3つの効果:土日だけ10kmランニングを続けた効果【8年間ランナー】

8年ランニングした結果

週末だけ10kmランニングを始めました。
結構しんどいです、、、継続したら、どのような変化がありますか?

15分のランニングで、限界を迎えてませんか?

わたしも、ランニング初心者の頃、
10分走るだけで足が上がらなくなり、メンタルやられてました、、、

もう一生痩せられないのではないか、、、と。

そんなわたしでも、5ヶ月で14キロのダイエットを成功させました。

3キロ走るのが精一杯だった頃、
2つのコトを実践したら、10キロ走れるようになりました。

そこでこの記事は、10キロ走れるようになった理由と身体の変化、をお伝えします。

この記事を読めば、モチベーションが向上し、ランニング習慣が身につくでしょう。

結果、安い服でも似合う体型になり、異性からモテるようになります。

この記事でわかること
  • 10キロランニングを続ける方法
  • 10キロランニングのメリット、デメリット
  • 8年間ランニングして起きた身体の変化
この記事を書いている人
目次

モテるようになる【10kmランニングを継続した効果】

結論、8年ランニングしてたら、異性からモテるようになりました。

服が似合うようになり、
顔もシュッと引き締まったからだと思ってます。

私は、20代のことは痩せマッチョでしたが、30代になってビール腹になりました。

俺は太らないから大丈夫!

お菓子とビールを毎日飲む生活を続けて1年後、、、10キロ太りました。

5ヶ月後、結婚式があるのに、、、これはまずい!

こうして週末に、10km走るようになりました。

努力の結果、5ヶ月で14キロ痩せて、結婚式に減量が間に合いました。

以下、成功体験を記載します。

ランニングはメリットだらけ【10kmランニングを継続した効果】

10キロランニングを8年継続して、
実感したメリットを3つお伝えします。

  1. 太りにくい体質になった
  2. 風邪を引かなくなった
  3. 早寝・早起きになった

太りにくい体質になった

1つ目のメリットは、太りにくい体質になったこと。

ビールを飲んでも太らなくなりました。
柿ピーを食べまくっても、太らなくなりました。

無理な食事制限もなく、8年間スリムな体型を維持してます。

風邪を引かなくなった

2つ目のメリットは、風邪を引かなくなったこと。

8年前は、1ヶ月1回風邪を引いていました。
しかし、いまは3年に1回です。

抵抗力がついたのが自分でもわかります。

風邪を引くと、1日寝たきり。

  • 勉強が進まない!
  • 仕事も進まない!
  • 時間が無駄に感じる

風邪を引くことは、時間のムダです。

ランニングは、

  • スキルを高める時間
  • 趣味の時間
  • 遊ぶ時間

を増やすことができます。

早寝・早起きになった

3つ目のメリットは、
早寝・早起きができるようになったことです。

なぜなら、朝ランニングの習慣がついたから。毎朝、6時に目覚めるようになりました。

朝は、一日の中で最も集中力が高まるゴールデンタイムです。生産性が最も高くなる時間です。

  • 土日はついつい10時まで寝てしまう!
  • 仕事終わったら、すぐゲームしちゃう。
  • 昇給するために資格とらなきゃいけないのに!

こんなお悩みお持ちの方は、今すぐ朝ランニングを始めましょう。

読書をしたり、家事をしたり、時間を有効に使えます。

デメリット【10kmランニングを継続した効果】

10キロランニングを8年継続して、
実感したデメリットを3つお伝えします。

  1. 日焼けすること
  2. 走れないストレス
  3. 足を壊すこと

日焼けする

1つめのデメリットは、日焼けすることです。

春から夏にかけて日差しが強いので、日焼けします。

わたしの場合、早朝ランニングでも日焼けしたので注意してください。

お肌に気を使っている女性は、日焼け対策が必要があります。

なので、デメリットに感じる人もいると思います。

美白を目指しているなら、室内ジムがオススメです。

走れないストレス

2つめのデメリットは、”走れないストレス”がたまること。

例えば雨の日。

走ろうと思っていたのに走れないと、ストレスを感じます。

例えるなら、1日歯磨きができない状況に似てます。

そんなときは、筋トレをして割り切るしかないです。

足のケガ

3つめのデメリットは、ケガをすること。

ランニングで起きる、代表的なケガは以下5つです。

  • 足首捻挫(ねんざ)
  • ヒザの痛み
  • 転倒による手足のケガ
  • 太ももの痛み
  • 靴づれ

オーバーワークから転倒し、ケガになることもあります。

10キロ走る2つのコツ【10kmランニングを継続した効果】

わたしは、ランニング初心者のころ、3キロ走るのが精一杯でした。

しかし、「ランニングフォーム」を正しくすることで、10キロ走れるようになりました。

ランニングフォームを直す方法は以下2つです。

  1. 白線の上を走る
  2. 矯正ベルトを付けて走る

白線の上を走る

白線の上を走る

白線の上を走ると、ランニングフォームが改善されます。

なぜなら、足が外股、内股が修正されるから。

プロのマラソンランナーに内股、外股の人はいません。

ランニングフォームフォームが改善されると、着地面積が増え足への負担が少なくなります。

剣山(けんざん)の原理です。
針の面積が大きいと、針でも痛くありません。

10キロ走ると、ボディーブローのように足に効いてきます。

足への負担が少なくなるので、今よりも長く走れるようになります。

白線の上を走る習慣がつくと、
白線なしでもまっすぐ着地できるようになります。

初めの1ヶ月は、我慢してでも白線ランニングを練習することをオススメします。

そうすれば10キロ走れるようになります。

矯正ベルトを付けて走る

2つ目は、矯正ベルトをつけて走ること。

なぜなら、姿勢が悪いと、体力がもたないからです。

例えば、猫背でランニングしている場合、余計な体力を消耗します。

なぜなら、人間は本来猫背ではないからです。

効率の良いランニングフォームで走ると、エネルギーの消費を抑える効果が期待できます。身体に負担がかからない姿勢を保つことで疲れにくく、ケガの防止にもつながるため、マスターしておきたいところ。

疲れにくい!理想のランニングフォームとは?

猫背でスピードがでないと、余計に体力を消耗したり、体の負担が増えます。

結果、短い距離しか走れなくなります。

逆に考えれば、姿勢を良くするだけで、余計な疲労、エネルギー消費を抑え、長距離を走れるというわけです。

矯正ベルトをつけて走るメリットは、他にもあります。

  1. 猫背が治る
  2. 身長が伸びる
  3. スタイルが良くなる

普段から、姿勢を改善する習慣(矯正ベルト)をつければ、10キロマラソン完走が早まるでしょう。

まとめ【10kmランニングを継続した効果】

まとめです。

8年ランニングしてたら、異性からモテるようになりました。

服が似合うようになり、
顔もシュッと引き締まったからだと思ってます。

10キロを走り切るコツは、

  • 白線の上を走ること
  • 矯正ベルトをつけること

ランニングフォームが正しくなることで、
ムダなエネルギー消費を防ぎます。

また、矯正ベルトは、猫背にも有効なので、
頭痛や首痛で悩んでいる人にもおすすめ。

背筋美人
背筋美人

たった2,000円ほどで、背筋美人になることができます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる