【成功体験】理解力を高めるには【方法】

 
仕事で理解力を高める方法

仕事で理解力を高める方法

新人の時、はじめにメンターや先輩に仕事を教わりますね。

その時、1回で理解できないことってありませんでしたか?

私も新人の時、先輩の話を聞いても、なかなか理解できないので困ってました。

 

今回はこんなお悩みの対策をお伝えします。

この記事はこんな方にオススメです!
  • 本の理解力を高めたい人
  • 理解が足りず、会話についていけないことが多い人
  • 人の話を理解する力を高めたい人

の記事の信頼性

社会人15年、リーダー経験や営業コンテストで全国1位に輝いた経験がある私が、自分の理解力を高めるために、自分なりに理解して実践したことを紹介いたします。

 
この記事を読み終えることで、理解力が高まり、仕事の質が高まり、コミュニケーション能力が高まる可能性があります。

【理解力を高めるには】アウトプット前提でインプットすること

理解力を高める

理解力を高める

結論、アウトプット前提でインプットすることです。

本を読むときや勉強会で「これをまとめて人に伝えよう」と思ってインプットすると、格段に理解力が高まります。

なぜなら、「自分ごと化」することで、脳が積極的に情報を理解する働きに変わり、理解が深まっていきます。

例えば「これをAさんに伝えなきゃ」と思うと、頭の中で情報を整理したり、疑問を解消しなくちゃっ、と考えるようになりますよね?

【理解力を高めるには】具体的な思考

インプットとアウトプット

インプットとアウトプット

アウトプットを前提にしたインプットを意識していると何が起こるのでしょう。

仮に、今自分が教わっている「料理」のやりかたを「他のメンバーに説明する」ことをイメージしながらインプットします。

・この料理を作るなかで、もっとも重要なポイントは?
・なんでここで、醤油と塩を入れるの?
・盛り付けはどうしたら美味しく見えるの?

このように、人が説明しているイメージを考えながら、話を聞くと、相手の話を聞きながら疑問が自然と浮かんできます。

「今聞いた話を実際に自分がやるとこうなるな」

「きっとこういう質問が相手から来るだろうな」

といった疑問を持つことが出来ます。

あんまり自分が理解できていないところが浮かび上がります。

結果、その部分の情報を意識して聞いてくことができて、理解が深まっていくのです。

「カラーバス効果」とは若干違いますが、ある一つのことを意識することで、それに関する情報が無意識に自分の手元にたくさん集まるようになる現象に近いと考えてます。

【理解力を高めるには】実践・経験することが一番

「理解力を高める方法って、地頭力でもいいんじゃないの?」

「むしろそっちも必要でしょ」

この方法が良い根拠は「自分の経験」です。

プレゼン商談で、理解できない、言葉がでてこない経験があって、

さらに、いざ人に説明しようとすると、話せなかったのです。

そんな時、試しにアウトプットをする姿をイメージしてみると、理解力はもちろん、質問数も増え、例えばデザイナーさんに依頼する時にすべて答えられる状況になっているはずです。

【理解力を高めるには】まとめ

実践してきましょう

実践してきましょう


私は理解力を100倍くらいに高められたので、商談やプレゼンがうまくいくようになり、コミュニケーションが円滑になりました。
理解力が高まったので、提案やアイデア出しがすぐできるようになった
理解力が高まったので、ミーティングでも発言が多くなった
理解力が高まったので、同僚とコミュニケーションが円滑になった

今日からあなたも、人生を豊かにするため、インプットとアウトプットを意識して、誰かにわかりやすく説明することを実践してみてはいかがでしょうか。

コメント