ランニング習慣化:初心者が注意する1つのこと【7年ランナー】

質問
質問

ダイエットのために、ランニング始めました。

ランニングを継続したいので、初心者が注意すべきこと教えて。

ランニングは継続することで、お金では変えない価値が手に入ります。

例えば、太りにくい体質、オシャレが楽しめる、成人病になりにくい、、、などメリットしかないです。

だからこそ、ずっと継続したいって思いますよね。

この記事は、7年ランナーの私が、ランニングを初めた頃に失敗したことをお伝えします。

  • 足の故障
  • 走りすぎてダウン
  • 熱中症

7年ランナー:夏のランニング対策【バテる・しんどい】
ランニング:足首の痛みが治らないなら「白線の上を走る」【フォーム見直し】

過去、記事に記載しているので、今回は貧血をテーマに記載します。

この記事は、ランニング初心者が注意することをお伝えします。テーマは貧血です。
この記事はこんな方にオススメです!
  • 走っているとクラクラすることがある
  • ダイエットでガッツリ走っている
  • ランニングを習慣化したい

の記事の信頼性
ランニング歴7年です。過去複数、ランニング記事をアップしています。
【無理なく!5か月14キロ減量】ランニングダイエットで気をつける3ルール

この記事を書いた人

筆者
筆者

東証一部上場、Webコンサル会社に勤務中。ランニング歴は2014年から、ランニング継続してます。

鉄分を取ること【ランニング初心者が注意すること】

うーん君
うーん君

ランニング初心者が注意すること教えてください。

結論、鉄分を多めに摂取することです。

なぜなら、スポーツ性貧血になるからです。

2020年3月から、在宅ワークになりました。

運動不足の不安から、ランニング回数を週6回に増加。

結果、2021年の健康診断で貧血と診断されました。

健康診断で貧血判定

ランニングは、水分と共に鉄分が排出されます。

また、徒歩より足裏衝撃が強いため、赤血球が破壊されます。

結果、血液中のヘモグロビンが減少します。

筋肉組織の損傷により、ミオグロビン(鉄たんぱく質)が減ったりすることも貧血の一因といわれています。

<ランナーのお悩み解決>ランナーに大切な「鉄」について考える

鉄の1日の推奨量は成人男性7.5ミリグラム、成人女性10.5ミリグラムです。

健康診断から3ヶ月後、再度血液審査したところ、正常値にもどりました。

どのように改善したか、3つの方法お伝えします。

鉄分を増やす3つの方法【ランニング初心者が注意すること】

うーん君
うーん君

1日の推奨量は成人男性7.5ミリグラム、成人女性10.5ミリグラムなんだね。

でも、一人暮らしなんで、鉄分とりずらい。手軽に取る方法あるの?

私は、この方法でスポーツ性の貧血を改善しました。

  1. サプリメント
  2. 鉄フライパンを使う
  3. お茶とコーヒーを控える

順番に解説します。

サプリメント

サプリメント

1つ目は、サプリメントを利用することです。

理由は、一人暮らしでも手軽に取れるからです。

仕事柄、外食が多いので、毎日飲むようにしました。

鉄フライパンを使う

2つ目は、鉄フライパンを使うこと。

我が家の鉄フライパン

理由は、鉄分も取れるし、料理も美味しくなるから。

貧血気味の人は鉄のフライパンで料理をして鉄分摂取を

例えば、目玉焼きを鉄フライパンで調理した場合。
普通のフライパンで調理するよりも、約2mgも多く鉄分が含まれます。

それに、料理が格段に美味しくなる!!
なぜなら、熱伝導が高いから!

例えば、肉料理は「外はカリッと、中はふわっと」を実現します。

使うだけで料理が美味しくなる!!鉄製フライパンの魅力!

おまけに、フライパンに材料のカスがこびりつきません。

洗う手間も省ける、魔法の道具なのです。

お茶とコーヒーを控える

インスタントコーヒー

3つ目は、コーヒーを控えました。
鉄を取るのではなく、体内から鉄分を逃さない選択です。

コーヒー、カフェインには鉄の吸収を阻害する作用があります。

コーヒー・カフェインのデメリット

まとめ【ランニング初心者が注意すること】

まとめです。

ランニング初心者が注意することは、鉄分を多めに摂取すること、です。

なぜなら、スポーツ性貧血になってしまうからです。

貧血を克服したことで、私の人生は変化しました。
長年続いた肩こりが緩和された!
ランニング習慣化できてダイエット14キロ成功!
ランニングで息切れなくなった!

私はランニング中、何度かフラフラして走れなくなりました。

今思えば、鉄分不足から起きていたと考えています。

あの時、道で倒れていたら。
入院していたかもしれません。

そうなれば、ダイエットも中断。
入院費用も数万円になっていたでしょう。

そう考えると、、恐ろしいほどのお金と時間、労力が無駄になります。

普段から、鉄フライパンで、鉄分を取るようにしていたら、長い間ランニングが続けられます。

つまり、時間とお金と労力の節約ができるのです。

「鉄フライパン」の購入はこちらから

過去に私が書いた「ランニング記事」はこちら

まとめ記事:ランニング

コメント