【締めの挨拶】新郎謝辞を成功させるポイント【結婚式スピーチ】

 
結婚式

結婚式

 

来月結婚式があるんだけど、新郎謝辞、何を話すか何も決まってない。どうしよう。。

親族・同僚・友達。。。

大勢の前で初スピーチとか、、

メチャクチャ緊張するなあ。暗記できるかなぁ・・・

会社のスピーチも得意じゃないし、声が震えないか心配。。

できればやりたくないな、、

今回はこんなお悩みを、私の経験を踏まえ、解決へと導ければ幸いです。

 

この記事はこんな方にオススメです!
  • 締めの挨拶(新郎謝辞)が不安で眠れない
  • スピーチの経験が少ない
  • 極度のあがり症・緊張すると声が震える

 

私は、これから紹介するある5つの思考を実施した結果
口下手で緊張しやすい体質の私が、緊張せずに10分カンペ無しで話すことができました。
 

の記事の信頼性
2018年11月に結婚式を挙げました。
私は口下手で緊張すると汗とか声が震える体質でした。
そんな私が、「ある思考」を用いて、結婚式の新郎謝辞やスピーチで、実際にカンペも見ないでスムーズに話せた経験を紹介いたします。

【新郎謝辞のもっとも重要ポイント】:伝えたいことを明確にする

私の新郎謝辞

私の新郎謝辞

結論、「なぜ結婚式をするのか」徹底的に考えましょう。

それができると、新郎謝辞の言葉は自然と湧き出てきます。

例えば、「感謝とけじめのために結婚式をする」とすれば

「両親に感謝」→歴史と今を振り返り感謝を伝える

「友達に感謝」→歴史と今を振り返り感謝を伝える

「けじめ」→これからどんな家庭を作っていくよ

などのように、自然と言語化されますよね。

ビジネスでも同じですが、ゴールを設定しないと、行動がブレブレになります。

新郎謝辞を成功させるポイント

私の体験ですが

なぜ結婚式をするのか」プラス重要な3点を追記します。

①事前準備

②自分しか出来ないことを自覚する

③上手く話さなくていいから伝えたいことを話せ!

 

順番に解説します。

事前準備

スピーチの練習をすることで、緊張を緩和できます。

緊張の本質はなんだと思いますか?

緊張=恐怖です。

人は物事に対し、未来がわからないことに緊張します。

例えば、プレゼンって緊張しますよね。

この緊張って、上手くできるかわからないから緊張するんです。

だからロープレを重ねて対策することで、緊張が少なくなり恐怖心薄れ、結果商談が成功するロジックなのです。

自分しか出来ないことを自覚する

次に考えることは

「自分だけが伝えることができること、を自覚すること」です。

例えば、私の場合は「感謝」と「けじめ」が結婚式をする理由でした。

「新郎謝辞では感謝とけじめを伝えよう」

「それができるのは自分だけだ」

と考えることによって、

「上手くやらなきゃ」

「誰かに〇〇って思われてないかな」

といった、余計な感情がなくなります。

結婚式で思いを伝えることができる人は、新郎新婦しかいないんです。

大切な人たちへ、あなたが決意を伝えるのです。

上手く話さなくていいから伝えたいことを話せ!

上手く話そうとすればするほど、緊張するものです。

なぜなら「努力逆転の法則」が働くからです。

例えば、なかなか眠れない時、寝よう寝ようと考えると余計に寝れなくなりますよね?自分の体の現象と逆のことを願うと逆になる現象を「努力逆転の法則」といいます。

【新郎謝辞のポイント】:失敗することもある

結婚式

wedding

「これを実践してもうまくいく保証なんてないよね?」

この方法をただインプットするだけでは、きっとうまくいかないでしょう。

なぜなら上手く伝える本質はアウトプット(練習)だからです。

いきなり野球コーチから「ホームラン打ってこい」て言われても無理ですよね。

商談もプレゼンも同じなのですが、ロープレを何度も重ねることによって、成功する確率が高くなるのです。

【新郎謝辞のポイント】:まとめ、考察

結婚式

結婚式

まとめです。

締めの挨拶・新郎謝辞を成功させるポイントは以下5つです。

①伝えたいことを明確にする

②事前準備

③結婚式のゴールは何?誰に何を伝えたい?を決める

④上手く話さなくていいから伝えたいことを話せ!

⑤練習する

私はこの方法で「あがり症」「頭が真っ白になる」を改善できてので、最高の結婚式になりました。
 
結婚式の締めが上手にできたので「今までで一番良い結婚式だった」とみんなから言われる
DVDで見返したくなるくらい感動的な結婚式になった
なにより「やってよかった」と夫婦で感じることができる

新郎謝辞が締まると、良い結婚式になります。

未来は自分で作りましょう。

目的を明確にすれば、緊張もなくなり、結果、新郎謝辞・スピーチが上手くこなせるでしょう。

特に、来月のジューンブライドに結婚式を控えている新郎は、明日から早速、5ステップを徹底的に実践しましょう。

コメント