体験談:不安や緊張を和らげる方法【オススメ】

 

 

質問者
質問者

人前だと緊張して喋れない。

会社の会議でも発言できません。

同僚は、会議で質問したり、人前で面白いことを喋ってる。

なんで自分だけ上手くしゃべれないのか。

病気なのかな。。

困っている人
困っている人

質問ありますか?〇〇さん、大丈夫ですか?

って聞かれるとしんどいですよね。質問しなきゃってわかってるよ、、

マウントとってくんな、って思います。

筆者
筆者

そのお悩み「準備すること」で解決できますよ

この記事を読むとこんなお悩みが改善します!
  • 緊張して頭が真っ白になる
  • 緊張すると声が震えることがある
  • 緊張でお腹が痛くなる
この記事を読み終えることで、緊張を自分の味方にすることができます。
即効性のある緊張の緩和法を知ることが出来ます。

の記事の信頼性
・毎日お客さんと商談してる私の経験から「緊張」を和らげる方法をお伝えします。

不安や緊張を和らげる方法:不安や緊張の正体とは?

結論、不安や緊張を和らげる方法は「準備」をすることです。

なぜなら、不安や緊張の正体は知らないことへの恐怖だからです。
不安や恐怖は、経験がないから不安になるのです。
これから何が起きるかわからないから恐怖になります。
なので、これから起こりうる対策をすることで、緊張は消滅します。

例えば、初めての商談、初めてのプレゼン、初めての電話・・・
なぜ恐怖を感じるのでしょうか。

それは、経験がないことは予想できないからです。
人間は予想できないものに恐怖を感じるのです。

・お化け屋敷=暗くて前が見えないから緊張する
・明るくすれば緊張しない

答えを知っていれば緊張しない
だから準備が必要なのです。

不安や緊張を和らげる方法:未知への恐怖

不安や緊張の正体は未知への恐怖です。
緊張は未知への対策をすることで和らげることができます。

私の経験上、緊張を和らげる効果があったこと2つお話します。

①緊張している時に注意すべき感情
②呼吸に集中する

順番に解説します。

緊張している時に注意すべき感情

緊張している時に思ってはいけない言葉があります。

・落ち着け俺
・リラックスしよっ

こんなことを考えると「努力逆転の法則」によって余計に緊張します。
努力逆転の法則とは、緊張した場面で、自分の意思を願うと、逆の現象になることです。

例えば

・なかなか眠れない時、寝よう寝ようと考えると眠れない
ということが努力逆転の法則です。

そんなときにオススメの考え方は「上手くやらなくていい」と考えることです。
人は自分が思ってるより、人に興味がないです。
誰かのプレゼンなんて覚えていないんです。

同僚の1年前のプレゼンって覚えてます?
失敗してもいいのです。

相手に矢印を向けて
あなたにしかできない「思い」を伝えるよう集中しましょう。

呼吸に集中する

呼吸に集中しましょう。瞑想です。
瞑想はリラックス効果があります。

人間は、緊張すると肺呼吸になります。
なので腹式呼吸に戻すことでリラックスできます。

ポイントは、10秒から15秒位ゆっくりと呼吸することです。
2分続けてください。

ボディースキャンも有効です。
ボディースキャンとは、自分の体のどの部分が一番緊張しているか、意識することです。

顔、口、鼻、手、足の裏、ふくらはぎ、太もも、腰回り、お腹、肩周り・・・
身体の部位が、どれくらい緊張が溜まってるか、
確認して呼吸を整えると、瞑想効果が期待できるでしょう。

不安や緊張を和らげる方法:本当に改善できるの?

「実践するだけで本当に緊張治るの??」
「こんなにたくさん覚えてられないよ!」

私も最初は、緊張してしまい、実行できませんでした。
なので1つだけ実行すれば良いです。

まずは本質を理解することが重要だと思います。

私は以前、商談前は眠れなかったり、商談中めっちゃ汗をかいたり、自分が何言ったかわからないことを感じることが非常に多かったです。

まず本質を理解し、徐々に呼吸法や考え方を取り入れた結果
緊張を改善することができました。

まとめ:不安や緊張を和らげる方法

まとめです。
不安や緊張を和らげる方法は「準備をすること」です。
 
不安や恐怖は、未知の経験、から感じる感情です。
 
プレゼンや商談でも、話す内容や質問を事前に準備しましょう。
何をしゃべるのか決まっているので、まじで緊張しないです。

私は「緊張緩和法」日々実践したことで、こんな変化がありました。
プレゼンで緊張しなくなったので、前日よく寝れる!
電話する時に緊張しなくなり、お客さんとの電話で笑いが増えた!
会社に行くことが以前よりも格段に楽しい!
あなたも、明日のプレゼンで緊張しているなら、徹底的に準備をしましょう。
そうすれば、緊張せず、最高のプレゼンをお届けすることができるでしょう。

まとめ記事:ビジネススキル向上【体験談】

コメント