7年ランナー:夏のランニング対策【バテる・しんどい】

質問
質問

暑くなってきて、だんだんしんどくなってきました。

夏にランニングする際の注意点おしえて!

帽子をかぶる、水を持っていくなど、普通の対策以外でお願いします。

夏、春、秋のように、しっかり走れている人はたった38%です。

夏ランニング

暑い日もしっかり走ってますか?

せっかくランニング習慣ができて、痩せてきたのに。
暑さが理由で、ダイエット失敗はもったいないです。

ただし、夏の暑さは、涼しくすることはできません。
クーラーをつけた部屋で走るなら話は別ですが…
この記事では、私が実践している夏のランニングを「乗り切る方法」を3つお伝えします。

この記事はこんな方にオススメです!
  • 夏でもランニングを継続したい
  • 夏でも長時間走りたい
  • リスクを抑えてランニングしたい
この記事は、7年ランニングしている私の経験から、夏ランニングの注意事項を3つお伝えします。

の記事の信頼性
・私は2014年からランニングを継続してます。夏の経験は7回目です。

真夏のランニング3対策【バテる・しんどい】

結論、夏のランニングを「乗り切る方法」は以下3つです。
なお、帽子をかぶる、水を持っていく、など、普通の対策は除外してます。

  1. 小銭(500円)を常に持って走ること
  2. 早朝に走ること
  3. 氷ペットボトルを用意すること

順番に解説します。

小銭(500円)を持って走る

1つ目は、小銭(500円)を持って走ること!
なぜなら、脱水症状を防ぐとができるからです。

私の経験上、夏のランニングは「脱水症状」「熱中症」「スポーツ貧血」など起きます。
ペットボトルを持っていても、足りないことが多いです。

お手上げ君
お手上げ君

脱水症状で1ヶ月入院することに。

10万円かかる…

お金を持っていれば、最悪の事態を防ぐことができます。
いつでも自動販売機やコンビニで水を買えるからです。

早朝に走る

2つ目は、早朝に走ることです。
なぜなら、安全だからです。

理由は以下3つ。

  1. 夏は変質者が多い
  2. 夜は熱中症で倒れたら気づかれない
  3. 夏はカミナリやスコールが起こる

朝ラン、夜ランの魅力とメリット

最近、夕暮れ~スコールやカミナリが多いです。
その中で走ることを想像してください。
あれは、ほんとにツライです。

その点、朝は気温が安定してるので、心配は少ないです。

氷ペットボトル(7割氷らせる)を用意する

3つ目は氷のペットボトルを用意すること。
なぜなら、熱中症を防げるからです。

真夏に走ると、水がぬるくなります。
ぬるい水は、体を冷やしてくれません。

なのでは「冷凍庫で凍らせた水を用意する」ことおすすめです。

水は7割で凍らせてください。
10割で凍らせると、なかなか氷が解けず、逆に水分不足補給ができないです。

まとめ【真夏のランニング対策】

まとめです。

以下3つ実践すると、夏に走ることが楽になると思います。

  1. 小銭(500円)を常に持って走ること
  2. 早朝に走ること
  3. 氷ペットボトルを用意すること
私は1年前から実行しているます。
なので、今でも健康的にランニングが継続できています。
  • ダイエットリバウンドなし!今でも体型維持してます!
  • ランニングは健康の維持に最強です!健康診断すべてAです!
  • ストレス発散できるのでイライラしません!

ランニングは、継続することで、人生が楽になる大きな資産です。
夏も無理せず続けることをオススメします。

だって、ライザップだと痩せるのに、年間40万程度かかるんです。
夏のランニングが継続すれば無料(タダ)です。

コメント