【初心者オススメ】ウェブ記事の書き方【ライティング文章力】

 
webWriting

webWriting

わかりやすい文章ってどうしたら書けるのかな。

ブログ初めて1年経ったけど、全然反響ないんですよね。

何をどうやって改善していったらいいのか、わからないです。

こんなお悩みを、私の経験から私なりに考え、解決へ導ければ幸いです。

この記事を読むとこんなお悩みが改善します!
  • わかりやす文章を書きたい
  • 売れるウェブ記事を書きたい
  • セールスライティングを知りたい
この記事は、初心者でも簡単に文章力やセールスライティングを向上させる方法が記載されております。

の記事の信頼性
・記事広告を使って年間売上1億から12億まで成長
・Web広告事業部リーダー実務経験4年
・上場企業のWebコンサル業務3年

結論、PREP法で記事を書く【ウェブ記事の書き方】

 Framework


Framework

結論、フレームワーク「PREP法」を使いましょう。
※フレームワークとは、簡単に言えば「ひな形」です

PREP法を使えば、誰でも簡単に良い記事を書くことが可能です。
なぜなら、先人たちが成果を出している「型」だからです。

例えば、料理のレシピも「型」です。
レシピ通りに作れば、ある程度おいしく作れます。

フレームワークは、過去に成果が出ている事象から作られているものです。
なので、成功する確率が高くなるのです。

PREP法【ウェブ記事の書き方】

PREP法(プレップ)とは?

PREP法(プレップ)とは
説得力が生まれる魔法のフレームワークです。
P OINT=ポイント、結論
R EASON=理由
E XAMPLE=事例、具体例
P OINT=ポイント、結論を繰り返す

私はりんごが好きです(結論)
なぜなら、ダイエットに効果があるからです(理由)
例えば、リンゴダイエットってありますよね。成果ありますよね。味も好きです。(例)
だから、私はりんごが好きです(繰り返し)
ロジカルに伝わるので、説得力が高く、わかりやすい文章を作ることができます。

Web読者は「流し読み・別のページ探す」【ウェブ記事の書き方】

せっかち

せっかち

まず、抑えておきたい前提があります。

それは、Web読者は流し読みが基本です。
これいちばん大事なポイントです。

・読者は全部読まないで流し読み
・読者には「インターネット」という無数の選択肢がある世界にいる。
・読みにくかったら離脱して別のページに行ってしまう

読者は、わかりにくいと感じたら、違うページを探します。

あなたもこんな経験ありませんか?

「これすげー」
「探してたのこの情報や」

こういうページに対しては、ブックマークしたり、じっくり読みますよね。

「探してる情報、これじゃないのよねー」
「あの情報、どこに記載あるのかしらー」

逆にこんなページは、すぐ戻るボタン押しますよね。
つまり、Web記事は「流し読みで分かる文章」にする必要があるのです。
そのためにはPREP法が非常に有効なのです。

誰でもすぐできる読みやすい文章(WEB記事)を書くポイント

WEB記事を書くポイント

WEB記事を書くポイント

PREP法だけでも十分強力です。
しかし文章も差別化しないと、競合には勝てないです。

なので「読みやすい文章を書くポイント」を5点つまとめました。

意識するだけでフレームワークを強固にして
さらに強力な「読みやすい文章」を書くことができます。

タイトル、サブタイトルから構成していく

本文よりタイトルを先に書きましょう。
その次はサブタイトルです。

そうすれば、話の脱線がなくなり、結果、記事の内容がブレません。
イメージは串カツですね。

串カツ

串カツ

内容ぶれていくので、話の脱線を防げます。
ロジカルになるのです。
結果、読みやすい文章になります。

《例》
タイトル:ゴーヤチャンプルの作り方
見出し:材料
○○
見出し:調理法
○○
見出し:盛り付け
○○
見出し:食べた感想
○○

結論から言う

はじめに結論を書くことで、読者がすぐ「欲しい情報か」判断できます。
本質は「ユーザビリティ」という読者目線の実現です。

また、SEOにも最適です。
なぜならGoogleの検索エンジンは、滞在時間も加味されているからです。

《例》
タイトル:沖縄料理店より上手いゴーヤチャンプルを作る方法
見出し:結論、根昆布を入れましょう
本文:根昆布が最強な理由は・・・

漢字を減らす

漢字が多いと読みにくいですよね。
契約書なんか、もう漢字がびっしりで、読む気0になります。

記事を読みやすくしたいなら、漢字を減らしましょう。
それだけで記事が「やわらかく」なります。

《例》
簡単:かんたん
嬉しい:うれしい
沢山:たくさん


世の中には、事情で漢字を読めない人も沢山います。
読者目線=「ユーザビリティ」です。
漢字とひらがなとカタカナはバランス良く「漢字3割、ひらがな7割」が良いでしょう。

漢字3割:ひらがな7割のバランスで読みやすい文章をつくる3つのコツ

改行だらけでOK

改行を沢山使いましょう。
スマホは横幅が狭いので、改行を使わないと文字が詰まって、読みづらいです。
また同じ例ですが、契約書は、改行少ないので読む気になりませんよね。

《例》
今日は、朝からゴーヤチャンプルをお父さんと一緒に美味しく食べました。
《改行》
朝食は、ゴーヤチャンプルでした。
お父さんと一緒に食べました。
とても美味しかったです。

具体的に書く

逆に言えば、抽象的な文章は離脱を増加させます。
結果、セールスライティングにおいても収益は発生しません。

抽象的対策

例え話を入れる

例:斎藤さんは歌が上手いっすね→斎藤さん歌手のように上手いっすね。
読者が知っている話を入れることで伝わりやすいですね。

数字を入れる

例:今日雨降るよ→今日100%降るよ


具体例を入れる

例:近頃、テレビがつまらなくなった。

近頃、テレビがつまらなくなった。なぜならテレビ規制が強くなって刺激がなくなったから。

【ウェブ記事の書き方】

疑問

疑問

「これだけ実行してもうまくならないでしょ?」
個人的見解ですが、今まで試してきた中では「PREP法」は最強です。

「伝えやすい」
「端的」
「ロジカル」

なので、流し読みが多い「ウェブ記事」には最適だからです。

有名なブロガーさんたちも推奨してます。

ヒトデさん→ヒトデブログ

まなぶさん→manablog

【ウェブ記事の書き方】

WEB記事が上手く書けるようになった書くポイント

WEB記事が上手く書けるようになった書くポイント

ウェブ記事は、ブレがなく万人が理解できる内容と構成が重要です。
さらに言えば、役立つ話がおすすめです。

読者が「なるほど!」と思う記事内容にする必要があります。
それを実現するためにオススメな思考法があります。

「昔の自分に教えてあげる」
「友達に教えてあげる」

という意識で記事を作ると、よい文章が作れます。

私は分かりやすい文章を書くことができるようになったので
以下メリットを得ました。
 
  • 記事広告で売上が10倍になった
  • 上司への提案が1回で通るようになった
  • プレゼンが以前より2倍楽しくなった

初心者の方におすすめの本は、沈黙のwebライティングですね。

漫画風なので、初心者でも読みやすかったです。

まなぶさんもおすすめしてます。

学んだ後は、インプット3割アウトプット割が大切です。
明日から少しずつ、始めてみてはいかがでしょうか。
 
明日から取り入れ、早く経験を積んでいけば
1ヶ月後、人生が良い方向に進んでいるかもですね。
  • 友達からのLINE返信をPREP法で返信してみる
  • TwitterにPREPで毎日投稿してみる
  • 書籍 沈黙のwebライティングを読んでみる

 

コメント