上司と無言:話すことがない人と会話を続ける1つの方法【毎日会う職場の同僚】

質問
質問

会話が苦手です。改善方法を教えてください。

仲のいい友人とは会話が続きます。

でも、初めての人と話す時、とっても苦痛です。

「初対面だと何話していいかわからない」

初めての人とお話する時、話したいのに会話が出てこないことありませんか?

同僚でさえ、エレベーターで二人きりになると、話すことがなくなることも、、、

そこでこの記事は、書籍「雑談の一流、二流、三流」を参考に、いつでも使える会話ネタを紹介します。

この記事を読めば、エレベーターで上司にあっても雑談ができるようになります。

結果、気まずい雰囲気になるのを防ぎます。

この記事はこんな人にオススメ!
  • 会話が続かない
  • コミュ障
  • 雑談が苦手

この記事を書いた人

筆者
筆者

東証一部上場、Webコンサル会社に勤務中。Web業界に10年以上在籍してます。ランニング、お酒を愛するおじさんです。

人間が毎日実行している5つのこと【話すことがない人と会話を続ける1つの方法】

話すことがない人との 会話

結論から記載します。

人間が毎日実行している5つのこと、をテーマに話す

私はこの方法で、誰とでも会話を広げることができてます。

うーん君

雑談フレームワーク「適度に整理すべし」「木戸にたてかけし衣食住」でいいじゃん!

このフレームワークのデメリットとっさに出てこないこと。

道楽、季節、ニュース、、、など。

相手がニュースを見ておらず、会話が止まってしまう可能性もあります。

「人間が毎日実行している5つのこと」なら、こんなデメリットを解消します。

なぜなら、人間が毎日している、ということは、人間にとって大事なことだから。

大事なことは、誰でも興味があるはず。

だから、どんな人とも話が展開します。

「誰かと会ったら、人間が毎日実行していることを話そう」

これだけ頭に入れておけば、いつでも会話ができるようになります。

人間が毎日実行している5つのこと【上司と無言:毎日会う職場の同僚】

書籍「雑談の一流、二流、三流」

人間が毎日実行している5つのことを紹介します。

こちらは、本書に記載してある事実です。

  1. 食べること
  2. 動くこと
  3. 働くこと
  4. お金を使うこと
  5. 寝ること

例を紹介します。

そのまま会話で使えます。

食べること

「最近忙しそうですけど、お昼食べてる時間あるんですか」

「〇〇さんは、料理作るんですか?」

動くこと

「最近、運動されてますか?」

「何時に起きてるんですか?」

働くこと

「最近、仕事終わるの遅いみたいですね」

「今、時間がかかっている仕事ってあるんですか?」

お金を使うこと

「私、全然お金たまらないんです」

「〇〇さんは、なにかされてますか?」

寝ること

「最近睡眠は取れてますか?」

「休みの日は、何時くらいに起きるんですか?」

会話が終わりそう【話すことがない人と会話を続ける方法】

質問者
質問者

本当に会話続くの?

会話する気がない人だと沈黙になるよ

私も、5つの実践だけでは、会話は終わると考えてます。

なぜなら、会話がつまらなくなりがちだから。

相手:「またこの話、、、先月も話したやん、、、」

なので、会話を広げることが必要です。

なので、会話を広げる踏襲話法(とうしゅうわほう)を紹介します。

踏襲話法とは、前の話を受け継ぐ話し方です、

沈黙になったら、無理に話題を見つけるのではなく、前の話から自然につなげる方法です。

まず、5つの実践の例です。

「最近睡眠は取れてますか?」
「とってないね」
沈黙、、、

対して、踏襲話法は、「沈黙」を前の話に入れ替えます。

「最近睡眠は取れてますか?」
「とってないね」
「そうそう、睡眠といえば、最近話題の睡眠枕ご存知ですか?」

踏襲話法のポイントは「そうそう」「〇〇でいうと」を使うこと。

「睡眠でいうと、最近話題の睡眠枕ご存知ですか?」

こんなふうに、会話が無限に広がっていきます。

まとめ【上司と無言:話すことがない人と会話を続ける1つの方法】

まとめです。

人間が毎日実行している5つのこと、をテーマに話す

私はこの方法で、誰とでも会話を始め続けることができてます。

雑談は、相手との「ここちよい空間を作ることが目的」です。

話す中身より、話している時の「心地よさ」を作り出す人が一流です。

お客さんと何でも話せる間柄になった!
仕事に行くのが楽しみになった!
アイスブレイクが得意になった!

本書は、たった1,000円ほどです。

1,000円で10年、いや20年先も使える一生食いっぱぐれないスキル「雑談力」を手に入れられます。

市場価値を高め「稼ぐ力」を身につけたい人はどうぞ!

書籍「雑談の一流、二流、三流」はこちら

過去に私が書いた「ビジネスに役立つまとめ記事」はこちら

まとめ記事:本の要約・感想・レビュー【ビジネス】

コメント