成功体験:男性が禁煙を成功させるたった1つのコツ【顔変化】

質問者
質問者

子供が生まれるから禁煙したいです。

「俺タバコやめたんだよね~」って友人がら報告があるたびに

「俺もタバコやめなきゃなっ」て思って、今まで何度かトライしたけど。

結局やめられないんだよね。。

確実に辞める方法ってないのかな。意思が弱いのかな俺は。。

困っている人
困っている人

禁煙何度も失敗してます。

来月からやめよう!って思って何度も失敗!

昔は300円くらいだったのに500円まで値上がり

今後も値上がりするし、、家計が苦しくなっていきます。

筆者
筆者

そのお悩み「タイミングと意思」で解決できるかも

「子供のために禁煙成功」とか「彼女できたから禁煙して成功した」
こんな話を聞くと、羨ましいですよね。
健康に良いし、家計にも優しいし。

私は禁煙した2019年以前は、毎日1箱吸っていました。
400円(だいたいこれくらいとして)×30日(1ヶ月)×12(1年)
タバコ代は1年144,000円でした。

私は、これから紹介するある1つのことを実施した結果
20年吸い続けたタバコをやめることができました。
※2019年4月1日令和になった日に禁煙
※2020年10月18日現在も禁煙継続中!

確実に禁煙できるとは断言はできません。
きっかけとして紹介します。

この記事を読むことで、こんなことが分かります!
  • 1年144,000円節約
  • 肺がんリスクが減る
  • 肌あれが減る
この記事は、20年以上喫煙してきた私が禁煙成功した体験談を具体的に記載しております。禁煙を成功させたい人、禁煙する必要がある人は是非見てください。

男性が禁煙するコツ【成功体験:たった1つのコツ】

喫煙者

タバコうまそうですね

結論、私が禁煙した方法は嫁と同居を開始した当日に嫁の目の前で水に捨てた」です。

私は「令和ほやほや4月1日+結婚して同居したタイミング」で「タバコをやめる」と宣言
嫁の目の前で水に捨ててやりました。

そう、タイミングも重要です。

タイミングとは人生が変わるであろう、と思った時がチャンスです。
例えば「彼女ができた」「子供ができた」「病気をした」時、です。

そしてココが重要です。
自らスイッチを入れることが非常に重要です。

妻の前でタバコを捨てた時、そりゃ私だって
「まだまだ吸える、、もったいない」
って思いましたよ。。

水を入れた洗面器にタバコを10本取り出し捨てました。
水に浮いているタバコの葉っぱが切なくて。。
心が苦しくて痛かったです。

筆者
筆者

心の痛みがあったからこそ禁煙できたんだ

と今は思ってます。

そして捨てるのを見届ける監視人が必要です。
監視人は友達ではなく、恋人や妻である必要があります。

なぜなら、恐怖だからです。
地獄の門番、です。

まだ吸えるタバコを捨ててまで禁煙宣言したのに、吸うの?

あなた意思、弱いね。。

こんな人とは付き合っていけないわ。離婚よ!

恋人や妻にこう思われたくないですよね。
この様に、監視人は地獄の門番として、禁煙成功への大事なストッパーになるのです。

なぜ男性は禁煙できないか【成功させるたった1つのコツ】

禁煙が成功しない理由

男性の私が禁煙が成功しない理由を分析しました

私の体験ですが、禁煙が失敗する要因として考えられることは
大きく3つあると考えております。

①男性は意志が弱い
②禁煙スイッチが入ってない
③もったいない精神がない

順番に解説します。

男性は意志が弱い

人それぞれですが、男性は女性に比べ意思が弱い傾向があります。
なぜならわたしの友人も禁煙失敗してるのは男性が多いですし、私もその一人ただからです。

私の人生経験では、女性のほうがスパッとタバコを辞めています。
禁煙した理由を聞くと「子供のため」という方が多かったです。

女性は喫煙し続けると、将来発生する「痛み」を察知しています。
結果、禁煙が成功しているのではないか、と勝手に思ってます。

男性はそういう将来への「痛み」に気づきにくいです。
子供が生まれるから、なんて考えていないのではないでしょうか。
女性に頼りすぎているのです(私もそうでした)

だから男性は「タイミング+監視人+水に捨てる」ことが
禁煙するためには必要なのだ、と考えてます。

禁煙スイッチが入ってない

禁煙するときに、スイッチが入ってない男性も多いですよね。

こんな方、あなたの周りにいないでしょうか?
「この1箱を吸ってから禁煙」

私も「これを吸ったらやめよう」という思考で、何度も禁煙失敗してきました。
そのため、うまく切り替えスイッチが入っていない状態禁煙スタートしてしまった結果
いつも禁煙失敗に終わっていました。

なので、今回は水に捨てることで、自ら「スイッチ」をつくったのです。

もったいない精神がない

水に捨てると、タバコの草が水面に広がり「まじもったいねえええ」て思いました。
その行為が実行へと導いたのだ!と禁煙した今、痛感しております。

人が行動するときは「明るい未来」と「損失」です。
損失を自ら作ったから「まじで禁煙しなきゃ」という感情が生まれました。

喫煙のメリット・デメリット【成功させるたった1つのコツ】

禁煙2年目の私が感じたメリットとデメリットを記載します。

喫煙成功後に感じたメリット

1年で144,000円節約

1年で144,000円節約できました。
節約した金で沖縄旅行へ行こうと考えておます。

タバコを吸っている時間

仕事でタバコを吸うと、喫煙所で同僚と話すことありますよね。
移動時間を含めると15分は浪費してます。

仕事をする日は10本はタバコを吸っていました。
10本×15分=150分(2時間30分)タバコを吸っていたんですね。

150分あれば、一冊本読むことができますね。

周囲から意思が強い人と思われている

意思が強いやつ!って思われてます。
正直、これが喫煙して最もよかったと感じたメリットです。

禁煙は失敗した話が多いです。
通院しないと成功しないケースも有るため、禁煙は難しいと思われています。

成功者は、周囲の喫煙者から
「偉い!」
「どうやって成功したの?」
って聞かれます。

わたしは、禁煙したタイミングが結婚したタイミングでした。
なので彼女の親からも「しっかりやる奴」と思われたかもしれません。
また、職場の人からは「有言実行する奴」と思われてます。

デメリット

「リフレッシュできない」につきますね。

タバコは、コミュニケーションやストレス解消に大きな効果があると思ってます。
それは事実です。タバコでしか生まれないコミュニケーションがあるのです。

コミュニケーション対策は、飲み会で話したり、席でなるべく話したり工夫してます。
ストレス対策は、ランニングしたり、好きな本を読んだりして工夫してます。

まとめ

まとめると、禁煙成功には「構造づくり」が必要がと思います。
構造とは「タイミング、監視人、捨てること」です。

タバコのイメージは悪くなる一方なので、やめられるに越したことはないです。
まずは「タイミングで水に捨てる」という意識を持っていれば、個人的には思いますね。

ただし、無理に禁煙はしなくていいと思ってます。

喫煙成功した今でも、吸いたきゃ吸ったほうがいい、と思ってます。
なぜならタイミングが重要なので、無理に禁煙しても失敗するからです。

「だって彼女いないし結婚もしないし、今は仕事したい」って人は、無理しなくてOKです。

なぜなら、タバコはデメリットだけでは単純にないと思うからです。

例えば、タバココミュニケーションやストレス解消、頭の整理、という価値の高いことも生み出しています。タイミングが来て、頭の片隅に覚えていたら、水に捨てることを必ず実行してください。

コメント