【要約】書く技術・伝える技術

今回は倉島 保美さん著書【書く技術・伝える技術】を読んだ感想をお伝えします。

お客さんや上司に「つまりどういう意味?」と聞き返されないスキルが身につきます。

この記事を読むことで、こんなことが分かります!
  • 誰がみても理解できる文章を書くコツ
  • スラスラ頭に入ってくる文章を書くコツ
  • 論理的で伝わる文章を書くコツ
この記事は、著書【書く技術・伝える技術】を紹介しております。
個人的な見解で、本の内容の重要な点を絞って簡潔にお伝えします。

の記事の信頼性
・4年のWeb広告事業部リーダー経験からの考察
・4年のWebコンサル経験からの考察
・わたしが実際に読んだ本です

書く技術・伝える技術: 読んだ感想【要約】

どんな内容?

この本を読むと「スラスラと頭に入ってくる文章」が書けるようになります。
なぜなら、「読み手に負担をかけない文章」を書くことができるからです。

例えば、取扱説明書を全部読む気になりませんよね?
なぜなら、長くて読むのが辛いからです。

書き手は、読み手の立場になって書きましょう。

相手の立場になることで

  1. 「記憶できる文章」
  2. 「読み手が望んでいる文章」

を書くことができます。

  • 読み手はどんな情報を求めているのか
  • 読み手はどんなことに悩んでいるのか
  • 読み手はどんな立場なのか

結果、文章を最後まで読んでもらえる可能性が高くなります。

どんな人に読んでほしいか

どんな人に読んでほしいか。
すべてのビジネスマンです。
なぜなら、すべてのビジネスに共通することだからです。

例えば、どんな職種でもメールを使います。報告書を書きます。ホウレンソウをします。
なのでどんな人にも役立ちます。

特に共感したところ

特に共感した点です。

文章を書く際に重要なこと。
それは「読み手のメンタルモデルに配慮する」ということです。

メンタルモデルとは心理学の用語です。
例えば、六本木に遊びに行ってる人って「遊び人」と思いませんか?
これがメンタルモデルが形成されている状態です。

メンタルモデルを文章に取り入れると、脳が理解しやすいので、理解しやすい文章になります。
つまり予想を裏切らない文章展開が理解しやすい文章を書くコツです。

実践したい内容(仕事にどう活かせるか)

読み手に負担をかけない方法は「7つ」記載されております。

文章の冒頭に重要な情報をまとめて書く

文章の冒頭には、重要な情報をまとめましょう。
なぜなら、読み手が短時間で情報を得られるからです。

こんな経験ありませんか?

お手上げ君
お手上げ君

長い文書をがんばって本を読んだのに、結局答えは見つからなかった

読み手に負担をかけてますよね。

記事の先頭で「総論」「結果」「結論」をまとめること。
そうすれば初期段階で読み手が「このまま読みすすめるべきか」判断できます。

文章はパラグラフ(文章の段落 )を使って書く

文章はパラグラフ(段落)を使って書きましょう。
1パラグラフ1トピックにしましましょう。
なぜなら、情報の整理が容易になるからです。

例えば、「美味しいお米の炊き方」というパラグラフ(段落)に、「美味しいプリンの作り方」という内容が入っていたら頭が混乱しますよね。

なので1パラグラフ1トピック必須です。

パラグラフ(段落)の冒頭に要約分を書く

パラグラフ(段落)の冒頭に要約分を書くことが重要です。
なぜならメンタルモデルが形成されるからです。

ポイントは、前のパラグラフの要約と繋がる内容で書くこと。
メンタルモデルが形成されやすいのでおすすめです。

では次の章では、メンタルモデルについて詳しく話します。

メンタルモデルについて

メンタルモデルとは〇〇です。

ポイントは1つに絞る

伝えるポイントは1つに絞りましょう。
なぜなら、読み手が混乱するからです。

例えば、

笑顔くん
笑顔くん

ポイントは10個あります!

全部覚えてください!

さきほど記載したとおり1パラグラフ1トピック必須です。

「私は水泳が得意ですが、山は坂がたくさんあるので嫌いです。」
これだと、1パラグラフ2トピックです。
意味が理解しにくいです。

「私は水泳が得意です」
「山は坂がたくさんあるので嫌いです。」

このように1パラグラフ1トピックのほうが読みやすいですよね。

書く技術・伝える技術: まとめ【要約】

本書は「書く技術、伝える技術」が向上する方法が記載されております。
また、実際のトレーニング法が記載されています。

体系的に学べる内容なので、今よりも確実にスキルが向上します。

  • セールスライティングが上達した
  • コピーライティングが上達した
  • メールのやり取りがスムーズになった

過去に私が書いた「ビジネスに役立つまとめ記事」はこちら

まとめ記事:本の要約・感想・レビュー【ビジネス】

コメント