二世帯住宅の新築を建てるにはいくら必要?予算の決め方と内訳【贈与税】

質問
質問

二世帯住宅ってだいたいどのくらいかかりますか?

将来、完全分離型の二帯住宅を買いたいと考えています。

だいたいの価格でかまいません。

結論、二世帯住宅の新築費用は、ピンきりです。

なぜなら、内装、設備によって価格が変動するから。

シンプルな家なら、1000万ほどでも建設可能です。

ただし、一生に一度の家づくりです。

ケチると、数年後、メンテナンス費が数百万発生するケースもあります。

そこでこの記事は、書籍「日本一わかりやすい注文住宅の選び方がわかる本」の「予算編」を参考に、失敗しない予算の決め方と内訳をお伝えします。

無理をせず家を建てるための限界予算がわかります。

後悔しない家づくりのお力になれば嬉しいです!

この記事はこんな人向けです
  • 家のローンってどうやって決める?
  • 家を建てたい、まず何をするの?
  • 後悔しない二世帯住宅を建てたい

この記事を書いた人

筆者
筆者

東証一部上場、Webコンサル会社に勤務中。二世帯住宅の新築を建設中。婿入りマスオさんのわたしが、経験したことをもとに記載します。

「日本一わかりやすい注文住宅の選び方が分かる本」

注文住宅購入完全ガイド【二世帯住宅の新築を建てるにはいくら必要?】

本書は注文住宅を購入する手順を、STEP1~STEP8で解説していきます。

  • STEP1:予算編
  • STEP2:情報収集編
  • STEP3:土地・環境選び編
  • STEP4:施工会社・ハウスメーカー編
  • STEP5:契約編
  • STEP6:住宅ローン編
  • STEP7:引き渡し・入居編
  • STEP8:購入後手続き編

各STEPを実施することで「30年後も後悔しない最良の物件」を手に入れることが可能です。

予算の決め方:自分が払える金額を決める【STEP1:予算編】

結論、予算は自分の払える金額を計算することから始めましょう。

余裕を持って返せる金額にすることがポイント

計算式はこちら!

払える額=借入金(住宅ローン)+自己資金(貯金や両親補助)

この合計が払える金額(借入額)目安です。

予算設定のポイント【予算の決め方と内訳】

予算設定のポイントは3つあります。

  1. 借りられる上限を見極める
  2. 親からの支援は「贈与税」で非課税になる
  3. 現実的な金額を見定める

順番に解説します。

借りられる上限を見極める(シュミレーション)

まず、シュミレーションを実施して、上限を見極めましょう。

無理のない借入をすることが大切です。

なぜなら、返済ができなくなるからです。

70歳でも毎月20万返済

こんな不幸をシュミレーションで回避できます。

借りられる上限を知ることが重要です。

以下方法でシュミレーション可能です。

①65歳(定年)ー現在の年齢=返済上限年数
②年収×25%(理想)=年間返済額
老後を楽しくするために、一度でいいのでシュミレーションしましょう。

親からの支援は「贈与税」で非課税になる

親からの支援は「贈与税」で非課税になります。

なので「相続」で借りるのはなく「贈与」にしましょう。

両親や祖父母から「住宅取得等資金」として援助を受け、住居用にした場合一定額までその贈与税は非課税になります。

現実的な金額を見定める

現実的な金額を見定めましょう。

重要なのは「無理しない返済」です。

理想の家にしたいから、無理をしてでも頑張りたい!

