10年で60万節約!注文住宅を建てる前に考える3つのポイント【安くする方法】

質問
質問

新築で注文住宅を建てようとしています。

でも、ローン払えるか不安です。

節約するポイント教えて下さい。

実は、注文住宅は、計画次第で100万以上節約できます。

なぜなら、ムダな設備投資に気づいていない人が多いから。

ムダな設備は、30年先もムダな固定費を発生させます。

そこで、この記事では、家を建ててから発生する「固定費」と「節約する3つのポイント」をお伝えします。

二世帯住宅を建築中の私の経験と、動画を参考にお伝えします。

この記事を読むと、ムダな固定費を発生させない設備投資がわかります。

結果、ローン返済が計画度通りに進むでしょう。

この記事でわかること
  • 無駄な住宅費用を抑える方法
  • ローン返済のオススメ
  • 失敗を防ぐ家づくり

の記事の信頼性
・HAPINICE代表 林拓未さんの動画を参考にしてます

この記事を書いた人

筆者
筆者

東証一部上場、Webコンサル会社に勤務中。ヘーベルハウスで2世帯住宅を建てるため、ハウスメーカーと打ち合わせの日々です。

スポンサーリンク

固定費を抑える設計【10年で60万節約!建てる前に考える3つのポイント】

注文住宅の節約ポイント。

結論、固定費を抑える設計をすることです。

なぜなら、固定費は30年先も家計を圧迫するからです。

参照:https://ecosuma-kitakyu.com/blog

家を建ててから発生する固定費。

きちんと把握してますか?

家のコストは、家を建てる費用だけではなく、建ててから発生するコストも考えるべきです。

なぜなら、ローン返済を圧迫するからです。

お手上げ(左)

せっかく余裕があるローン組にしたのに、毎月の返済が苦しい!

こうならないよう、設計段階で対策をしましょう。

だって、毎月の固定費を5,000円減らせたら、1年で60,000円の節約ですよ?

10年で60万円です。

節約するポイントは以下3つ。

  1. ランニングコストを考えた設備設計
  2. 固定資産税を考えた土地購入
  3. メンテナンスコストを考えた材質を選定

順番に解説します。

ランニングコストを考えた設備設計

ランニングコストとは、生活すると発生する費用です。

光熱費、空調管理、清浄器、換気システムのフィルター交換費用、などがあります。

筆者

床暖房って暖かいよね!
絶対設置したい!

ノリでつけた設備。

住み始めた当初は良くても、家を建ててから後悔するケースが多いです。

なぜなら、ランニングコストで返済ローンを圧迫するから。

例えば、床暖房。

毎月1,000円発生すると仮定します。

年間だと12,000円の出費です。

私の実家は、床暖房をつけてます。

電気代が結構かかります。

床は温かいけど、空気は冷たい…

石油ヒーターのほうが温かいっす…

固定資産税を考えた土地購入

固定資産税とは、毎年1月1日時点で持っている、建物や土地に対してかかる税金です。

建物や土地の大きさに比例して増加します。

わたしの実家は、年間30万ほど払っています。

年間30万だと、10年で300万です。

だから、必要以上に広い土地は不要だと考えてます。

年間20万になるだけで、ローン返済が楽になります。

メンテナンスコストを考えた素材を選定

メンテナンスコストを考えた素材を選定しましょう。

素材の選び方1つで、年間300万以上節約できることもあります。

わたしの実家は、築年数15年。
ガタがでてきます。

UVで外壁が剥がれたり、窓が結露したりしてます。

当然、修理業者を呼ぶのですが、その際に発生する修理費は数百万です。

ハウスメーカーの担当者と相談し、メンテナンスが極力かからない素材で家づくりしましょう。

まとめ【注文住宅を建てる前に考える3つのポイント】

記事のまとめです。

注文住宅の節約ポイント。

結論、固定費を抑える設計をすることです。

なぜなら、光熱費やメンテナンス費用などの固定費は、10年後家計を圧迫するからです。

固定費は、経費としてカウントしましょう。

メリット・デメリットを把握し「30年先も必要な設備か?」吟味しましょう。

ハウスメーカーの営業マンを頼りましょう。

家を建ててから発生する固定費を節約する3つのポイントです。

  1. ランニングコストを考えた設備設計
  2. 固定資産税を考えた土地購入
  3. メンテナンスコストを考えた材質を選定

固定費は、家計を地味に圧迫します。

だからこそ、設計段階から手間とコストが発生しない設計をするべきです。

ランニングコストの削減ポイントはたった1つです。

それは、メリット・デメリットを明確に理解してから、オプション設置することです。

1,000円でも節約できるよう、設計段階から考えてみることをオススメします。

  • 年間で10万円節約できた!
  • ローンの返済が楽になった!
  • 家を建ててから後悔しない
 

失敗しない家づくり

ブログで伝えている通り、失敗しない家づくりは、営業担当で決まります。

なぜなら、営業担当の提案次第で、設備が違ってくるから

なので、時間が許す限り、「比較検討」を強くお勧めします。

お手上げ君
お手上げ君

でも、平日は仕事だし、休日は休みたい!
家は欲しいけど、時間がない!

どうしたらいいの、、、

こんな方は、タウンライフの無料相談がオススメ。

Web上で申し込むだけ。

家から出ずに、大手ハウスメーカーから提案を貰えます。

実際、使ってみて感じたメリットはこちら。

  • 電車賃の節約
  • 時間の節約
  • 家にいながら知識が増える

タウンライフ家づくり計画って怪しい?実際に申し込んでみた感想【土地探し】

もちろん見積もりだけで、キャンセルも可能です。

情報集めだけで使うのもOK!

家づくりで腰が重くなっている人へ。

まずは無料相談から初めてみませんか?

運営会社タウンライフ株式会社タウンライフ株式会社タウンライフ株式会社
設立2003年2003年2003年
不安解消二世帯住宅プラン間取りプラン
大手ハウスメーカー紹介
完全同居型プラン日当りのよい間取り予算に応じた店舗紹介
部分共有型プラン ペットに優しい間取り 地震に強い
完全分離型プラン 将来子供部屋欲しい ペットハウスメーカー
総費用 介護を見据えた間取り耐熱
土地 2階足音対策の間取りZEH住宅特集
税金 最適な水回り設計 メンテナンス不要の家づくり
提案納期翌日(実体験)翌々日(実体験)翌日(実体験)
対応範囲全国全国全国
リンク先二世帯住宅特集間取り特集ハウスメーカー特集

コメント