【感想】雨でもOK!長持ちするランニングシューズ【買替え】

adidasCountry

adidasCountry

ランニングシューズってすぐにダメになります。

雨が降るとすぐに汚くなるし。つま先も破れてしまいます。

お金かかるから、長持ちするランニングシューズ欲しいです。

今回はこんなお悩みを解決します。

この記事はこんな方にオススメです!
  • 雨でもランニングしたい
  • ランニングシューズにお金をかけたくない
  • ソールが減りにくく破れないランニングシューズ

 

この記事の信頼性
2014年からランニングを毎週継続しています。
1年平均1,000km走ってます。※毎週20キロから30キロ走ってる計算
今年はコロナの影響で週6日はランニングしてるほど、ランニング馬鹿です。
この記事は、【コスパ最高】おすすめランニングシューズをお伝えいたします。

アディダスカントリーが最強【雨でもOK!長持ちするランニングシューズ】

結論、カントリーが最強です。

もう4年以上履いてます。

感覚ですが10年履けそうです。

下の画像は実際履いているカントリーです。

4,000キロの走行に耐えてます。

1970年代初頭に登場した、誰もが知るランニングシューズです。

adidasCountry
アディダス・カントリー(adidas Country)は1970年代初頭に登場したランニングシューズ。
舗装されていない草原や森林などを走るスポーツ「クロスカントリー・ランニング」向けに開発されたモデルで、オフロードのショックを和らげるために、硬さの異なる2層のスポンジをミッドソールに採用しています。

なぜ長持ちするのか【雨でもOK!ランニングシューズ】

なぜ、長持ちする靴なのでしょうか。

私が昔履いていた布製タイプの靴と比較すると3つあります。

【Amazon】

※これ履いてました

クロスカントリー用に作られている

前提として、カントリーはクロスカントリー用に作られています

だからカントリーって名前なんですね。

鉄人競技に耐えられる、いわば「戦車」です。

走りやすく非常にタフな作りです。

ソールが3層造り

ソールが3層で作られています。

ミルフィーユです。

ゴムソールなので雨でもソールから水が染みてきません。

また、雨の日は滑りやすいですが

カントリーはゴムなので滑りません。

頑丈なカンガルーレザー

頑丈なカンガルーレザーを使っております。

なので、雨でも水が入ってきません。

水が入ってこないので

靴が臭くなりにくいメリットがあります。

カントリーで節約【雨でもOK!ランニングシューズ】

昔、アシックスで布製のランニングシューズを使っていました。

しかし、1年で指先に穴が開いてしまいました。

これを繰り返すと結構な金額になるんです。

破れる布製ランニングシューズを6年はいた場合のコスト比較
5,000円×6年=30,000円
布製1年、カントリー5年履いた実績:5,000円+10,000円=15,000円

 

なんと半額です!

15,000円って大金ですよね。

僕は30代で結婚し、今も月3,000円でお小遣い制なのです。

半年分節約できちゃうんです。

その浮いたお金で、ワイヤレスイヤホンを購入しました。

これはランニングと相性良くて、シンプルに買わないと損です。

そのワイヤレスイヤホンをつけながら

ランニング中に、Amazonオーディオブックを聞きてます。

走りながら本を聞けるので時間を有効活用出来ました。

だから個人的にカントリーが最強だと思うんです。
もし参考になればうれしいです。

コメント