5月キャンペーンまとめお得にダビングできるお店

ダビングしたDVDの保存期間を長くする方法【10年以上】寿命を長く

プロモーションが含まれる場合があります
ビデオテープを10年保存
  • URLをコピーしました!
質問

DVDの寿命を長くする保存方法を教えて下さい。

ダビングしたDVDが、1年で壊れたらショックですよね。でも、DVDの保存方法なんて、小学校で習いません。知らなくて当然です。

実は、DVDには正しい保存方法があり、知っているだけで、誰でも寿命を伸ばすことができます。

そこでこの記事は、DVDの寿命を伸ばす保存方法をご紹介します。この記事を読めば、40年先もダビングしたDVDを鑑賞できるでしょう。

この記事を書いている人
プロフィール
筆者のプロフィール画像
体験者:やたろう
  • 7店舗でダビング経験
  • SEO検定1級合格
  • 東証スタンダード社員
SEO検定1級
SEO検定1級
登場人物
登場人物
この記事でわかること(目次)

【まずは結論】DVDの寿命を伸ばす4つの方法

温度20℃以下、湿度40%を保つ
温度20℃以下、湿度40%を保つ

結論、温度20℃以下、湿度40%で保存することで、DVDの寿命を伸ばすことができます。

なぜなら、DVDは精密機械だからです。

例えば、湿気がディスク内部に浸透すると、データ層や反射層に損傷を与え、再生できなくなる可能性があります。

以下実践することで、適切な環境を維持できす。

  1. 高温を避ける(窓際を避ける)
  2. 湿度を避ける(炭八を置く)
  3. ケースに入れる(放置しない)
  4. DVDを立てて保管する(負担減らす)
炭八でDVDを湿度管理
炭八でDVD-Rを湿度管理

オススメは、②の炭八を使うこと。なぜなら、運用コスト0円で「温度20℃以下、湿度40%」を維持できるからです。

炭八とは、炭が詰まった枕です。

炭八のメリット・デメリット

炭八は、自信で湿度の調整します。例えばテレビの引き出しにDVDと炭八を入れておけば、適切な湿度を保ってくれます。

やたろう

炭八は、半永久的に使えるので、長期保存が可能です。

DVDの種類と耐久年数【保存期間】

DVD-Rの寿命
DVD-R一度だけ録画・記録が可能。変更・削除不可。
DVD-RW約1,000回のデータの書き込み、書き換えが可能。データの削除も可能。
DVD-RAM10万回の書き換えが可能。
DVDの種類

DVD-Rは、録画用のDVDです。一度だけ録画で編集はできない仕様です。

DVD-Rの特徴は安価であること。DVD-RAMの半額以下です。そのため、ダビング店舗でビデオテープをダビングした場合、DVD-Rで納品されることがほとんどです。

DVD-Rの寿命は、15年程度

種類温度25度/湿度80%で保存した場合
DVD-R寿命は15年程度
ビデオテープ寿命は10年程度
参照:フィージビリティスタディ 報告書

DVD-Rの寿命は15年程度です。

ただし、気温と湿度を保ち保存すれば「100年以上もつ」という研究結果も出ています。

一方、ビデオテープの寿命は10年ほど。

ビデオテープは、1990年代前後に販売しているものがほとんど。保存期限は切れてます

そのため、今すぐにDVDにしないと、一生見られなくなる可能性があります。

寿命が短くなる3つの要因【DVDの保存方法】

格安ディスク(50枚で980円)
格安ディスク(50枚で980円)

DVDの寿命が短くなる要因は3つあります

  1. 不適切な保管によるダメージ
  2. 温度、湿度ダメージ
  3. 格安ディスクの使用

順番に解説します。

不適切な保管によるダメージ

寿命が短くなる理由1つ目は「不適切な保管によるダメージ」です。

DVDにも適切な保存環境があります。例えば、DVDを観たあと、ケースに戻さず、その辺に放置してませんか?

雑に保管してませんか?
  • DVDをケースに戻すとき磁気面を触っている
  • 録画面をティッシュで拭く
  • DVDプレイヤーにDVDを入れっぱなし

DVDプレイヤーからDVDを取り出さない行為は、寿命を削る行為です。

なぜなら、起動のたびに意味もなくデータを読み込んでいるからです。

やたろう

DVDプレイヤーとDVDはヘトヘトです。

結果的に劣化が進み、読み取りができない状態になってしまいます。DVDを見た後は、めんどくさがらず、必ずケースに戻しましょう。

温度、湿度ダメージ

寿命が短くなる理由2つ目は、温度、湿度によるダメージです。

直射日光が入る部屋に、DVDを放置してませんか?

直射日光はDVDの天敵です。

なぜなら、ディスクが変形したり、盤面が焼けてデータが読み込めなくなるからです。

やたろう

車の中に放置したDVDが見れなくなるのはこのためです。

また、DVDにとって、湿度は大敵です。カビが生えて、読み取りできなくなる恐れがあります。

人間と同じく、DVDも湿度が嫌いです。湿度の低い場所に保存しましょう。

格安ディスクの使用

3つめは、格安ディスクで録画すること。

なぜなら、海外の格安ディスクは不良品が多いからです。

例えば、50枚で980円で売っているDVDは、価格競争で素材コストを減らしています。

やたろう

正しくDVDを保管しても、録画ディスクが粗悪品だったら、元も子もないです。

DVDを長期保存したいなら、品質を保証する「JISマーク」のついた、国内製品を使うことをオススメします。

「温度20℃以下、湿度40%」でDVD長期保存【まとめ】

DVDの寿命

まとめです。

DVDの寿命を長くする方法は、温度20℃以下、湿度40%で保存することです。

そのための解決策は以下4つです。

  • 高温を避ける(窓際を避ける)
  • 湿度を避ける(炭八を置く)
  • ケースに入れる(放置しない)
  • ケースに入れて立てて保管する(負担減らす)

DVDが1年で見れなくなったら、ダビング料金10,000円が無駄になります。

今から正しい保存環境にすることで、お金と時間が無駄にならないのでオススメです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)