トラブル回避10選:VHSダビング業者に注文する前の心構え【失敗しない】

絶対に確認すべき10つのこと

愛犬が写った、20年前のビデオテープがあります。デジタル化したいのですが、ダビング業者、初めての利用するので不安です。

初めてのダビング依頼、
業者がたくさんあるので、
どこに依頼するか迷いますよね。

「適当に選んだら予想以上にお金がかかってしまった、、、」という失敗レビューも目にするので注意が必要です。

でももし、失敗話を事前に把握できたら、対策してから業者を選ぶことができます。

そこでこの記事は、わたしの実体験から、ダビング業者を使って後悔したこと10つお伝えします。

この記事を読むことで、後悔しないダビング業者を選ぶことができます。

記事を書いている人
この記事でわかること(目次)

ダビング依頼する前に確認すべき10つ【トラブル回避】

注意すべき10つのこと

ダビング業者に申し込み前に、確認すべき10つのことはこちら。

  1. 納期を確認する
  2. 仕上がり期待値をあげない
  3. ビデオテープはまとめて申し込む
  4. 年末年始は避ける
  5. 著作権があるビデオテープ
  6. ビデオテープの長さ確認(120分)
  7. チャプターの有無の確認
  8. 発送前にカビ、テープ切れを確認する
  9. 店舗が使っているダビングメディアを確認する
  10. ダンボール、梱包材をストックしておく

1つずつ解説します。

ビデオテープ納期を確認する

1つ目は、
お申し込み前に、
納期を確認しておくこと。

なぜなら、ダビングコースは複数あるからです。

たとえば、「想い出ビデオ」は、1枚あたり400円という破格でダビングできますが、90日納期です。

納品を急いでいる人には不向きです。

「プレゼントに間に合わなかった…」という悲劇が、、、

ビデオテープのダビングには、1枚あたり120分かかります。パソコンからDVDへ録画するように高速処理はできません。

急いでいる人は、お申込前に、店舗に電話することで、Webには記載されていない本当の納期目安を確認することができます。

ビデオテープの仕上がり期待値をあげない

2つ目は、「仕上がりの期待値」をあげないこと。

なぜなら、納品後、ガッカリしてしまうから。

例えば「現代の技術なら画像もキレイになっているかな?」と期待すると、がっかりします。

実は、ビデオテープを業者に依頼しても、画質は向上しません。

画質は原本(ビデオテープ)に依存するからです。

元画像よりキレイにダビングできる製品を開発したら、ノーベル賞ものですね。

ビデオテープはまとめて申し込む

3つ目は、ビデオテープはまとめて申し込むこと。

なぜなら、納品送料が無料になるからです。

ビデオテープを1本で発送する場合、送料のほうが高いです。

(例:1枚400円でダビング、送料600円)

その場合、送料のかからない店舗でダビングしたほうが、安くダビングできます。

年末年始の申込みは避ける

4つめは、年末年始のお申込みは避けること。

なぜなら、納品が遅れる傾向があるから。

年末は、整理断捨離をする人が多いので、ダビング発注が増加する傾向があります。

「プレゼントに間に合わなかった…」という悲劇が、、、

注文が多くなると、店舗が混雑するので、納品が遅くなる可能性があります。

年末年始にどうしても注文したい人は、店舗に確認してから注文することをオススメします。

著作権のあるビデオテープを除外すること

5つ目は、著作権のあるビデオテープを除外しておくこと。

なぜなら、法律上、著作権のあるビデオテープは店舗でダビングできないからです。

ビデオテープは、
個人で使用する範囲なら、
著作権があってもダビングできる場合があります。

しかし、店舗でダビングを受けてしまうと、ほんとうに個人で使用しているのか判断できないので、店舗側にリスクが発生します。

通常、ダビングできないビデオテープは、無料で返送されますが、悪徳業者(代金払え!となる業者)いるので注意が必要です。

ビデオテープの長さ確認(120分)

ダビングコピー革命は制限なし

6つ目は、ビデオテープの長さ確認をしておくこと。

なぜなら、120分を超えるビデオテープは、追加料金を取られる可能性があるから。

created by Rinker
ビクター(VICTOR)
¥3,800 (2022/05/24 14:10:12時点 Amazon調べ-詳細)

