ダビング業者:トラブルを事前に回避する10つの方法【ビデオテープ】

絶対に確認すべき10つのこと
質問

愛犬が写った、20年前のビデオテープがあります。デジタル化したいのですが、ダビング業者、初めての利用するので不安です。

初めてダビングする場合、業者がたくさんあるので、依頼先で迷いますよね。

Googleや楽天で「適当にダビン業者を選んだら、予想以上にお金がかかってしまった…」というレビューを目にしたことがあるので、注意が必要です。

でももし、ダビング業者選びで注意することを、事前に把握できたら、知っておきたいと思いませんか?

そこでこの記事は、わたしの実体験から、ダビング業者を使って後悔したこと10つお伝えします。

この記事を読めば「ダビング業者選びでの失敗」を事前に対策できるので、後悔しないダビングができます。

記事を書いている人
サイトの登場人物
この記事でわかること(目次)

ダビング依頼する前に確認すべき10つ【トラブル回避】

注意すべき10つのこと

わたしは、過去に7企業で、ダビング業者を使ったことがあります。

「お申し込み前に確認すべきだな」と感じたことを10つお伝えします。

  1. 納期を確認する
  2. 仕上がり期待値をあげない
  3. ビデオテープはまとめて申し込む
  4. 年末年始の申込みは避ける
  5. 著作権があるビデオテープは除外する
  6. ビデオテープの長さを確認すること
  7. チャプターの有無の確認
  8. ビデオテープ発送前にカビ、テープ切れの確認
  9. 録画メディアを確認する
  10. ダンボール、梱包材をストックしておく

1つずつ解説します。

納期を確認する

1つ目は、
お申し込み前に、
納期を確認しておくこと。

なぜなら、ダビングコースによって、納期が異なるからです。

たとえば、「想い出ビデオ」は、1枚あたり400円という破格でダビングできますが、90日納期です。

キャベツ太郎

DVDの納品を急いでいる人には不向きです。

ダビングを急いでいる人は、お申込前に店舗に電話しましょう。

よほどのことがない限り、スタッフが、正確な納期を教えてくれます。

ビデオテープの仕上がり期待値をあげない

2つ目は、仕上がりの期待値をあげないこと。

なぜなら、納品後、ガッカリしてしまうから。

ビデオテープの画質は、原本(ビデオテープ)に依存するため、現代の技術をもっても画質は向上しません。

キャベツ太郎

元画像よりキレイにダビングできる製品を開発したら、ノーベル賞ものですね。

ビデオテープはまとめて申し込む

3つ目は、ビデオテープはまとめて申し込むこと。

なぜなら、納品送料が無料になるからです。

たとえば、ビデオテープを1本で発送する場合、送料のほうが高くなります。

(例:1枚400円でダビングして送料600円)

ビデオテープの本数が少ない場合は、工夫することで、送料無料でダビングできます。

たとえば、まだ家に眠っているビデオテープを探したり、親戚に声をかけるなど、2度手間にならずに済みます。

年末年始の申込みは避ける

4つめは、年末年始のお申込みは避けること。

なぜなら、納品が遅れる傾向があるから。

年末は、おおそうじをする人が多いので、発注が増えます。

ダビング注文が多くなると、店舗が混雑するので、納品が遅くなる可能性が高くなります。

年末時期にダビング依頼をしたい人は、店舗に電話して、納期を確認してから注文しましょう。

著作権のあるビデオテープを除外する

5つ目は、著作権のあるビデオテープを除外しておくこと。

なぜなら、法律上、著作権のあるビデオテープは店舗でダビングできないからです。

ただし、個人で使用する範囲なら、著作権があってもダビングできる場合があります。

著作権のビデオテープのダビングを引き受けると、法律に違反する可能性のある店舗側にリスクが発生します。

もし誤って著作権のあるビデオテープ送ってしまっても、通常、無料で返送されます。

しかし、不親切な業者は、代金を請求してくるので、ビデオテープの中身を確認してから発送しましょう。

ビデオテープの長さを確認すること

ダビングコピー革命は制限なし

6つ目は、ビデオテープの長さを確認すること。

なぜなら、120分を超えるビデオテープは、追加料金が発生するから。

家庭用のビデオテープは、120分録画だけではありません。「180分録画用」もあります。

created by Rinker
ビクター(VICTOR)
¥4,378 (2022/09/25 17:06:23時点 Amazon調べ-詳細)
自動で追加料金が発生する
自動で追加料金が発生する

上記画像のように、120分以上の旅ングは「自動で料金追加になる」ケースがあるので、注意しましょう。

おくさん

シュミレーションで10,000円だったのに、20,000円請求されとるやん…!

