例あり:60秒で作れるアイデアのつくり方【組み合わせ】

新しい部署へ移動しました。
その部署では日常業務についての改善策を必ず1つ出さなくてはいけません。(ムダを省くとか、効率化みたいな。)

でも私は全くアイデアが浮かびません。
次から次に、どんどんアイデア出す人っていますよね?
どうすれば、そうなれるんでしょうか?

そのお悩み「オズボーンのチェックリスト」で解決できるかも!?

※この記事は5分で読めます※

この記事を読むとこんな悩みが解決します!
  • アイデアに行き詰まっている
  • ミーティングでアイデアを出したい
  • 問題を解決するアイデアを出したい
この記事は、誰でも簡単にアイデアをつくる方法(オズボーンのチェックリスト)を紹介しております。

の記事の信頼性
・この記事は、著書「創造力を生かす―アイディアを得る38の方法」を参考にしてます。

アイデアのつくり方:アイデアは組み合わせ

アイデアのつくり方

結論、新しいアイデアは「組み合わせ」で生まれます。
なぜなら、過去生まれたアイデアは、ほとんどが組み合わせから生まれているからです。
この現象は「ニュー・コンビネーションの法則」と呼ばれてます。
※ニュー・コンビネーションの概念は、「ヨーゼフ・シュンペーター(1883~)」というドイツの経済学者が唱えたものです。

彼は「アイデアは、ゼロから何かが生まれるのではない。古いものの組み合わせである」と主張しました。

ひらめき君
ひらめき君

iPhoneは「カメラ」+「携帯電話」のアイデアだね

既存のものが結合することで、新しい「アイデア」が誕生する。
iPhoneが典型です。イノベーション「新結合」です。

イカル君
イカル君

組み合わせって言われても、何をどうすればいいんだよ!

ただ組み合わせても、使えないアイデアになるだけだろ!

そうなんです。
やみくもに組み合わせても、誰の役にも立たないアイデアしか生まれません。
必要のないユーザーにとってはいい迷惑ですからね。

それを防ぐために紹介したいのが「オズボーンのチェックリスト」です。

アイデアのつくり方は組み合わせ:オズボーンのチェックリスト

アイデアを効率的に作りたい。
そんなときは「オズボーンのチェックリスト」を使うことが有効です。
なぜなら、過去に多くのアイデアを生み出したフレームワークだからです。

オズボーンのチェックリストは、オズボーン氏によって作られました。
既存のアイデア+9つの切り口(オズボーンリスト)で自問をすることで、アイデアを意識的に思い起こさせることができます。
例えば「iPhone」「ビッグサイズの軽自動車」などもかけ合わせるです。

「オズボーンのチェックリスト」には、9つの質問が用意されています。

1:他に使い道はないか?

・改善・改良して新しい使いみちはないか?
・そのままで新しい使いみちはないか?
 →付箋は「絶対にはがれない接着剤」から生まれました。

付箋=「絶対にはがれない接着剤」+「他に使い道はないか?」

2:応用できないか?

・過去に似たものは無いか?
・何か真似できないか?
 →コウモリからヒントを得た「超音波による衝突防止機能」

衝突防止機能=「コウモリ超音波」+「何か真似できないか?」

3:修正したらどうか?

・新しいひねりはないか?
・意味、色、動き、音、匂い、様式、型などを変えられないか?
 →耳アカがみやすいので、白から黒に綿棒を変更したら大ヒット!

黒綿棒=「白綿棒」+「色を変えられないか」

4:拡大したら

・より大きく(強く、高く、長く、厚く)できないか?
・何か加えられないか?
 →床面積が広い軽自動車。スズキ「ワゴンR」ダイハツ「ウェイク」

ワゴンR=「軽自動車」+「大きくできないか」

5:縮小したら

・より小さく(弱く、低く、短く、薄く)できないか?
・何か減らせないか
 →TikTokのような短い動画 

TikTok=「動画」+「短くできないか」

6:代用したら

・他の素材は使えないか?
・他のアプローチは?
 →牛乳のかわりに豆乳を使った料理(子供のアレルギー対策)

豆乳ホットケーキ=「牛乳」+「代用できないか」

7:アレンジし直したらどうか?

・要素を取り替えたら?
・原因と結果を入れ替えたら?
 →レジ横スペースの商品を入替「ついで買い」促進

売上アップ=「 レジ横スペース商品入替え」+「要素を入れ替えたら?」

8:逆にしたらどうか?

・後ろ向きにしたらどうか?
・上下をひっくり返したらどうか?
 →リバーシブルウェア、2way商品

リバーシブルウェア=「ウェア」+「後ろ向きにしたらどうか?」

9:組合したらどうか?

・目的を組み合わせたらどうか?
・アイデアを組み合わせたら
 →水陸両用バスは、バスと船の組み合わせにより、観光主客力をアップ

水陸両用バス=「バズ客」+「船客」

アイデアのつくり方は組み合わせ:かけ合わせ方法がわからない

うーん君
うーん君

アイデアの作り方はわかったけど、実際どうやってアイデア作ればいいか、イメージわかないなあ。

では、実際にアイデアを出してみましょう。
アイデアを出すための公式は、以下です。

アイデア=「課題」+「オズボーンのチェックリスト」

ここでは「業務効率化」のアイデアを出します。
業務効率化においては「縮小できないか?」という切り口が使えそうですね。
・より小さく(弱く、低く、短く、薄く)できないか?
・何か減らせないか

タスクを捨てる=「業務効率化」+「縮小」
1分でアイデアがでました。

注意点は、ただやみくもに足すのはNGです。
なぜなら、アイデアの本質は、課題の解決だからです。

機能をプラスすることばかりに注力して、アイデアの本質を見失っては言語道断です。
課題があるユーザーから必要とされるアイデアをだしましょう。

アイデアのつくり方は組み合わせ:まとめ

アイデアの作り方まとめ

まとめです。

新しいアイデアは「アイデアとアイデアの組み合わせ」で生まれます。
組み合わせる作業では「オズボーンのチェックリスト」を使うことが有効です。
なぜなら、過去に発明的アイデアを作り出したフレームワークだからです。

ちょっと切り口を変えただけで、事業が成功した事例は数多くあります。
ビジネスの本質は課題解決です。
アイデアは、課題を解決できることが多いです。

だからこそ、アイデアを出せる人は、この先頼りにされるでしょう。

この記事に共感を頂けたら「アイデアだし」の訓練を始めてください。
未来を想像してみてください!

  • 新商品の企画が成功した!
  • 上司から頼りにされるようになった!
  • 給料が上がり役職もあがった!
今が1番若いです!
1年後「マネージャー」になりたい人は、こちら書籍購入どうぞ!

購入はこちら「創造力を生かす―アイディアを得る38の方法」

過去に私が書いた「ビジネスに役立つまとめ記事」はこちら

まとめ記事:本の要約・感想・レビュー【ビジネス】

コメント