初めてのプレゼンで緊張しない1つのコツ【Webコンサル歴4年】

質問
質問

明日、生まれて初めてプレゼンします。

ドキドキして寝れません

緊張しない方法、教えてください。

プレゼンは緊張しすぎると逆効果

汗がダラダラ、、、カミカミ、、、みっともないです。

私も、初めてのプレゼンはこんな感じでした。

原稿を読むだけで精一杯、、、

そこで、この記事は、著書「新訳 ハイパワー・マーケティング」を参考に、プレゼンで緊張しない1つのコツを記載します。

意識するだけで緊張が和らぐ裏技です。

プレゼン5分前に意識するだけで、緊張しないでプレゼンすることができます。

この記事はこんな方にオススメです!
  • 明日プレゼンを控えている
  • 人前に出ると声が震える
  • 緊張して汗が止まらない

この記事を書いた人

筆者
筆者

東証一部上場、Webコンサル会社に勤務中。毎日商談をしてます。

矢印を相手に向けて話す【初めてのプレゼンで緊張しない】

結論、矢印を相手に向けて話してください。

矢印が自分に向いていると緊張します。

例えば、会社のミーティングで会話している時を想像してください。

うーん君
うーん君

みんなアイデアだすなぁ…
僕も何かアイデア出さなくちゃ!

コレが自分意識が向いている状態です。

いわゆる自分思考です。

「みんなが自分に注目している、、、」
「失敗しちゃいけない」
「うまく話さなきゃ」
自分思考は自意識過剰になり、自分を追い詰めます。
 
逆に、矢印を相手に向けると相手志向となります。
「この人達に、自分ができる最大の価値を伝えよう」
「貴重な時間貰ってるな。ありがたいな」
「しゃべるスピードは早くないかな?みんなが聞き取りやすいかな?」

結果「失敗してはならない」から「どうしたら相手が喜んでくれるか?」に変わります。

矢印を向ける方法【初めてのプレゼンで緊張しない】

では、どのように相手に矢印を向ければよいでしょうか?

それは「卓越論」です。

卓越論とは、クライアントのニーズをあなたのニーズより優先できる能力です。
【感想要約】新訳 ハイパワー・マーケティング【おすすめビジネス本】

まこなり社長オススメの本です。

卓越論を簡単に言うと「どうしたら相手が喜んでくれるか?」を考え、実行すること。

私もプレゼンが苦手でした。

プレゼンが上手にできた時、意識していたのはいつも「卓越論」です。

卓越論は「どうしたら相手が喜んでくれるか?」にフォーカスします。

結果、意図的に「自分」から「相手」に矢印を変えることができます。

はてな君

聞き取りやすい声のボリュームを意識しよう!

しゃべるスピードは早すぎないか注意しよう!

どうしたら相手に喜んでもらえるか、常に考えることが重要です。

事前準備が9割【初めてのプレゼンで緊張しない】

うーん君
うーん君

「矢印を相手に向けて話す」だけで、本当に緊張しなくなるの?
卓越論だけでうまくいくのかな…?

「卓越論だけでうまくなる」とは断言できません。

なぜなら、プレゼン基礎は必要だからです。

なので、事前準備も大切です。

例えば、こんな準備はプレゼンの基本なので抑えてください。

  • 徹底した顧客理解
  • 分かりやすい資料作り
  • ロープレ回数
  • 声の大きさ・張り
  • 笑顔

準備をしないとグダグダになる可能性があります。

なぜなら、プレゼンの基礎だから。

ダンクできても、ドリブルができなければ、得点王にはなれませんよね。

事前準備+卓越論を心がけましょう。

まとめ【初めてのプレゼンで緊張しない】

まとめです。

プレゼンが上手くなる方法は矢印を相手に向けて話すこと。

「どうしたら相手が喜んでくれるか?」を常に考えましょう。

私は1年前から卓越論プレゼンを実施しています。

  • プレゼンが緊張しない
  • つまらなかった仕事が楽しくなった
  • 人に合うのが苦痛でなくなった

本書は、たった1,500円ほど。

1,500円で10年使える、一生食いっぱぐれないスキル「卓越論」最短入手できます。

市場価値を高め「稼ぐ力」をつけたい人はどうぞ!

「新訳 ハイパワー・マーケティング」の購入はこちら

コメント