【体験談】暑い日のランニング対策【真夏】

夏のランニング暑さが耐えられないです。

朝か夜に走ったり、帽子、水分補給もしてます。
でも今年はマスクも着用しなくてはならないし。

暑すぎて熱射病にならないか不安です。

ちょっと珍しい暑さ対策グッズ・方法があったら教えてください。

 

こんなお悩みの解決方法を、私自身の経験から紹介します。

 
この記事はこんな方にオススメです!
  • ランニング歴が1年から2年目の方
  • 暑さに弱く、特に夏の熱射病が心配
  • 一般的な暑さ対策は知ってる
 
この記事は、「ちょっと変わった」ジョギング・ランニング暑さ対策グッズを紹介します。今年始めたランニング初心者からベテランまで、意外と見落としがちな、暑さ対策を紹介します。

の記事の信頼性
・2014年から週末ランニング継続(6年)
・実体験を元にしてます
 

ランニングサンダル「ワラーチ」に変更しましょう【暑い日のランニング対策】

 

ワラーチ

ワラーチ

 

夏場にワラーチをおすすめする理由は以下です。

①夏場の地面は55度

②靴下不要

③まるごと洗える

④意外と走りやすい

順番に解説します。

夏場の地面は55度(熱をためない)

日本での夏場の屋外の路面の温度は

55度くらい」あると言われています。

シューズのもつ通気性機能とは?

靴内も熱くなりますね。

靴下不要(匂い対策)

走っている人はわかると思いますが

夏のニオイ対策で靴下履くと、まじで暑いです。

足の裏は汗腺が多く、足の裏だけから夏場は1日に

コップ1杯くらいの汗をかいているそうです。

結局、ニオイ対策にならないと思ってます。

その点、ワラーチは通気性抜群なので、汗の量も格段に減らせることができます。

まるごと洗える(1分)

ランニングシューズ、洗うとき靴紐外すので面倒くさいですよね

それに比べてワラーチは丸洗いできます。

1分で完了します。

意外と走りやすい(600km)

引用:HADATOMOHIRO

自分でも作れる(節約)

ワラーチの作り方

ワラーチの作り方 パート2

フルマラソンも走れる【暑い日のランニング対策】

「ワラーチだと足が痛くなりそう」

確かにシューズよりもクッション性は低いです。

しかしワラーチはフルマラソンも耐えます。

実際履いてみても、特に足が痛くなったりせず問題なく走れてます。

ワラーチ6時間耐久リレーマラソン大会レポート・結果報告

 

またワラーチではないですが、大河ドラマ「いだてん」

「日本マラソンの父」金栗四三は「足袋」を履いて42.195Km走た事実あります。

「日本マラソンの父」金栗四三

「日本マラソンの父」金栗四三

まとめ【暑い日のランニング対策】


私は夏場だけワラーチに変更したことでランニングの継続が今でも続いてます。
 
 
  • 夏でもランニングが楽しみになった
  • 習慣化が続く、3日坊主にならない
  • スリムマッチョになれた
 
明日から、例えばこんなことを実行してみたはいかがでしょうか。
 
  • ワラーチを買う
  • ワラーチを作る
  • 足袋を買う

明日から実行すれば、あなたの人生に必ずプラスになります。
1ヶ月後、人生が良い方向に進んでいるかもですね。

では。

 

コメント