家を建てたい:家づくりで失敗しないための5つの手順【実体験】

後悔しない注文住宅

質問者
質問者

妻が「マイホームがほしい」と言ってきます。

40代目前、そろそろローン組めなくなるので、注文住宅でマイホーム建てたいです。
でも、まったく知識がありません。何から始めたら良いでしょう?時間もないので、最短で進めたいです。

困っている人
困っている人

マイホーム建築って、なにをすれば完成するのか想像もつかないですね。賃貸なら、借りるだけだけど。経験者に聴くのが1番かな?

筆者
筆者

マイホームが欲しいけど、まず何をしたら良いの?…

そのお悩み、5ステップで解決できます。

※この記事は5分で読めます※

この記事はこんなお悩みを改善します!
  • 2年以内にマイホームを建てる方法
  • まず何をしたらいいの?がわかる
  • 仕事が忙しく、なかなか行動できない
この記事は、知識ゼロから二世帯住宅を建てる方法が記載された記事です。

の記事の信頼性
・わたしは知識ゼロから、2世帯住宅を建築してます
・ハウスメーカーさんと家造り中です
・HAPINICE代表 林拓未さんの動画を参考にしてます

・書籍「日本一わかりやすい注文住宅の選び方」を参考にしております

家を建てたい、何から始める?:5ステップを抑える

後悔しない注文住宅

結論から申し上げます。
以下5ステップで進めましょう。

  1. 自分たちが家に何を望んでいるか定義する
  2. 予算を決める
  3. 本で勉強する
  4. 疑問をメモる
  5. 展示場にいく

この手順は、本、動画、対面で得た知識をまとめた手順です。
私たち夫婦は、展示場に4回通い、8社のハウスメーカーと打ち合わせしました。

わたしは、マイホーム建築の知識がなかったので、手探りで進めました。
今は「この手順で進めれば効率よかった」と思ってます。

早速、詳細を見ていきましょう。

家に何を望んでいるか定義する

1番目に考えることは、自分たちが「家に何を望んでいるか」定義することです。
なぜなら、満足度=家族の望み だからです。

例えば、マイホーム建築後、奥さんが満足していても、子供が文句ばっかり言っていたらあなたも不満に思うでしょう。

怒り(左)
あなた

文句は、家を建てる前に言ってよ!!
もう変更できないよ!

マイホームの満足を左右するのは、家族全員の気持ちです。
建ててから後悔しては遅いのです。
なぜなら、家の改善には大金が必要だからです。

なにをもって家族は満足するのか。
そのためには、どんな設備、どんな環境が必要か。
まず、自分たちの価値観を出し合い、価値観を実現できそうな会社を選ぶことが大切です。

まだ、価値観が決まってないなら、何でも良いので3つ出しましょう。

例えば、以下のように自分が家に望むことを出します。

  • お風呂の大きさ
  • 外観デザイン
  • 広い屋上

とはいえ、始めはまとまらないと思います。
なので、勉強しながら得た知識で、優先項目を増やしてください。

予算を決める

2番目に考えることは、上限予算を決めることです。
なぜなら、生涯で支払える金額を決めないと、的外れ(マトハズレ)な未来しか想像できないからです。

3,000万しか払える見込みがないのに、1億円の家を想像することはできません。
営業担当も、困ってしまいます。

せっかく忙しい休日に足を運んでいるのに
営業担当から断られてしまいます。

なので、定年までに払える金額を決めておくこと。
できれば計算しましょう。

一般的には「年収の5倍以内」にするのが望ましいとされています。
たとえば、年収400万円であれば2,400万円以内のローンを組むといった具合です。

急な入院でお金なくなっちゃった!

ローンの支払いどうしよう!

年収の5倍以内、であれば家計を圧迫対策が可能です。
現実的範囲で、理想的な家をシュミレーションしましょう。

本で勉強する

3番目に考えることは、本で勉強することです。
なぜなら、知識がないと、理想の住まいは建てられないからです。

例えば、小学生が、少子化対策の対策アイデアを出すことができますか?
知識がないと、理想実現アイデアが出ないし、質問すらできないです。

質問できないと、営業担当さんに任せきりになります。
それでは満足するマイホームは建てられません。
なぜなら、建てた後、後悔するからです。

話変わります。
この本がわかりやすかったです。

「日本一わかりやすい注文住宅の選び方が分かる本」

注文住宅の選び方が分かる本

注文住宅の選び方が分かる本

わたしも、2世帯住宅を建てる方法、まったく知りませんでした。
たまたま本屋で見つけた本書。

注文住宅住宅系の本って、ゴチャゴチャしててわかりにくいです。
情報量が多いので。

その点、本書は漫画をつかったり、図解も多いです。
シンプルでわかりやすいです。

本書は注文住宅を購入する手順を、STEP0~STEP8で解説していきます。
各STEPを実施することで「30年後も後悔しないマイホーム」が手に入ります。

疑問をメモる

4番目は、本を読んだあと、疑問をメモすることです。
なぜなら、メモした質問を営業担当さんに質問出来るからです。
さらに、営業担当さんのモチベーションをアップさせることも可能です。

営業担当さん、実際に言ってました。

お手上げ(左)
営業担当

正直、注文住宅に興味がないお客さんが多すぎです。

良い家を作りたいから、もっと質問して家づくりに興味を持ってほしい。

わたしたちも、一緒に作りたい気持ちが高まります。
モチベーションもあがります!