対策としては、事前に店舗に確認するか、サイトQ&Aを見ることです。

チャプターの有無の確認

7つ目は、DVDにチャプターが付いているか確認すること。

なぜなら、ダビング店舗によっては、チャプターがつかない場合があるからです。

チャプターがないと、シーンを探すのに苦労します。

キャベツ太郎

たとえば、親戚でビデオ鑑賞しているとき、「あの場面どこだっけ…」となります。

探す時間が長くなると、楽しい時間が冷めてしまいます。

チャプターを無料でつけてくれる業者は、以下記事にまとめてあります。

ビデオテープ発送前にカビ、テープ切れの確認

8つ目は、発送前に「カビ、テープ切れ」を確認すること。

なぜなら、「見えないカビやテープ切れ」が存在するからです。

テープ切れも同じです。保存状態によっては、自然にテープが切れているケースがあります。

キャベツ太郎

結局、予算をオーバーしてしまった…

こんなことにならないよう、保存状態が悪いビデオテープは処分して、本当にダビングしたいものだけ依頼することで、コストを抑えることができます。

録画メディアを確認する

9つ目は、ダビング店舗が使っている「録画メディア」を事前に確認すること。

※録画メディアとは録画するDVDのことです

海外製の「安い録画メディア」でダビングすると、劣化しやすいから。

たとえば「999円で50枚」のような、格安DVDでダビングする場合、1年以内で視聴できなくなる可能性があります。

以下記事で、ダビング業者が使っている録画メディアを調査してます。

調査した結果、日本製のDVDをつかってダビングしている店舗は、ダビングコピー革命だけでした。

ダンボール、梱包材をストックしておく

宅急便運賃一覧表
引用:ヤマト運輸(宅急便運賃一覧表:全国一覧)

10つ目は「ダンボール、梱包材」は、ストックしておくことです。

なぜなら、宅配キットがないダビング業者が多いから。

梱包材をストックしていないと、スーパーまで取りに行く必要があります。

キャベツ太郎

良い感じに収まるダンボールがなくて、スーパーまで探しに行きました(地味に面倒)。

納品するビデオテープの本数が、事前に決まっているなら、ダンボールを用意しておきましょう。

事前にダンボールを用意するメリット

  • 発送料が最低限で済む
  • ダンボールを探すストレスがない
  • スムーズに発送できる

時間が節約できるので、ストレスがたまりません。また、スムーズにビデオテープを出荷できます。

まとめ【トラブル回避10選:VHSダビング業者に注文する前の心構え】

まとめ

まとめです。

今回は、ダビング業者に申し込み前に確認すべき10つのこと、というテーマでお伝えしました。

わたしは、過去に7企業で、ダビング業者を使ったことがあります。

「お申し込み前に確認すべきだな」と感じたことを10つお伝えしました。

  1. 納期を確認する
  2. 仕上がり期待値をあげない
  3. ビデオテープはまとめて申し込む
  4. 年末年始の申込みは避ける
  5. 著作権があるビデオテープは除外する
  6. ビデオテープの長さを確認すること
  7. チャプターの有無の確認
  8. ビデオテープ発送前にカビ、テープ切れの確認
  9. 録画メディアを確認する
  10. ダンボール、梱包材をストックしておく

お伝えした10つのポイントは、実体験から感じたこと。

なので、これからダビング業者を使う人は、どれかで悩む可能性があります。

事前に把握するメリット

  • 認識の相違を防ぐ
  • お金の節約
  • 時間の節約

これからダビング業者を利用する人は、お申込前の参考にどうぞ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)