0円で読める:イシューからはじめよ要約【オーディオ ブック】

仕事の量が多くて残業ばかり

1つの仕事が片付いても、湧いてくる仕事
忙しすぎて目が回ります。助けてください。

この記事を読むことで、こんなことが分かります!
  • 仕事を早く終わらせたい
  • 稼げるビジネスマンになる方法
  • 本当に価値のある仕事を見極める方法
この記事は、著書【イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」 】を紹介しております。

の記事の信頼性
・わたしが実際に読んだ本です

オーディオ ブックなら0円:読んだ感想【イシューからはじめよ】

この本は、生産性を高める方法が記載されてます。
その方法は「イシューから始めること」です。

イシューは「課題と本書には記載されてます。
本当に重要な課題(イシュー)を見極め、最優先で取り組むこと。
結果、より短い時間で、より成果の高い仕事、つまり生産性が高い仕事になります。

オーディオ ブックなら0円:イシューとは戦略

イシューってちょっとわかりにくい概念ですよね。
個人的には課題(イシュー)=戦略と考えたらわかりやすいかな?と思いました。

戦略は、戦いを略すことです。
戦(いくさ)をいかに略して、大きな成果を上げることです。
イシューも戦略同様、本当に重要な課題を見極め、最優先で取り組むことです。

例えば、織田信長の桶狭間。これは戦略に優れた戦で有名ですね。
2万5千人の大軍を率いる今川義元に対し、4000人軍の織田信長が本陣を奇襲。
見事に今川義元を討ち取った出来事です。

桶狭間以降、織田信長は一気に頂点に駆け上がります。

これを仕事に取り入れるなら、いかに重要な課題を見極め、取り組めるか。

戦略(イシュー)は、解くべき課題を見極めること。
戦術は、いかにイシューを早く解決するか(術)です。

あなたは戦術ではなく、イシューを持って仕事に取り組んでいますか?

どんな内容?

この本は、生産性を高める方法が記載されております。

成果を出している人は、1つ1つの作業が早いわけではありません。
物事の本質を掴むことが上手なのです。

本質を掴むことで、今やるべき仕事と捨てるべき仕事が分かります。

これは、パレートの法則にも通じますね。
パレートの法則とは、別名80:20の法則とも言います。
例えると、会社全体の売り上げは、2割の社員から成り立っている、という法則です。

8割の仕事は、捨てても大きく影響しません。
本書を読んで、本当にやるべき仕事を見極め、2割に集中してください。

どんな人に読んでほしい?

お手上げ(左)

毎日、仕事が終わらない!

残業しまくって努力しているのに結果が出ない!
成果につながらない!

本書は、こんな方お悩みをもっている人におすすめです。
短い時間で、圧倒的な成果を出せるでしょう。

共感(重要なところ)したところ

私が特に共感した部分は「正しい努力を正しい方向に向けることが大切」という部分です。

例えるなら「タイを釣りたいのに、川で釣りをしているようなもの」です。
1年川釣りしても、タイは釣れません。

仕事も同じです。
本質を見極めていないと、ゴールに近づくことはできません。

今の課題のゴール設定を間違っていないか。
今はどの問題を解くべきか、見極めることに集中しましょう。

なぜ共感したか(なぜ重要と感じたか)

なぜ共感したか。
それは、私も残業が多く、仕事で成果が出せなかったからです。

お手上げ(左)

仕事多すぎ!
こんなに仕事振るなよ!

ブラック会社だな、転職してやる!

1年前はそう思ってました。
今振り返ると、イシュー(課題)の設定が間違っていたと感じています。
あれもこれもやらなきゃ!になってました。

正しい方向に、正しい力を向けた結果
今では残業が減り、ブログに時間を使えるようになりました。

生産性が上がり、使える時間が増えます。
もし今年は新しいチャレンジを考えているなら、本書を読んでください。

バリュー(価値)のある仕事を選ぶ

この本は、生産性を高める方法が記載されております。

生産性は、以下計算式で出せます。
生産性=成果÷労力と時間
つまり「成果」を1から10に大きくすることで、生産性が高くなります。

では、どのように成果を10にするか。
10にするには「バリュー(価値)のある仕事を見極めること」です。

「イシュー(課題)度が高く、バリュー(価値)も高いもの」が「大きな成果」につながります。
文字の大きさで表すとこんな感じ。
生産性成果÷労力と時間

わかりやすいようにコロナ対策で例えます。※イメージです
左上の「ワクチン開発」が良いイシュー(課題)となります。
「イシュー(課題)度が高く、バリュー(価値)も高いもの」です。

コロナで例える

ワクチン開発に全力投球、解決すること。
それが最も生産性が高くなります。

良いイシューとは

良いイシューの条件は以下3つです。

  • 本質的な選択肢である
  • 深い仮説がある
  • 答えを出せる
質問者
質問者

本質的な選択肢?なんだそりゃ

「本質的な選択肢」とは、その問題を解いたら「大きな成果に繋がるか?」という選択です。
織田信長の例で再度説明すると、織田信長は、今川義元を倒したから、今歴史に残っているのです。
これがもし無名の戦国武将だったら、歴史に名が残っていなかったかもしれません。

深い仮説がある?ってどういうこと?

これは「常識的な問題ではないこと」です。
つまり、大きな成果を求めるとき「非常識な問題であること」が必要です。
なぜなら、常識的な問題からは、誰でも考えられる浅いものになるからです。

例えば、iPhone。以前は、携帯電話が主流でしたね。
しかし、今では誰もがiPhoneです。
2007年当時は、誰もがiPhoneが売れるとは思っていませんでした。

しかしスティーブ・ジョブズには「必ず売れる」深い仮説を持っていたのです。
今ではアップルが時価総額世界一です。

「常識的な問題ではないこと」=iPhone
非常識な問題を選択しましょう。

詳細は、本書を購入してみてください。
きっと、生産性を爆上げでするイシュー(課題)を出せるようになります。

オーディオ ブックなら0円:まとめ【イシューからはじめよ】

まとめです。

イシュー(課題)から始めることで、効率的に高い成果を出せるようになります。
さらに、バリュー(価値)のある仕事を選ぶと、さらに成果が高くなります。
結果、生産性が高くなります

私は1年前から「まずイシューから設定する」ことを実践してきました。

  • 残業しなくても成果が出せるようになった
  • 趣味に時間を使えるようになった
  • 家族と一緒にいる時間が増えた

共感を頂けたらまずは「1冊無料ダウンロード」してみてはどうでしょうか。
いまなら¥2,500分が無料です

Amazonでお買い物している人であれば3ステップです。
※5分で終わります※

①以下リンクから無料会員登録する



②Amazonオーディオブック のアプリを入れる
【Apple Store 】or【Googleplay】

③本をダウンロードする
イシュー からはじめよ

【Amazon】イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

過去に私が書いた「ビジネスに役立つまとめ記事」はこちら

まとめ記事:本の要約・感想・レビュー【ビジネス】

コメント