さらに、自発的に考えた疑問は、質問して解決することで、知識に変わります。

私は、「固定金利、変動金利」について質問をしました。
ネットでは調べられないことを教えてもらいました。
相手も嬉しそうでしたし、知識となりましたし、とっても勉強になりました。

本だけではなく、YouTubeや口コミを見て、疑問に感じたことはメモしましょう。

展示場(ハウスメーカー)へ

最後は、実際に展示場(ハウスメーカー)へ足を運ぶことです。
時間が許す限り、ハウスメーカーを比較検討しましょう。
なぜなら、比較検討しないと、本当の会社の良さがわからないから、です。

例えば、リニアモーターカーの存在を知らない人は
新幹線が世界でもっとも早い電車だ、と思うでしょう。

わたしも8社のハウスメーカーと打ち合わせしました。
わかったことは、ハウスメーカーには得意不得意があります。

「自分たちが家に何を望んでいるか」
理想にマッチするハウスメーカーを厳選し、打ち合わせしましょう。
厳選したうえで、比較検討することで、理想的な家が実現できるのではないでしょうか?

家を建てたい、何から始める?:時間が足りない

怒り(左)
怒り(左)

土日は時間がねえ!
本読むの疲れるし、情報を集めるのもめんどくせ!

そうなんですよね。
サラリーマンには時間がないのです。
土日に活動するしか有りませんし。

実際、家族とケンカが多くなります。
私も、意見違いで、何回もケンカしました。

だからこそ、お互いの理想を、1番目に決めることが重要です。
そうすれば、意見違いも最小限になり、余計な時間とストレスを使うこともありません。

参考までに、私達夫婦が、最終的にハウスメーカーを決定した際に、重視した点を記載します。

建物金額

坪単価60万~80万のハウスメーカー

断熱性

保温性が高い材料を使い、光熱費を抑えられるハウスメーカー

耐久性

20年はメンテナンス不要、または保証があるハウスメーカー

耐震性

家族が安心して暮らせる強度

デザイン

和モダンに強いハウスメーカー

会社の財務体質

30年後も潰れない体力のあるハウスメーカー
※動画では「売上÷社員=生産性」として計算することをおすすめしてます
※社員1人あたりの、年間生産性が5,000万以上の会社が理想です。
※大手ハウスメーカーでも潰れる時代です

担当営業

営業担当は、本当に重要です。
なぜなら、船の舵取りだからです。
いくら良い船でも、舵取りテクニックがないと、良い航海はできません。

  • 価値観が合うか
  • 自分の暮らしを一番に考え提案してくれているか
  • 営業担当と、半年楽しく、家造りができそうか

家を建てたい、何から始める?:まとめ

後悔しない注文住宅:何から始める?

記事のまとめです。

質問者
質問者

後悔しない注文住宅を建てたい!
何から始めたらいいの?

こんな疑問をお持ちの方は、以下ステップで進めて行きましょう。

  1. 自分たちが家に何を望んでいるか定義する
  2. 予算を決める
  3. 本で勉強する
  4. 疑問をメモる
  5. 展示場にいく

ポイントは「自分たちが家に何を望んでいるか定義する」ことです。
また、個人的には、営業担当が重要です。

注文住宅を建てた8割の人が、後悔しているそうです
※動画参照

注文住宅は人生で一度きりの買い物です。
1度、建築してしまったら、数百万お金がかかります。

わたしも、まだハウスメーカーが決まっただけです。
後悔しない、理想のマイホームを実現できるよう、頑張ってます。

明日からアクションプランを実践することで、こんな未来が想定されます。
想像してみてください!

  • 事前に水回り対策→トラブルなし→ストレスなし→余計な出費なし→返済余裕
  • 事前に断熱、空調強化→夏涼しく冬温かい→光熱費、月5,000円節約!
  • 事前に小部屋設計→子供産まれる→低価格で子供部屋が作れる→急な出費を防げる!

まず簡単な「本の購入」「注文住宅建設までの無料相談」から初めてみてはいかがでしょうか。

わかりやすい注文住宅の選び方が分かる本

ご購入はこちら

注文住宅の過去ブログ

注文住宅の無料相談は以下がオススメです。

項目/社名株式会社セレス

タウンライフ

タウンライフ

費用すべて無料

すべて無料

すべて無料
サイト目的カタログの一括請求

2世帯住宅専用提案

アドバイザー相談
具体的に
何をしてくれる?
ハウスメーカーの
最新資料の一括請求

間取りプランの提案
注文住宅費用の提案
土地探しの提案

プロからのアドバイス
最適プラン提案
ハウスメーカーの紹介
スケジュール調整
中立的なアドバイス

どんな人向け?

一度の入力で複数の
ハウスメーカーを選びたい

注文住宅知識が全くない
プロにおまかせしたい
注文住宅知識が全くない
プロにおまかせしたい
土地探しハウスメーカーによるありあり
展示会の申込み直接申し込む必要記載なしアドバイザー申込み
キャンペーンなしなしお祝い金10万円プレゼント
URL持ち家計画2世帯住宅専用プランお見積り(すべて無料)タウンライフ

 

コメント