たった3ステップで「仕事できる人」に【仕事が早い人・遅い人の共通点】

質問者
質問者

仕事が遅いです。同期と比べ、残業時間が多いです。毎日残業してます。

仕事が終わらず、他の方に迷惑をかけてしまうことも多々あります。
仕事を早く終わらせる方法教えて下さい。

この記事はこんな方にオススメです!
  • 月の残業が40時間超、、、
  • 仕事の生産性を高めたい
  • ダメ出しが多くて残業ばかり
この記事を読むことで、生産性が向上し、仕事が「劇的」に早くなります。

この記事を書いた人

筆者
筆者

東証一部上場、Webコンサル会社に勤務中。著書「仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?」を参考に記事を書いてます。

仕事の遅い人の特徴【仕事が早い人の共通点】

仕事が早い人の特徴

結論、仕事が遅い人の特徴は「やり直しが多い人」です。

なぜなら、仕事で最も時間のかかることはやり直しだからです。

例えば、2日かけて作ったプレゼン資料、上司に提出したら

怒り(左)
上司

こんなんじゃ駄目!

やり直せ!

お手上げ(左)
部下

ohh、、、2日間、頑張ったのに…

またゼロからです。

やり直しを少なくすることで残業時間は減らせます。

やり直しを防ぐ3ステップ【仕事が早い人・遅い人の共通点】

質問者
質問者

どうしたらやり直しを防ぎ、仕事の質もあげられるの?

では、具体的手順を3つ伝えします。

  1. ゴールを明確にする
  2. 仮設を立てる
  3. 方向性を確認する

順番に解説します。

課題のゴールを明確にする

1つ目は、課題のゴールを明確にすること。

なぜなら、ゴール設定で仕事の9割が決まるから。

リンゴを買ってきてと頼んだのにミカンを買ってきたら、ゴール違います。

やりなおしですよね?

ポイントは、ゴールをできる限り具体化することです。

ゴールが浅い例:商品Aの売り上げを、先月より上げる

具体的にするには「先月より売上をあげる」ではなく、

「先月より、20代の売上を30%上昇させる」など、明確化することで、仕事の質が高くなります。

結果、やり直しが少なくなり、残業が減ります。

仮設を立てる

2つ目は課題に対する仮説を立てること!

なぜなら、クオリティとスピードが上がるから。

例えば、渋滞の時、要因の仮説を立てて、道を変更しますよね?

仮説を立てないと、通常10分で到着するスーパーまで60分は要します。

なので、明確なゴールが決まったら、ゴール達成のための仮説をたてましょう。

ゴールが浅い例:商品Aの売り上げを、先月より上げる
このケースの場合、仕事が早いAくんは「売上が低迷しているのは、競合が年末セールをしているから?」と仮説から入ります。
うーん君
うーん君

仮説が間違っていたらどうするの?

さらにやり直しが増えないかな?

安心してください。

仮説が間違っていた場合、仮説の立証段階で、資料が集まりません。

なので、早い段階で、間違っている仮説だと、気づくことができます。

【要約】地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」【感想レビュー】

方向性を確認する

最後3つ目。

ゴールの方向性を上司に確認することです。

なぜなら、上司が舵取り役だから。

ここが1番重要なポイントです。

ワンピースで例えると、サンジに頼んでも、ワンピースを見つけることはできません。

なぜなら、彼はコックだからです。

あなた:○○さん(上司)、改善の方向性を確認させてください。仮説Aで考えてます。検証はこう進めていきます。問題ないでしょうか?

仕事が早い人は、仮説という枠組みをつくり、方向性が合っているか、上司に確認します。

これは「2割共有」と呼ばれるもので、生産性を高めてくれる方法です。

方向性を確認するメリット

  • 作業のやり直しが発生しない
  • 最短で正しい改善方法を確認できる
  • 最短でブラッシュアップができる

コメント