逃げたい:Webコンサルが緊張しない1つの方法を教えます【震えと吐き気】

 
質問者
質問者

緊張すると吐き気がします。

プレゼン前日になると震えが止まりません。

明日のプレゼンを考えると、心臓がどきどきして寝れません。

いつも寝不足です。

この記事を読むとこんなお悩みが改善します!
  • 頭が真っ白になる対策あるの?
  • 緊張すると声が震えてしまう
  • 緊張でトイレばっかり
この記事を読み終えることで、緊張が味方にかわります
即効性のある「緊張の緩和法」を知ることが出来ます。

の記事の信頼性
・毎日商談してる私の経験談です。

緊張しない方法は準備すること【震えと吐き気】

結論、緊張を和らげる方法は「準備」をすることです。
なぜなら、緊張の正体は知らないことへの恐怖だからです。

例えばお化け屋敷。
暗くて前が見えないから緊張しますよね?
明るくすれば緊張しません。

これと同じで、経験がないから不安になり緊張するのです。
これから何が起きるかわからないから恐怖になります。

なので、準備することで緊張は消滅します。

答えを知っていれば緊張しない。
そのために、まず準備が必要なのです。

心の準備をすること【震え・逃げたい】

うーん君
うーん君

準備って何をすればいいのさ…

そうですね。
例えば、プレゼンで準備するものは、資料、ロープレ、心の準備が有効です。

もっとも大切なことは「心の準備」だと思ってます。
なぜなら、緊張の本質だからです。

心の準備

緊張している時に考えてはダメな言葉があります。

あせる君

落ち着け~緊張するな!
リラックスしよっ

「努力逆転の法則」によって余計に緊張します。
努力逆転の法則とは、逆の現象になることです。

例えば、なかなか眠れないシーンを想像してください。
寝よう寝よう!と考えると余計寝れなかった。
こんな経験ありますよね?

オススメの考え方があります。
それは自分を肯定すること。

失敗していいと考えることです。
たとえ本当に失敗しても良いのです。

命はとられません。
それに、1年前に聞いた、誰かのプレゼンって覚えてます?

少なくとも、私はほとんど忘れてしまいます。
失敗してもいいのです。

まとめ:緊張しない1つの方法を教えます【吐き気や震え】

まとめです。
緊張を和らげる方法は「準備をすること」です。
 
プレゼンや商談で緊張してしまう人はこんな工夫をしてください。
  • カンペを用意してロープレ
  • 質問されるであろうことリスト化しておく
  • 失敗してもいいというマインド
試験的にでもトライしてみてください。
これでも緊張してしまうのなら、別のやり方を探せばいいだけです。
 
私は3年実践したことで、こんな変化がありました。
プレゼンに慣れて、よく寝れる!
人見知りでも会話ができるようになった!
会社に行くことが楽しくなった!
もし、プレゼンで緊張しているなら、徹底的な準備を心掛けましょう。
時間がなければ「失敗しても良いマインド」だけでもOK!

まとめ記事:ビジネススキル向上【体験談】

コメント