初対面だと緊張する人へ【話せない時の3つの対策】

質問者
質問者

初対面の人と会話すると、無口になってしまいます。

どうすれば楽しく話せますか?

初対面の人と会話する時、すごく緊張ますよね。

特に会社のお客さん、、、

ありきたりな会話しかできず、重い空気に、、、

一方で、すぐに仲良くなる人もいますね。

そこで、この記事は、初対面でも仲良くできる3つのコツをお教えします。

マネするだけで、誰でも簡単に、仲良くすることができます。

こんなお悩みが改善します
  • 初対面でも会話を盛り上げたい
  • 人から嫌われる傾向がある
  • 極度の人見知りだ
この記事を書いた人
筆者
筆者

東証一部上場、Webコンサル会社に勤務中。Web業界に10年以上在籍。

相手から好かれる3つの方法【初対面だと緊張して話せない】

初対面だと緊張して話せない人へ。

対策を3つをお伝えします。

  1. 自己開示
  2. 相手の話題を主役にする
  3. 喜怒哀楽と行動を相手に合わせる

1つでもできるようになれば、相手から好かれる可能性が高まります。

順番に解説します。

自己開示

1つ目は自己開示です。

自己開示は、良好な人間関係を築くうえで、欠かせません。

なぜなら、自己開示をしないと相手の警戒心が解けないからです。

相手の性格や考えがわからない場合、警戒心は消えないですよね。

「自分はこういう人間ですよ」自己開示が有効です。

自己開示をした上で、話を広げていくことが大切です。

相手の話題を主役にする

2つめは、相手を主役にすることです。

なぜなら、人間は、自分が大好きだからです。

人間は、話を聞いてくれる人を好む傾向があります。

なので、主導権は常に相手に渡しましょう。

もし、相手から質問された場合、オウム返し(聞き返す)ましょう。

例えば出身地を聞かれたシーンを想像してください。

相手:「ご出身は?」

あなた:「静岡県です」

あなた:「〇〇さんの出身地はどこでしょうか?」

相手にバトンを渡すことがポイントです。

喜怒哀楽と行動を相手に合わせる

3つ目は、喜怒哀楽と行動を合わせることです。

なぜなら、相手を肯定するから

例えば、相手が失恋の話をしているのに、あなたが喜んでいたら、当然、嫌われます。

相手が悲しそうなら、自分も悲しそうにすることが重要です。

相手は共感を求めています。

人は理論よりも感情で物事を決める傾向があります。

人は正論では動きません。

感情が優先されます。

なので正論を言われても話は盛り上がりません。

感情を合わせる+行動を合わせること。

こうすることで、相手からの信頼感が増加します。

記事まとめ【初対面だと緊張して話せない】

記事のまとめです。

以下3つを抑えると、一流のコミュニケーションができるようになります。

  1. 自己開示
  2. 相手の話題を主役にする
  3. 喜怒哀楽と行動を相手に合わせる

結果、話が盛り上がり、相手から好かれるでしょう。

そしてこんな未来が想定されます。想像してみてください!

  • 初対面でも会話が盛り上がって彼女ができた!
  • お客さんと仲良くなり、取引先を紹介された!
  • 上司に信頼されるようになった!

コメント