2世帯住宅:家を建てる前に押さえておく「3つ」の注意点

 

質問者
質問者

妻の両親と2世帯住宅を建てます。

「完全分離の2世帯住宅」を建てる場合の注意点を教えて下さい。

初経験なので、先が見えず不安です。

筆者
筆者

2世帯住宅は、文字通り2世帯が一居住する前提なので、注意することが多いんですよね。特に注意すべき点は「間取り」「資金」「土地」です。

※この記事は5分で読めます※

この記事はこんなお悩みを改善します!
  • 2世帯住宅を建てる際の注意点ってなに?
  • 2世帯住宅を建てたい。でも何から始めたらいいの?
  • 忙しくて時間が取れない!
この記事は、無知から2世帯住宅を建てている私が、どんなことの注意してハウスメーカーとの打ち合わせを進めたか、記載されてます。
の記事の信頼性
・知識ゼロから、2世帯住宅を建築中です
・HAPINICE代表 林拓未さんの動画を参考にしてます

2世帯住宅の注意点:「間取」「総費用」「土地」の計画を入念にすること

2世帯住宅

結論から申し上げます。
2世帯住宅の注意点は「間取」「総費用」「土地」です。
なぜなら、この3大要素は「不動産」だからです。

不動産とは、土地やそれに定着する建物を示します。
安易(あんい)に、その所在を変えることが出来ないもの、と定義されております。

つまり、3大要素をしっかり決めておかないと、のちのち後悔や悩む可能性が高いです。

お手上げ(左)

2階の足音がうるさいなあ…

増税でローン返済がきつい…

日あたりがよくないなあ…

2世帯住宅の建設は、人生に1度の大きな買い物です。
後悔しても、安易に引っ越したり、間取りを変えたり、できません。
なぜなら、膨大な費用が発生するからです。

なので、まずは3大要素をしっかり対策しましょ!

2世帯住宅の注意点:「間取」「総費用」「土地」の詳細

二世帯住宅建てる際の注意点。
それは「間取」「総費用」「土地」です。

私はヘーベルハウスで2世帯住宅を建てます。
営業担当に、注意するポイントを聞きました。
【手順4】2世帯住宅の始め方:失敗しないハウスメーカー選び

間取り

1つめの注意点は、間取り設計です。
なぜなら、二世帯住宅は、簡単に設備変更ができないからです。

例えば「トイレ流し音」がうるさかった時、想像してみてください。
トイレは24時間使います。使うたびに水音が発生します。しかも、一生続きます。
家族といえど、さすがにストレスたまってケンカのもとになります。

また、介護を見据えた間取り設計は重要です。
なぜなら両親は必ず老いるからです。2世帯住宅=介護です。
段差が多い家、引き戸が多い家は、設計時点で避けましょう。

そして、設備を途中で変更するのは、不可能ですよね
なぜなら、ハイコストだからです。

そのほかにも、足音、光熱費、介護問題など、2世帯住宅特有のトラブルは数多くあります。
営業担当に、よくあるトラブルを聞いて、のちのち後悔しないよう対策してもらいましょう。

総費用を把握

2つめの注意点は、家を建てる総費用を事前に把握することです。
坪単価だけでは、家は建てられません。
本体工事費以外の諸費用を含めた費用、を計算する必要があります。

また、ローン返済も余裕を持った計画にしましょう。
ボーナス支払いや昇給が見込めるからと、毎月ぎりぎりの返済計画をしてしまうと、苦しむことになります。

今は、コロナ不景気で、いつ自分の会社が倒産するかわかりません。
ボーナスカットや増税は日常的に発生すると予想できます。

なので、定年までに無理なく払える金額を決めておくこと。

一般的には「年収の5倍以内」にするのが望ましいとされています。
たとえば、年収500万円であれば2,500万円以内のローンを組むといった具合です。

ボーナスカットでローンの支払いがきつい!

こんな悩みを事前に防ぐことができます。
現実的範囲で、理想的な家をシュミレーションしましょう。

土地

3つめの注意点は、土地選びです。
土地選びのコツは、ハウスメーカーの営業担当(不動産担当)と一緒に探すことです。
なぜなら、土地専用業者は建物には興味がないからです。

土地販売業者は、土地さえ売れれば良いのです。
家のことまで考えてないです。

その点、ハウスメーカーの営業担当者は、家を基準におすすめな土地を提案してくれます。

怒り(左)

土地を買ったのに、設計通り建てられないだとっ!!

