【成功体験】理解力を高めるには【方法】

 
仕事で理解力を高める方法

仕事で理解力を高める方法

 

理解力が足りないです。

仕事で1回で理解できないです。
読んだ本の内容もすぐに理解できません。

 

今回はこんなお悩みの対策をお伝えします。

 

この記事はこんな方にオススメです!
  • 理解力を高めたい人
  • 本の内容を覚えていない人
  • 話についていけないことが多い人

 

この記事は理解力を高める方法が記載されております。
 

の記事の信頼性
・1億から12億(サプリメント)成長経験あり
・4年Web広告事業部リーダー
・毎日商談
・4年Webコンサル経験あり
・6年デザイナー経験あり
・4年営業経験あり
・16年社会人経験あり
・5年オペレーター経験あり
・営業売上コンテスト全国1位

アウトプット前提でインプット【理解力を高める方法】

理解力を高める

理解力を高める

理解力を高めるにはアウトプット前提でインプットすることです。
なぜなら、「自分ごと化」できるからです。

例えば、会社でセミナーに参加した場合、感想をまとめて社内に報告しますよね。

社内に伝えるために、インプットすると内容を覚えていますよね。

なので、セミナー以外でも、例えば本を読む時も必ず「人に伝える前提」で読んでください。

格段に理解力が高まります。

 

アウトプット前提で生きると人生が変わる7つの理由

なぜ理解力が高まるか

インプットとアウトプット

インプットとアウトプット

アウトプットを前提でインプットすると何が起こるのでしょう。

「たまごやき」のレシピを「Aさんに説明する」と仮定してインプットしてみます。

・たまごやきを作る時、もっとも重要なポイントは?
・なぜ、みりんを入れるとたまごやきは美味しくなるの?
・どうしたらふわふわになるのかな?

このように、誰かに伝えようとインプットすると、疑問が浮かんできます。

自分が理解できていないところが疑問になります。

疑問を質問したり、自分で調べることで、理解が深まります。

【理解力を高めるには】まとめ

実践してきましょう

実践してきましょう


私はアウトプット前提でインプットすることで、理解力と伝える力を鍛えることができました。
 
提案やアイデアがすぐに出せるようになった
ミーティングで発言が多くなった
同僚とコミュニケーションが円滑になった

もしあなたが、この記事を読んで、共感を頂けたら

身近なAさんにアウトプットする前提でインプットすることから

初めてみてはいかがでしょうか。

コメント