要約:鬼速PDCA要約【感想レビュー】

こんにちは。

今回は冨田 和成さん著書【鬼速PDCA】を読んだ感想をお伝えします。

PDCAという言葉は知っている方も多いのではないでしょうか。

鬼速PDCAは従来のPDCAよりもさらに役立つ普遍的スキルです。

すべてのサラリーマンの方に役立つスキルです。

ぜひ見て欲しいです。

 

この記事はこんな方にオススメです!
  • PDCAの価値がわからない
  • 自分が担当している事業を成功させたい
  • ただただ今よりも成果を上げたい
 
この記事は、鬼速PDCAを紹介しております。
本の内容から重要な点を絞って簡潔にお伝えします。
 

この記事を読んで想定される未来

  • 昇給
  • 役職
  • 部下からの信頼

鬼速PDCAとは【要約】

鬼速PDCAは最強のビジネススキルです。

通常のPDCAとの違いは「濃度が高い」点です。

 

鬼速なプラン「PLAN」はゴールを定量化すること

鬼速な実行「DO」はDOに分解すること

鬼速な検証「CHACK」は「要因を突き止める」こと

鬼速な調整「ADJUST」は「検証結果を踏まえ調整する」こと

PDCAは最強のビジネススキル【】

普通のPDCAとの違いを具体的にみていきましょう。

1:鬼速プラン「plan」はゴールを定量化すること

鬼速PDCAは、通常のゴールとは別に、さらに上位のPDCAを設定します。

「人生のゴール」に影響するゴールに設定することがポイントです。

まず以下を設定しましょう。

①たどり着きたいG「KGI」を決める
②サブゴールを決める「KPI」

良いプランにするポイント

①期日を決めること
期日を決めないと、実現するための「具体的戦略」が立てられない。

②定量化するゴールを過度に具体的なものにする


「10年後に英語をマスタ」
より
「1ヶ月後に10000単語覚える」

こうすることで目標に対する課題が可視化され

濃いPDCAを回すことができます。

2:鬼速プラン「DO」は複数のアクションに分解すること

鬼速プラン「DO」のポイントは

「プラン実現のための事象を因数分解すること」

「具体的なタスクレベルに落とし込みひたすら実行する」

ということです。

 

因数分解のメリット
・課題の見落としを防ぐ
・ボトルネックの発見がしやすい
・KPI化しやすい
・どんな難しいゴールでも実現可能に見えてくる
・PDCAが早く回る

因数分解して抽出された課題や解決策を

業務フローに落とし込みます。

結果、濃度の高い行動スケジュールが立てられます。

ポイント

  • 解決策を「DO」に変換すること
  • 解決策が具体的か抽象的か
  • 抽象から具体的に落とし込むこと

結果、「KDI」行動計画が決まります。

3:鬼速検証「C」は「要因を突き止める」こと

Checkの本質は

こまめに検証を行い、実行サイクルの「無駄撃ち」を減らすことです。

 

1たどり着きたいG「KGI」の達成率を検証(確認)する
2サブゴールを決める「KPI」の達成率を検証(確認)する
3「KDI」行動計画の達成率を検証(確認)する
4できなかった要因を突き止める
5できた要因を突き止める

特に4が重要です。


KPI、KGI、KDIが「目標通りに推移していなかった要因」を考えます。

ポイントは、「Why」なぜなぜを繰り返すことです。

4:鬼速調整「ADjust」は「検証結果を踏まえ調整する」こと

「ADjust」は「検証結果を踏まえ調整する」ことです。

 

  • 次のプランにつなげる
  • 検証結果を踏まえた調整案を考える
  • 調整案に優先順位をつけてやることを絞る

「どうしたらもっと結果がよくなるか」

をとことん考えましょう。

まとめ【鬼速PDCA要約】

まとめです。

鬼速なプラン「P」はゴールを具体的数値を入れましょう

鬼速な実行「D」は小さなDOにしていきましょう

鬼速な検証「C」は「why」を繰り返し要因を突き止めましょう

鬼速な調整「A」は検証結果を踏まえワンランク上のPDCAに調整しましょう

「鬼速PDCA」の購入はこちらから

過去に私が書いた「ビジネスに役立つまとめ記事」はこちら

まとめ記事:本の要約・感想・レビュー【ビジネス】

コメント