感想レビュー:すべての知識を「20字」でまとめる 紙1枚 独学法【要約】

こんにちは。

今回は浅田 すぐるさん著書【すべての知識を「20字」でまとめる】を読んだ感想をお伝えします。

この記事はこんな人に読んでもらいたいです!
  • 本を読むだけで具体的な改善アクションしていない
  • 過去読んだ本の内容が思い出せない
  • 本を読んでも仕事に活かせてない
この記事は、著書【すべての知識を「20字」でまとめる】を紹介しております。

すべての知識を「20字」でまとめる 紙1枚 独学法:読んだ感想

結論、シンプルに「読みやすい」本でした。
理由は以下3つです。

  • 漢字と日本語比率(7対3)になっている
  • 行間、空白が多く読みやすい
  • 内容がロジカルで理解しやすい

中学生でもわかるようなわかりやすい構成になっており、スイスイと頭に入ってきます。
さすが「伝える力」に特化した浅田すぐるさんの書籍です。

どんな力が身に付くか

結論、生産性が高まります。
理由は以下3つの能力が高まるからです。

  1. 学んだことを忘れない勉強方法
  2. 伝える力
  3. 要約力

この書籍は浅田すぐるさんが「トヨタで学んだ要約力」をもとにしてます。
著者は、サラリーマン時代の大半をトヨタで過ごされてます。

トヨタには、企画書、決済書、など、全ての資料を「A4用紙1枚」にまとめる企業文化があります。
そんな経験から「20文字あれば伝えたい内容は表現できる」結論にたどり着きます。

プレゼンも同じで、いろいろ書くより、3点くらいに絞るほうが伝わりやすいもんね!

著者は、あえて「1枚」という「枠」に「テーマ」をしぼることをオススメします。
そうすることで「量が要約力の質を高めてくれる」と教えてくれます。

そのために重要なフレームワークが

「20文字インプット学習法」

「3Qアウトップット学習法」

です。

この2つのフレームワークを使って

  1. 学んだことを忘れない勉強方法」
  2. 伝える力
  3. 要約力

を身につけることが可能です。

どんな悩みに効果的か?

「自分は頭悪い、記憶力が悪い」って悩んでいる人に効果的です。
なぜなら、人間の脳には大きな差がないからです。
頭の悪い人と頭の良い人の違い

例えば、頭の良い人は論理的である、頭の悪い人は感情的である、とよく聞きますね。

うーん君
うーん君

本やセミナーで学んだこと、全く覚えていないだよね。

安心してください。忘れているだけです。
正しいインプット方を身につければ、改善することができます。

本書では、この正しいインプットをしない状態を「学びが学びになっていない、消費になった状態」と定義してます。

正しいインプット、アウトプットをすることで「学んだことを忘れない勉強方法」「わかりやすく人に説明する力」が身につきます。

本書には、その具体的な方法が示されております。

質問です。あなたはこの問いに答えられますか?

「なぜ、本を読むのか?学習目的を明確にしてますか?」

私は、この問いに答えらなかったです。

お手上げ君
わたし

とりあえず有名だから読んだ。

売上NO1、って書いてあったから読んだ。

上司におススメされたから読んだ。

私はこんな理由で本を読んでいることに気が付きました。

これが、記憶力や頭が悪いと勘違いしてしまう要因です。
「読む目的がない」本を読んでも、内容は覚えられないのです。

実践したい内容

 

「20文字インプット学習法」「3Qアウトップット学習法」を実践していきたいです。

「20文字インプット学習法」とは

簡単に言うと「この本を一言でいうと?」にすることです。
紙一枚とペンがあれば実践できます。

  1. 目的を明確にする
  2. 目的に関連するフレーズを抜き出す
  3. 20文字にまとめる

「3Qアウトップット学習法」とは

「3Qアウトップット学習法」とは「What」「Why」「How」を意識して、インプットとアウトプットすることです。これだけで理解力と伝える力が高まります。
なぜなら、目的の明確化、端的な要約、思考整理ができるからです。

私はプレゼンが苦手。だから、うまくしゃべれるコツを見つけたい!

だからこの本を読もう!

このように「What」「Why」「How」は言語化します。
言語化すると「わかる、理解している状態」に近づけます。

つまり「疑問」が解消され、人に説明できる状態になるのです。
「理解していること」は人に説明できる状態です。

なので、理解力と伝える力が高まります。

すべての知識を「20字」でまとめる 紙1枚 独学法:おすすめ度

私は、Webコンサルをしてます。
この本は、専門書というより、仕事の生産性を高めてくれると感じます。
なぜなら、より早く、わかりやすく、相手に伝えることができるようになるからです。

イカル君
上司

あなたの言ってること意味わかんない。

きちんと話せるようにしてください!

こんな事態を防ぐスキルが身に付きます。
そのほかにもこんな未来が想定できます。

  • 読書で得た知識を仕事で活かせるようになった!
  • プレゼンが怖くなくなった!
  • 頼りにされることが多くなった!

本を1冊読むのには2時間かかります。
しかし、忘れてしまったら、逆に2時間の浪費するだけです。

時間は人生みな平等。
賢く時間を使えるよう、ぜひ本書を読んでみてください!

「すべての知識を「20字」でまとめる」の購入はこちらから

過去に私が書いた「ビジネスに役立つまとめ記事」はこちら

まとめ記事:本の要約・感想・レビュー【ビジネス】

コメント