ビデオテープをDVDに:ダビング業者をおすすめする3つの理由

こんなお悩みありませんか?
✔ ラクにビデオDVDを整理したい
✔ 近所にビデオ屋さんがないんだけどどうすればいい?
✔ ビデオテープのDVDダビング方法教えて

ビデオテープ、大事な想い出なので、捨てたいけど捨てられませんね。

でも、近くにDVDダビングショップがないから、放置している人が多いです。

私は車も持ってないし、田舎に住んでいるのでWeb店舗を利用しました。

箱に詰めて送るだけで、ビデオテープがダビングできる時代なんですね。

そこで、この記事では、Web店舗でDVD化するメリット・デメリットをお伝えします。

この記事を読めば、1ヶ月後、家族でビデオ鑑賞ができます。

この記事でわかること
  • ビデオテープのダビング方法
  • VHSの処分方法
  • なぜ、DVDはダビング業者がラクなのか
この記事を書いている人
目次

業者をおすすめする3つの理由【ビデオテープをdvdにダビングしたい】

結論、ビデオテープは業者に依頼しましょう。

理由は3つあります!

  1. コストが安い
  2. 時間を節約
  3. クォリティーが高い

順番に解説します。

コストが安い

業者をオススメする1つ目の理由は、総合的にコストが安いから。

ビデオテープを自分でダビングすると、総額20,000円以上です。

実は、自分でDVD化するには「VHSとDVD一体型プレイヤー」が必要なんです。

VHSとDVD一体型プレイヤーは、すでに生産中止。

そもそも入手できません。

また、録画する知識も必要です。

つまり、自分でダビングするには、大きな労力とコストがかかります。

だから私は、Web業者に依頼することをオススメします。

時間の節約

業者をオススメする2つ目の理由は時間の節約できること

自分でダビングすると、ものすごく時間がかかります。

なぜなら、120分のビデオテープをDVDに録画するには、120分再生する必要があるからです。

ダビングコピー革命なら箱に詰めて送るだけ!

11本ダビングすると、120分×11本=「1320分」節約することができます。

1,320分は22時間です。

丸一日、時間を有効活用できます。

クォリティーが高い

業者をオススメする3つ目の理由は、クォリティーが高いから。

自分でビデオテープをDVD化したけど、映像が悪くて見れたもんじゃない!

自分でダビングすると、うまく再生できなかったり、カビやテープ切れも発生します。

そうすると余計な時間やお金がかかります。

ダビングコピー革命ならカビの補修やテープ切れも保証してくれます。

1990年のビデオテープでも、問題なく再生できました。

業者に依頼するデメリット【業者をおすすめする3つの理由】

業者に依頼するデメリットは、すぐにDVD化できないことです。

ダビングコピー革命は最短5日が可能です。

ですが、追加料金が発生します。

通常コースだと、発送から納品まで30日です。

すぐにDVD化したい人は、自分でダビングしたほうが早いです!

まとめ:ビデオテープをdvdにダビングするのは業者がオススメ

まとめです。

結論、ビデオテープは業者に依頼しましょう。

  1. コストが安い
  2. 時間を節約
  3. クォリティーが高い

業者依頼は想像より簡単。

なぜなら、免許証のコピー、アカウント作成の手続きが不要だからです。

ネットで見積、見積もり後に表示される住所へ発送するだけ。

もし、11本ダビング依頼した場合。

120分×11本=「1,320分」節約することができます。
※1,320分は22時間です

ダビング業者の比較【ビデオテープ】

体験レビューはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる