あなたと関わる、すべての人を卓越論の対象とするべき、と記載されております。

実践方法

部下、上司、クライアント。
あなたは、この人たちにどんな「価値」を提供できますか?

あなた以外の全てに「価値を与える」それこそが卓越論なのです。

卓越論の先にあるものは

  • 心地よさ
  • 安心感

です。

相手に何を与えたら心地よくなってもらえるか。
個人的には、相手を恋人のように考え接すると、近道になりそうです。

なぜ卓越論が重要なのか?

なぜ卓越論が重要なのか?
理由は、お客さんが信頼できる友人に変化するからです。

課題や不安に襲われた時、誰もが間違った選択はしたくないですよね。
それは人間の本性です。

人は課題が発生した時に、解決する手段を探しはじめます。
人間はピンチの時にまず頼るのは「信頼できる友人」なのです。

クライアントの新のニーズを見極め、解決する価値を与えることで「信頼できる友人」に変わります。

著書
著書

ドリルを欲しい人はなにが欲しいのでしょう?
正解は穴です。

穴こそ価値!
今日から「価値を与えてくれる人」になりましょう。

まとめ【ハイパワー・マーケティング要約】

私は1年前から「卓越論」を実施してます。

  • クライアントから注文を頂くことが多くなった!
  • 上司から頼れることが多くなった!
  • 会社に行くのが楽しくなった!
「ハイパワー・マーケティング」は、マーケティングの専門書のようなものです。
営業成績を2倍にしたい方は、読むことオススメします。

ハイパワー・マーケティング

過去に私が書いた「ビジネスに役立つまとめ記事」はこちら

まとめ記事:本の要約・感想・レビュー【ビジネス】

コメント