フローリングに「やかん」が落下!かくれん棒で修復してみた【傷の補修】

スポンサーリンク

質問
質問

賃貸マンションのフローリングに大きな傷をつけてしまいました。

かくれん棒を使って修復できますか?

画像を御覧ください。

真ん中、右あたりに、ヤカンを落として深いキズをつけてしまいました。

水入りヤカンを落とした傷

水入りヤカンを落とした傷

賃貸マンションなので、退去までに直さないと5万ほど修復費用が発生します。

なので、たまたま家にあったかくれん棒でどこまで修復できるか、実験してみました。

この記事を読むことで、かくれん棒でどこまで修復できるのか、がわかります。

業者に修復頼むか、自分で修復するか、判断材料にしてください。

この記事でわかること
  • フローリング大きな傷、かくれん棒で消えるのか?

この記事を書いた人

筆者
筆者

東証一部上場、Webコンサル会社に勤務中。Web業界に10年以上在籍してます。ランニング、お酒を愛するおじさんです。

浅い傷ならかくれん棒でOK、深い傷はNG【フローリング傷を補修】

修復後

修復後

結論、かくれん棒は傷を目立たなくさせることが可能です。

画像、の状態から、の状態へ、変化しました!

ただし、個人的には、深いキズは業者依頼がおすすめ。

なぜなら、かくれん棒は水拭きで落ちてしまうから。

なので、かくれん棒はこんな状況におすすめです。

  • 浅いフローリング傷
  • 来客等で一時的にフローリングキズを隠したい

魔法のクレヨン「かくれん棒」【フローリングの落下傷を補修】

かくれん棒

かくれん棒

かくれん棒とは、クレヨンです。

クレヨンでお絵かきするように、なぞるだけ。

浅いフローリング傷を修復します。

かくれん棒はフローリングはもちろん、家具の修復も可能です。

色が複数あるので、床色に合わせて購入しましょう。

かくれん棒でフローリング補修手順【落下傷を補修】

修復した手順を記載致します。

手順1:スプーンとかくれん棒とライター、ハケを用意する

傷が浅い場合、フローリングと色の近いクレヨンで塗ればOK。

傷が深い場合は、液状化して、パテで修復するのがオススメ。

スプーン、ライター、ハケを用意してください。

フローリングの傷口に、液状化したかくれん棒を流し込みます。

手順2:ライターでかくれん棒を液状化する

かくれん棒を少量スプーンに乗せ、スプーの下から火を炙(あぶり)ます。

いらないスプーンでかくれん棒を溶かしましょう。

なぜなら、スプーンにクレヨンがこびりつき、2度と使えないから。

手順3:液状化したかくれん棒をフローリングに流し込む

液状化したかくれんをフローリングに流し込みます。

固まるまで、30分ほど放置します。

手順4:パテで不要な部分を削り平らにする

パテで平面に

パテで平面に

固まったら、パテで削ります。

平らになるよう調整してください。

手順5:木目を描く

木目を別クレヨンで描く

木目を別クレヨンで描く

ココポイントです。

木目を描く作業です。

ここが、完成度を左右します。

まとめ【フローリングの落下傷を補修】

いかがでしたでしょうか。

かくれん棒は「軽いフローリングキズ」であれば、修復可能です。

軽いキズなら、マンション退去時に、修復料金を払わなくて済むと思います。

しかし、傷が深い場合、業者に張替えしてもらいましょう。

かくれん棒の購入はこちら

コメント