Google検索での順位の上げ方【SEOライティング】

ブログの流入数があがらない。

ブログで稼げない。

1年以上経過しているのに。。。

どうしたら改善できますか?

 

1年ブログやって稼げないと辛いね。。
本業もあるし、そこまでブログに時間、かけられないよね。

そのお悩み「SXOライティング」を実践すればで解決できます!

※この記事は5分で読めます※

この記事を読むとこんな悩みが解決します!
  • ブログのアクセス増やしたい
  • ブログで収益を増やしたい
  • 文章能力を向上させたい
この記事は、GoogleSEOに有効なライティング方法を記載しております。

の記事の信頼性
・この記事は「沈黙のWebライティング」を参考にしてます

【本の要約】沈黙のWebマーケティング(感想・おすすめ)
・現役Webコンサルです

Google検索での順位の上げ方:SXOライティングを上達させる

Google検索順位の上げ方で、有効な方法は
結論、SXOライティングを訓練することです。

SXOとは「Search Experience Optimization」の略です。
検索体験最適化」を意味します。

Google検索順位の上げ方は、Googleから明確に定義されてません。
しかし、Google が掲げる 10 の事実を満たすことが
SXO「検索体験最適化」となることは有名です。

つまりSXOライティングとは
「読者視点に立ち、わかりやすくライティングをしましょう」
と定義できます。

Google検索での順位の上げ方:SXOライティング上達方法

SXOライティング上達方法を5つお伝えします。

  1. 誤字脱字をゼロに
  2. 一文は50文字以内に
  3. 箇条書きを使う
  4. 目次を先に決める
  5. 内容がわかるタイトル

順番に解説します。

誤字脱字をゼロに

誤字脱字をゼロにすることで、SXOライティングが上達します。
誤字脱字があると、読者の信頼度が落ちます。
なぜなら、読者は誤字脱字を発見すると「いい加減なサイトだなあ」と感じてしまうからです。

例えば、歯医者を探している時に、誤字脱字だらけのサイトの歯医者には通いたくないですよね。
なぜなら、いい加減さを感じるからです。

誤字脱字の対策は、ライティング後に自分で「音読」することです。
音読は、誤字脱字を簡単に見つけることが可能です。
音読は、SXOライティングに深く関連します。

一文は50文字以内に

一文は、50文字以内に収めることで、SXOライティングが上達します。
なぜなら、長い文章は、読者が「わかりにくい」と判断して離脱してしまうからです。

誤:文章の一文は、50文字以内に収めることでSXOライティングが上達し、長い文章だと読みにくいので読者が離脱してしまいます。

正:文章の一文は、50文字以内に収めることでSXOライティングが上達します。
なぜなら、長い文章は、読みにくいので読者が離脱してしまうからです。

「誤」は、読みにくいと感じますよね。
違うサイトで再検索したくなります。

50文字以内に収めるコツは3つあります。

  • なくても意味が通じる言葉を削ること
  • 句読点(、や。)を使うこと
  • 一文一義(いちぶんいちぎ ひとつの文章にひとつの事柄)で書くこと

文章は短いほうが、理解しやすいです。
短い文章は、SXOライティングに深く関連します。

箇条書きを使う

箇条書きを使うことで、SXOライティングが上達します。
なぜなら、複雑な情報が整理され、見やすくなるので、読者の滞在時間が増加するからです。

誤:吉野家の牛丼は早くて安くてうまいよね

正:吉野家の牛丼
・早い
・安い
・うまい

箇条書きにすることで、読者が理解しやすくなります。
結果、ユーザーの滞在時間、離脱率を改善することが可能です。

目次を先に決める

目次を先に決めることで、SXOライティングが上達します。
なぜなら、話の軸がぶれないからです。
野球の情報が欲しいのに、結局サッカーの情報しか得られないサイトだったら、離脱しますよね?

あなたも、雑談していたら、いつの間にか脱線してしまった経験ありませんか?
あれは、雑談は話の構成(目次)が決まってないから、いつの間にか軸がぶれてしまうのです。
軸が乱れると、記事構成もぶれてしまうのです。

目次を先に決めることで、
必要な情報を最短で伝えることができるからです。
箇条書きは、SXOライティングに深く関連します。

内容がわかるタイトル

内容がわかるタイトルにすることで、SXOライティングが上達します。
なぜなら、メンタルモデルが形成され、読者にストレスを与えないからです。
メンタルモデルとは、人が持っているイメージです。
例えば「眼鏡の人は頭がいい」とうメンタルモデルが有名です。

例えば、タイトルが「りんごの味」だとして、本文が「いちごの味についての説明」だったら

タイトルと内容がちがうじゃん!

ってなりますよね。

「りんごの味」がタイトルなら「りんごの味についての説明」にすることで
読者の信頼感、滞在時間、離脱率を改善することができます。
メンタルモデルは、SXOライティングに深く関連します。

Google検索での順位の上げ方:Google が掲げる 10 の事実を満たすこと

質問者
質問者

これだけで本当に検索順位上がるの?

これだけでも一定の成果が見込めるでしょう。
なぜならGoogle が掲げる 10 の事実を満たしているからです。

Google検索での順位の上げ方は、明確に定義されてません。
ただしGoogle が掲げる 10 の事実を満たすことで、検索順位が上がる話は有名です。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる(Googleが掲げる10の事実より)

本記事は、読者にとって理解しやすいライティングに焦点を当てております。
なので、Google検索で順位が上がると考えております。

Google検索での順位の上げ方:まとめ

まとめです。

Google検索順位の上げ方で、有効な方法は
結論、SXOライティングを訓練することです。

SXOライティング上達方法は5つあります。

  1. 誤字脱字をゼロに
  2. 一文は50文字以内に
  3. 箇条書きを使う
  4. 目次を先に決める
  5. 内容がわかるタイトル

明日から記事のアクションプランを実践することで、こんな未来が想定されます。
想像してみてください!

  • ブログの検索数が増加、注文数増える
  • ドメインパワーが上昇、SEO改善
  • ライティング力を評価され上司から頼りにされる

もしあなたがこの記事を読んで共感を頂けたら早速実行してみてください。
まず簡単な「箇条書きを使う」ことから初めてみてはいかがでしょうか。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

過去記事

【本の要約】沈黙のWebマーケティング(感想・おすすめ)

まとめ記事:ビジネススキル

コメント