早朝の冬ランニングが辛いと感じる方へ【ラクに継続できる3つのコツ】

 
質問
質問

最近、朝寒くなってきて、ランニングが辛いです。

眠いし寒いし。なんとかなりませんか?

実は、工夫次第で、冬でも楽にランニングができます。

冬は気合で走っている人、意外と多いです。

私は2014年からランニングを継続してます。もう、8回目の冬です。

そこで、この記事は、私の経験から冬ランニングを継続するコツ、を紹介します。

マネするだけで、冬のランニングが楽になるでしょう。

結果、服が似合うようになり、自分に自身が持てるようになるでしょう。

この記事でわかること
  • 冬のランニングを継続するコツ

この記事を書いた人

筆者
筆者

東証一部上場、Webコンサル会社に勤務中。2014年からランニングを継続してます。

3つの冬対策【早朝の冬ランニングが辛いと感じる方へ】

ランニングの継続は、夏と冬が肝になります。

なぜなら、夏は暑さで挫折、冬は寒さで挫折する人が多いから。

7年、毎週5日のランニングを継続している理由は、苦痛を感じない対策をしてきたからです。

今回は、冬の対策3つをお伝えします。

  1. 耳あてをする
  2. ランニングウェアを着たまま寝る
  3. カーテン半開き

耳あてをする

ランニングのときは、必ず耳あてをしましょう。

なぜなら、頭痛を防ぐことが出来るから。

そのうち痛くて走れなくなります。

耳あては、耳が痛くなることと、頭痛を防ぐ効果があります。

冬ランニングが嫌いになって、不健康、メタボになる前に

すぐ購入することをおすすめします。

耳あて

ランニングウェアを着たまま寝る

2つ目は、ランニングウェアを着たまま寝ることです。

なぜなら、朝の着替えはモチベーションが下がるから。

例えば、寒い朝に着替えるシーンを想像してみてください。

下着になって「さむっ!」ってなりますよね?

ランニングウェアを着たまま寝れば、「さむっ!」を防ぐことができます。

質問者
質問者

ランニングウェアを着たまま、寝れないよ!
動きにくいし!

そんな方には、しなやかストレッチ生地のランニングウェアがおすすめです。

動きやすい、パジャマのようなランニングウェアを購入しましょう。

ストレッチ生地のランニングウェア

カーテン半開き

寝る前に、カーテン半開けで寝ましょう。

なぜなら、朝日とともに、気持ちよく目覚めることができるから。

冬は眠気と寒さで、布団から出たくないですよね?

ならば、眠気だけでも、お日様に助けてもらいましょう。

ではなぜ、カーテン半開けが有効なのか。

理由は、太陽光が体内のセロトニンを増加させるから。
セロトニンの増加が心身に及ぼす効果 医療法人社団

セロトニンは、別名、幸せホルモンと呼ばれてます。

脳をはっきり目覚めさせてくれる効果があります。

カーテン閉めないと、光で寝れないよ!
カーテン開けて寝ると、留守だとアピールしてるだけだよ!

そんなお悩みがある方に、オススメ商品があります。

それは「めざましカーテン」です

ロビット(Robit) めざましカーテン

目覚まし時計のように、セット時間に合わせ、カーテンが自動で開くのです!

すごくないですか?

冬はダイエット効果が高い【早朝のランニング辛い】

どんなに対策しても、何しても冬は寒い。。

1年目は、踏ん張りも必要です。

私も、1年目は寒さで何度もリタイアしようかと思いました。

しかし、ダイエットのために頑張りました。

なぜなら、冬のランニングは、夏よりもダイエット効果が高いからです。
寒い冬のランニングはダイエットに効果的!逆に運動しないと太りやすい!?

冬のランニング対策は、他にもあります。

ぜひお試しを。

  • パーカーを被る
  • 分厚い手袋をする
  • 分厚い靴下を履く
  • マスクをする
  • マフラーをする

まとめ【早朝の冬ランニングが辛いと感じる方へ。ラクに継続できる3つのコツ】

まとめです。

冬ランニングが辛いと感じている方は、以下3つを試してください。

  1. 耳あてをする
  2. ランニングウェアを着たまま寝る
  3. カーテン半開き

ランニングを継続すると、こんな未来が想定されます。

  • 3ヶ月で10キロ減量できた!
  • ワンピース着れるようになった!
  • 昔の服が着られるようになった!

こんな言葉があります。

「3万円の服より3kgのダイエット」

モデルさんがユニクロ着ても、ブランド服に見えますね。

ランニング習慣には、コレを実現できる力があります。

まずは、早起き習慣から、身に付けてみませんか?

ロビット(Robit) めざましカーテン

まとめ記事:ランニング・ジョギング

まとめ記事:ランニング・ジョギング

コメント