伝え方が9割:説明下手を改善する方法【トレーニング】

質問
質問

説明下手で、雑談も苦手です。

「結局何が言いたいの?」って聞き返されます。

どうしたら、説明上手になれるんでしょうか?

説明が下手だと、稼ぐスキルが身につきません。

なぜなら、説明力はコミュニケーション能力だから。

仕事ができる人に、説明力ない人はいないハズ

私は1000人規模の、上場企業に勤めてます。
感覚ですが、6割の社員は説明が下手です。

なので、説明上手になれば、社内で頭1つ飛び出します。
結果、受注、昇給に直結します。

この記事を読み終えることで、明日から、格段に説明上手になります。
訓練すれば誰でも説明上手になれるのです。
この記事はこんな方にオススメです!
  • 言いたいことが、すぐに言葉に出せない
  • 意図が伝わってない、と感じる時が多い
  • 頭の中でもやもやして言葉にできない

の記事の信頼性

書籍「伝え方が9割」を参考に記事を書いてます

説明下手を改善する3つの方法とは?【伝え方が9割】

伝わらない話し方

伝わらない話し方

まず前提として、主語述語を短縮せずに話しましょう。

相手が幼稚園児だと言う気持ちで説明するだけで、レベルが1段階アップします。

慣れてきたら、以下3点を意識して、話ましょう。
私はこの方法で、格段に説明上手になりました。

1:PREP法(プレップ法)で話す
2:話を小分けにする
3:話す前に文章化する

順番に解説します。

PREP法(プレップ法)で相手が知りたい順序で話す

PREP法(プレップ法)とは、伝えるための最強フレームワークです。

①結論②理由③具体例④繰り返し

これを使うだけで、ロジカル(理論的)に話すことができます。

わかりやすい話には、話の構成、型があります。

大切なのは、相手の立場に立って、相手が知りたい順序で話すこと、なのです。

1ヶ月、恋人や家族で練習してみてください。
格段に説明上手になります。

話を小分け(短期記憶)

2つ目は、話を小分けにしましょう。
なぜなら、人間は長期記憶が苦手だからです。

話を小分けにすることで、短期記憶として覚えやすくなります

ここまで、質問ありますか?大丈夫ですか?

こんなシーン、体験したことありますよね?

これは、相手に短期記憶を使ってもらい、無意識で情報整理をさせるのです。

私はプレゼン資料作成する際、まるで詰め放題の野菜の如く、情報を詰め込みまくってました。

人間は不安を感じている時、安心したいから情報をかき集めます。

それが、聞き手にとっては、逆にわかりにくいです。

短期記憶には情報容量に限界があります。
研究で、人間は同時に3つしか記憶できないことがわかってます。

だから情報量が多いと、会話の内容がつかめなくなります。
聞いている人も話の整理が追いつかないくなるのです。

必ず「ここまで大丈夫ですか?」と会話の間で、確認しましょう。

話す前に文章化する

3つ目は、PREP法を使って話す前に、文章化することです。

なぜなら、文章化することで、ゴール(何を伝えたいのか)を事前に確認できるからです。

説明下手だった私身を分析した結果。
会話のゴールが不十分のまま話しておりました。

まず、相手に何を伝えたいのか。明確にしましょう。

そうすることで、ブレのない会話になります。
整理したらPREP法に落とし込み、会話しましょう。

説明下手を改善する方法はトレーニングが必要

プレゼンは説明力が大切

プレゼンは説明力が大切

質問者
質問者

紹介したフレームワークを実行するだけで、本当に説明がうまくなるの?

はい、大丈夫です。
なぜなら私も格段に説明上手になったからです。

重要なことは毎日訓練することです
なぜならトレーニングなしでは歌はうまくならないからです。

上司とロールプレイング(役割の演技)が理想です。
しかし、できる環境がない場合は、家族や恋人に手伝ってもらいましょう。

【説明下手を改善する方法】まとめ

話し方の訓練をしましょう

話し方の訓練をしましょう

説明上手になる方法のまとめます。

1:PREP法(プレップ法)で話す
2:話を小分けにする
3:話す前に文章化する
 
説明下手を克服したことで、私の人生はこう変化しました。
お客さんからの信頼感が上がって100万注文頂けた!
上司やメンバーからの評価が上がった!
説明上手になって、プレゼンがうまくなった!

説明力は、すぐに身につくスキルではありません。

当たり前ですが、コツコツ練習し、努力しなければいけません。

筋トレと同じですね。

しかし、説明上手になったその先には、この世でもっともお金を生むスキル「コミュニケーション能力」を手に入れることができます。

「伝え方が9割」の購入はこちらから

過去に私が書いた「ビジネスに役立つまとめ記事」はこちら

まとめ記事:本の要約・感想・レビュー【ビジネス】

コメント