土地だけ買って家は建てられない、、なんて最悪のケースを防ぐことができます。
土地を探した時間・建物設計の時間が無駄となってしまいます。

土地は必ずハウスメーカーの担当者と不動産業者と土地を探してください。

2世帯住宅の注意点:時間がない人へ

怒り(左)
怒り(左)

サラリーマンだから土日しか時間がねえ!
住宅展示場に行くのもメンドクセ!

そうなんですよね。
主婦、サラリーマンには時間がないのです。

平日は家事・育児。
お父さんは、土日に活動しなきゃなりません。

私の経験だと、何が起きたでしょうか。

それはケンカです。
家族、妻との意見違いで、何回もケンカしました。
ストレスMAXです、、

そんな自体を事前に回避する方法が1つあります。
それは「town life 家づくり 2世帯住宅専用プラン」の無料相談です。

タウンライフ無料相談

「town life 家づくり 2世帯住宅専用プラン」は、Webから簡単に、理想を叶えるハウスメーカーを探すことができます。
なぜなら、複数のハウスメーカーから、あなたの理想に会った「間取り・資金計画・土地」の提案を、受けることができるからです。

特徴は以下3つです。

  • Webで完結すること
  • すべてが無料で使えること
  • ハウスメーカー側から2世帯住宅専用プランもらえること

複数のハウスメーカー側から提案をもらえることが最大の強みです。
ハウスメーカーに依頼する手間もないです

私は週末を使って、理想を叶えるハウスメーカーを調査してました。
複数ハウスメーカー側から、一括提案をもらえるのであれば、こちらは選ぶだけです。
週末の時間を短縮できましたね。。ケンカにもならなかったはずです。

そんな痛い経験をしたので、特に忙しいサラリーマンの方に強くオススメします。
無料お見積りはこちら

2世帯住宅の注意点:まとめ

2世帯住宅の注意点

まとめです。

理想の家を建てる第一歩。
それは「間取り」「生涯で支払える金額」「土地」を決めることです。
なぜなら3大要素は「不動産」だからです。

2世帯住宅を建てた8割の人が、後悔しているそうです。

2世帯住宅人生で一度きりの買い物です。
1度、建築してしまったら、修正に数百万お金がかかります。

3大要素の計画をしっかり固めることで、後悔しない家づくりができ、こんな未来が想定できます。

  • 忙しくても家づくりが進められる
  • 家族の希望にあったハウスメーカーを選べる
  • 50年後も後悔しない家づくり

無料相談がおススメ(タイプ別)

失敗しない家づくりは、ハウスメーカーで決まります。
なので「ハウスメーカーの比較検討」を強くお勧めします。

お手上げ君
お手上げ君

サラリーマンだから時間がない!
家は欲しいけど、めんどくさい!

ローン返済できるか不安!

こんな方は、タウンライフのWeb無料相談がオススメです。
タウンライフ家づくり計画って怪しい?実際に申し込んでみた感想【土地探し】

実際使ってみて感じたメリットです。

  • 時間の節約ができるので、サラリーマンにオススメ
  • 家づくりの知識が増えるので、家づくりが楽しくなる
  • 多く比較検討ができるので、無駄な設備コストが発生しない

見積だけで、キャンセルも可能です。
安心な家づくりをして、50年先も家族を守りたい人、以下リンクからどうぞ♪

社名

タウンライフ
2世帯住宅

タウンライフ
間取りプラン

タウンライフ
大手ハウスメーカー選び

 

費用

無料

無料無料
内容

2世帯住宅の提案・一括見積り
【間取り・費用・土地探し】

間取りプランの提案・一括見積り
【間取り・費用・土地探し】
大手ハウスメーカーの提案・一括見積り
【間取り・費用・土地探し】
どんな人向け?損しない税金対策を知りたい!
なかなか時間が取れないから手伝って!
2世帯住宅ノウハウを教えて!

間取りの理想、再現性あるの?
子供部屋、介護部屋など作りたい!
将来、リフォームしない間取りにしたい!

ハウスメーカー多すぎてしんどい!
注文住宅で失敗するのだけは嫌だ!

ある程度プロにおまかせしたい!
URL無料お見積りはこちら無料お見積りはこちら無料お見積りはこちら

コメント