この考えは、NGです。

なぜなら返済できないと、物件を手放すことになるからです。

住宅ローン+諸費用で約250万必要【贈与税:予算の決め方と内訳】

住宅ローンで気をつけることは諸費用です。

諸費用とは、ローンを組む際の税金です。

  • 司法報酬
  • 固定資産税
  • 登録免許税
  • 融資手数料
  • ローン保証料
  • 不動産取得税
  • 火災保険料
  • 団体信用生命保険

固定資産税評価額において、土地1,500万円・建物500万の場合でも、150万から250万かかります。

ローンを組むときは300万ほど出費が増えると覚えておきましょう。

ローン以外に考慮すべき費用

ローン以外に考慮すべき費用は「修繕費」と「固定資産税」です。

修繕費は20年で300万前後かかります。

固定資産税は20年で200万前後かかります。

※物件価格3,000万の場合

家は、10年に1度は大きなメンテナンスが必要です。

修繕費は必ず発生します。

なぜなら、形あるものは壊れるからです。

なので、事前に見積もっておき、積立貯金をすることが大切です。

固定資産税は、土地割合が大きいです。

例えば、都会に住んでいて、オリンピックで土地の値段が上がった場合

固定資産税が上昇する場合があります。

まとめ【二世帯住宅の新築を建てるにはいくら必要?予算の決め方と内訳】

記事のまとめです。

ローン計画は無理せず余裕を持って、若いうちに進めることが重要です。

借りられる額より返せる額を計算することが大切です。

明日から記事のアクションプランを実践することで、こんな未来が想定されます。

想像してみてください!

  • 老後に返済がなくなり楽に暮らせる
  • ローンによるストレスが減る
  • 子どもに資産を残せる

まずは、生涯家にいくら払えるのか、計算してはいかがでしょうか。

「日本一わかりやすい注文住宅の選び方が分かる本」

無料相談がおススメ(タイプ別)

失敗しない家づくりは、ハウスメーカーで決まります。
なので「ハウスメーカーの比較検討」を強くお勧めします。

お手上げ君
お手上げ君

サラリーマンだから時間がない!
家は欲しいけど、めんどくさい!

ローン返済できるか不安!

こんな方は、タウンライフのWeb無料相談がオススメです。
タウンライフ家づくり計画って怪しい?実際に申し込んでみた感想【土地探し】

実際使ってみて感じたメリットです。

  • 時間の節約ができるので、サラリーマンにオススメ
  • 家づくりの知識が増えるので、家づくりが楽しくなる
  • 多く比較検討ができるので、無駄な設備コストが発生しない

見積だけで、キャンセルも可能です。
安心な家づくりをして、50年先も家族を守りたい人、以下リンクからどうぞ♪

タウンライフ(無料相談)がおススメ

怒り(左)
怒り(左)

サラリーマンだから土日しか時間がねえ!
住宅展示場に行くのもメンドクセ!

そうなんですよね。
主婦、サラリーマンには時間がないです。

平日は仕事・家事・育児。
土日は家づくり。

どこにも遊びに行けず、疲れが取れません。

そのうち何が起きるでしょうか?
夫婦ケンカです。

妻と意見違いで、何回もケンカしました。
ストレスMAXです、、

そんな事態を回避する方法があります。

それはタウンライフ無料相談です。
タウンライフ家づくり計画って怪しい?実際に申し込んでみた感想【土地探し】

家から出ずに、大手ハウスメーカーから無料で最適プランを貰えます。

実際、使ってみて感じたメリットはこちら。

  • 電車賃、ガソリン代の節約!
  • 移動する2時間が0時間に!
  • 家にいながらハウスメーカー比較検討ができる!

タウンライフ見積もりだけで、キャンセルも可能です。
情報集めだけで使うのもOK!

ケンカにもならないはずです。

まずは無料相談からどうぞ!

 

内容

2世帯住宅の提案・一括見積り

間取りプランの提案・一括見積り
大手ハウスメーカーの提案・一括見積り
こんなお悩み解決します2世帯住宅の税金対策が知りたい!
ペットが快適に過ごせる2世帯住宅
両親の介護に適した設計が知りたい!

理想の間取り、作れるかな?
子供部屋、介護部屋など作りたい!
メンテナンス不要の家にしたい!

ハウスメーカーどこがいいの?
なるべくコストを節約したい!

ある程度プロにおまかせしたい!
URL無料お見積りはこちら無料お見積りはこちら無料お見積りはこちら

コメント