リスティング歴7年:プロが教える売れるキーワードの選び方【1分で選定・抽出】

質問
質問

人生始めてGoogleリスティングを実施します。

キーワードは何を入れるべき?
どんなキーワードを入れたら売れるの?

「ブログで手取り早く収益化したい」

そんな人には、リスティング広告がオススメ!

なぜなら、購入モチベーションがもっとも高いユーザーにアプローチできるから。

お手上げ君
お手上げ君

でも、どんなキーワードで集客したら良いのかわからない

この記事は、リスティング歴7年の私が、リスティング広告の「売れるキーワードを選ぶ方法」を紹介しております。

マネするだけで収益化できるキーワード選定ができるようになります。

この記事でわかること
  • 売れるキーワードの選定方法
  • おススメキャンペーン設計
  • 売り上げを2倍にする方法

この記事を書いた人

筆者
筆者

東証一部上場、Webコンサル会社に勤務中。Web業界に10年以上在籍してます。広告運用(7年)してます。ブログ専門サイトSuquBlog(スクブログ)も運営してます。

ラッコキーワードを使いましょう【売れるキーワードの選び方】

売れるキーワードを選ぶ方法。

結論、ラッコキーワードを使いましょう。

なぜなら、サジェストキーワードを一括抽出してくれるからです。

サジェストキーワードとは、GoogleやYahooの検索窓にキーワードを入れたときに表示される「候補キーワード」のことです。

サジェストキーワードは、検索回数が多く、売れるキーワードです。

サジェストキーワード

お手上げ君
お手上げ君

リスティング始めたけど、全然売れない!
広告費が無駄にかかってるだけやん!

ラッコキーワードなら秒で解決!

売れるキーワードを一括取得します!

マネすれば売上UP!売れるキーワードを選ぶ3ステップ【プロが教えます】

ラッコキーワードを使って、売れるキーワードを抽出してみましょう。

5年の広告運用から分かったおすすめアカウント構成も記載します。

なので、マネするだけで、ある程度売れると思います。

ここでは「ゲーミングチェア」の売り上げを拡大するキーワードを選んでみます。

マネする場合、ゲーミングチェアをあなたの扱う商品に変換してください。

3ステップでマネできます。
  1. アカウント構成を見直す
  2. 商品名をラッコキーワードに入れる
  3. 商品が解決するキーワードを入れる

順番に解説します。

アカウント構成を見直す

アカウント構成の見直し

お手上げ君
お手上げ君

キーワードもわからないけど、キャンペーン設計もわからない!

まずは、アカウント構成を見直してみましょう。

Googleは図のように、1つのキャンペーンで運用することを推奨してます。

また、広告グループは「商標」と「一般」を用意すればOKです。

商標とは、商品名のキーワード郡を入れておく箱のようなものです。

一般とは、商品が解決するキーワード郡を入れておく箱です。

この設計なら、売り上げが確実にあがります。

なぜなら、もっとも売れそうなユーザーに広告配信ができるからです。

キャンペーンに、ラッコキーワードで抽出した「売れるキーワード」を追加していきます。

リスティングは奥が深いです。

細かいところまでは書けません。

いったんマネすればOKです。

ラッコキーワードにアクセスする

ラッコキーワードトップ

次にラッコキーワードにアクセスしてください。

右上から、会員登録もできます。

会員登録すると、検索上限がなくなります。

ただし、5回までなら無料会員でもOK!

めんどくさい人は、会員登録しないで大丈夫です。

商品名をラッコキーワードに入れる

次は、商品名をラッコキーワードに入れます。

リスティングでもっとも売れるキーワードは「商標キーワード」です。

なぜなら、商品名をすでに知っているユーザーだからです。

ハズキルーペを知らずに買う人、いないですよね。

例えば、こんな商標キーワードは購入される確率が高いです。

  • ゲーミングチェア おすすめ 
  • ゲーミングチェア おすすめ 安い
  • ゲーミングチェア おすすめ Amazon

ラッコキーワードで「ゲーミングチェア」と入力してください!

コピー

表示されたサジェストキーワードを、コピー(Ctr+C)しましょう。

コピーしたら、Googleの管理画面に追加してください!

購入意欲が高いキーワードなので、精査不要です。

商品が解決するキーワードを入れる

次に、商品が解決するお悩みキーワードラッコキーワードに入れます。

ゲーミングチェアは、こんなお悩みを解決できそうです。

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 疲労

まず「腰痛」をラッコキーワードに入れます。

一般は、キーワードの精査が必要です。

なぜなら、売れないキーワードも混ざっているからです。

例えば、以下キーワードは関連性が高いです。

  • 腰痛 椅子
  • 腰痛 椅子 クッション
  • 腰痛 椅子 サポート

逆に、以下キーワードは関連性が低いです。

  • 腰痛 足のしびれ
  • 腰痛 温め
  • 腰痛 歩けない

関連性が高そうなキーワードだけを厳選したら、管理画面へ追加しましょう。

まとめ:プロが教える売れるキーワードの選び方【5分で選定・抽出】

まとめです。

お手上げ君
お手上げ君

始めてのリスティング。
キーワードは何を入れるべき?
どんなキーワードを入れたら売れるの?

結論、ラッコキーワードを活用しましょう。

なぜなら、売れるキーワード(サジェストキーワード)を抽出してくれるからです。

以下、マネすれば、ある程度売れます。

  1. アカウント構成を見直す
  2. 商品名をラッコキーワードに入れる
  3. 商品が解決するキーワードを入れる

1か月先を想像してみてください!

  • 商品が2倍売れるようになった!
  • キーワード選定が最短でできたので残業が減った!
  • 無駄な広告費をかけずに済んだ!

リスティング運用スキルは、すぐに身につくものではありません。

当たり前ですが、
コツコツ勉強し努力しなければいけません。

しかし、その先には、
この世でもっともお金を生むスキルを手に入れることができます。

市場価値を高め「稼ぐ力」をつけたい人へ。

まずは無料登録からどうぞ!

ラッコキーワード

コメント