著書「いい質問が人を動かす」分かりやすく要約します【感想】

質問
質問

良い質問をする方法を教えてください。

質問がパッと浮かんできません。

一生懸命、質問を考えて、質問をすると「何言ってんだこいつ」って雰囲気を感じます。質問力がなくて、自分が嫌になります…

この記事を読むとこんなお悩みが改善します!
  • とっさに良い質問をする方法
  • 会話を盛り上げる質問
  • 質問で人を動かす方法
この記事は「良い質問」をするための考え方を記載します。明日から商談や打ち合わせで使える型「フレームワーク」をお伝えします。

の記事の信頼性
実際に読んだ本を参考にしております。

良い質問の定義【いい質問が人を動かす 要約と感想】

良い質問の定義ってなんでしょうか?
本書には「進歩する質問」と記載されております。
なぜなら、質問の本質は、課題の改善だからです。

例えば、美味しい焼肉を食べたいときを想像してください。

笑顔くん
笑顔くん

「焼肉A店」に予約した!
18時から美味しい焼肉が食べれれるぞ!

しかし、笑顔くんは、新宿で迷子になりました。
「焼肉A店」を見つけることができなかった時、おまわりさんに尋ねます。

あせる君
あせる君

「焼肉A店」を知りたいです。
住所が4丁目26番地なので、このあたりのはずなんです。

おまわりさん:「あー「焼肉A店」ね!そこのビルの4階ですよ」
おまわりさんは、課題を解決してくれました。

良い質問とは、課題を解決する質問です。
つまり、進歩する質問なのです。

例の場合「4丁目26番地」がキーポイントです。
具体的な住所を伝えたので、課題をすぐに解決できました!
結果、美味しい焼肉を食べて、経験値が上がりました。

これが進歩です!

3つの質問【いい質問が人を動かす 要約と感想】

では、どうすれば進歩するための良い質問をすることができるのでしょうか。
その方法は3つあります。

  1. 相手に気づきを与える質問
  2. 周囲の関心と相手の関心が同じ質問
  3. 具体的で本質的な質問

順番に解説します。

相手に気づきを与える質問

1つめは「相手に気づきを与える質問」です。
なぜなら、気づきは知らないことなので、進歩になります。

進歩とは「今できてないこと」ができるようになる状態を示します。
気づきは「今できてないこと」なので、それを引き出した質問は、良い質問になります。

そして、気づきを与える質問を作る方法は2つあります。

  1. 相手を勉強する
  2. 仮説をつくる

仮説をつくり、検証するように、相手に質問することです。
そうすることで、本人すら気づいていない「気づき」を与える事ができます。

周囲と相手の関心が同じ質問

2つめは「周囲と相手の関心が同じ質問をする」ことです。
なぜなら、専門性を引き出す質問につながるためです。

例えば、ビヨンセがファンを増やすために来日した時、を想像してください。
あなたに1つだけ質問して良い権利があるとします。

ビヨンセに「好きな食べ物は?」と質問したら誰が進歩しますか?
誰も望んでないような質問をした場合、良い質問とは言えません。

ビヨンセは、宣伝のために来日してます。

はてな君
はてな君

どんな経験から書いた歌詞なんですか?

発売は未定とのことですが、いつ発売なんですか?

相手と周囲が聞きたい質問をするべきです。
「周囲(自分含め)の関心と相手の関心がずれていない質問をする」ことが良い質問です。

具体的で本質的な質問

3つめは「具体的で本質的な質問」をすることです。
これも専門性が高い回答が期待できるため、進歩になります。
結果、良い質問に繋がります。

例えば「この野菜おいしですか?」と質問するよりも「このキャベツとっても甘いですね。特別なことしてるんですか?」のほうが「ああ、実は培養土使ってるんだ」など、専門性が高い回答が期待できます。

相手に興味を持つこと【いい質問が人を動かす 要約と感想】

イカル君
イカル君

良い質問なんて一瞬で頭に浮かばないよ

良い質問を瞬時に思いつくには訓練が必要です。
良い質問をするには「勉強」と「準備」が重要です。

勉強とは、質問する人に関して調べることです。
質問する相手の過去、現在、未来、どんなことをしてきたか。
事前に勉強、準備することで、相手に興味がわきます。

興味が湧くと自然に話も盛り上がります。

この様に、良い質問をするためには、相手に興味を持つための訓練が必要なのです。

まとめ【いい質問が人を動かす 要約と感想】

まとめです。
良い質問とは、相手が進歩する質問です。

それを実現するフレームワークは3つです

①相手に気づきを与える質問
②自分の関心×相手の関心(相手が答えたいか)
③具体的で本質的な質問

明日から、3つのフレームワークを意識して、商談や打ち合わせに望んでみてくだい。

バスケと同じように、すぐに改善することは難しいです。
しかし、日々意識して質問することで、3Pシュートの確率が高まるでしょう。

無料でダウンロードできます【いい質問」が人を動かす】

以前私のブログで紹介しました。

【1冊無料】 聴く読書Amazon Audible(オーディブル)の効果【感想】

今回参考にした本「いい質問」が人を動かす」は【 聴く読書 Amazon Audible(オーディブル)】で無料でダウンロード可能です。

「いい質問」が人を動かす

オーディブルでは¥2,500で販売してます。

以下バナーリンクから登録すれば【2,500円分が無料】です

Amazonでお買い物している人であれば3ステップです。

※5分で終わります※

①以下リンクから無料会員登録する


②Amazonオーディオブック のアプリを入れる
【Apple Store 】or【Googleplay】
③本をダウンロードする

過去に私が書いた「ビジネスに役立つまとめ記事」はこちら

まとめ記事:本の要約・感想・レビュー【ビジネス】

コメント