ビデオテープには、120分だけでなく、150分、180分の長さもあります。

自動で追加料金が発生する
自動で追加料金が発生する

120分以上は、自動で追加料金になる店舗があるので、注意しましょう。

シュミレーションでは10,000円だったのに、20,000円だった…

こんなことにはならないように、120分以上だと追加料金になるか、店舗に確認しましょう。(サイトのQ&Aに掲載してあることが多い)

チャプターの有無の確認

7つ目は、DVDにチャプターが付いているか確認すること。

ダビングしたビデオテープに、チャプターがついてないと、どこに何が収録されているかわらず、無駄な時間を使います。

実話ですが、親戚でビデオ鑑賞しているとき、「あの場面どこだっけ…」となりまして。

探す時間が長くなると、みんな冷めてしまいます。

チャプターの無料は、Q&Aに記載してあることが多いです。

発送前にVHSのカビ、テープ切れを確認する

8つ目は、発送前に「カビ、テープ切れ」を確認すること。

なぜなら、シュミレーション料金よりも高くなる可能性があるから。

たとえば、ダビングコピー革命の場合、「カビ取り、テープ切れ」は各999円費用が発生します。

1枚あたりのダビング料金が500円ほどなので、1枚あたりの料金の2倍です。

「結局予算をオーバーしてしまった…」

こんなことにならないよう、カビが生えてて、重要ではないビデオテープは、いっそ処分してしまいましょう。

VHSダビング店舗が使っている録画メディアを確認する

9つ目は、VHSダビング店舗が使っている録画メディアを確認すること。

なぜなら、海外製メディアで録画した場合、1年で視聴できなくなる可能性があるから。

大手電気屋さんで売っている「999円で50枚」のような格安メディアでダビングする場合、劣化が進むのが早い傾向があります。

上記記事で、ダビング業者が使っている録画メディアを調査してます。

結論として、ダビングコピー革命や、ビクターダビングサービスは、録画メディアをサイトに記載しておりました。

しかし、ほとんどの企業が「その時の状況でDVDメディアを変更している」という回答でした。

おそらくその企業は海外製の格安DVDを使っていると、推測してます。

ダビングコピー革命は、日本製のDVDでダビングしているので安心です。

ダンボール、梱包材をストックしておく

宅急便運賃一覧表
引用:ヤマト運輸(宅急便運賃一覧表:全国一覧)

10つ目は、ダンボール、梱包材をストックしておくこと。

なぜなら、宅配キットがないダビング業者が多いから。

家にあるダンボールで発送する場合、「ダンボールサイズ」が問題になりました。

たとえば、3本のビデオテープを発送する場合、コンパクトサイズで十分です(一覧表参照)

しかし、ダンボールのストックがないからと、100サイズで発送すると、2倍以上の発送料金がかかります。

しかも、急にちょうどよいダンボールサイズは見当たりません。

私の体験で、発送に丁度よいサイズのダンボールが見つからず、近所のスーパーまで探しに行きました(めんどくさかったです)

納品するビデオテープの数を事前に確認することで、スムーズな発送ができます。

  • 発送料が最低限で済む
  • ダンボールを探すストレスがない
  • スムーズに発送できる

結果、ストレスがなくなり、時間も節約することができます。

まとめ【トラブル回避10選:VHSダビング業者に注文する前の心構え】

まとめです。

今回は、ダビング業者に申し込み前に確認すべき10つのこと、というテーマでお伝えしました。

  1. 納期を確認する
  2. 仕上がり期待値をあげない
  3. ビデオテープはまとめて申し込む
  4. 年末年始は避ける
  5. 著作権があるビデオテープ
  6. ビデオテープの長さ確認(120分)
  7. チャプターの有無の確認
  8. 発送前にカビ、テープ切れを確認する
  9. 店舗が使っているダビングメディアを確認する
  10. ダンボール、梱包材をストックしておく

お伝えした10つのポイントは、実体験から感じた事実です。

ですから、初めてダビング業者を使う人は、ぶち当たる事項と考えてます。

事前にデメリットを把握することで、以下メリットがあります。

  • 認識の相違を防ぐ
  • お金の節約
  • 時間の節約

これからお申し込む人は、参考にどうぞ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)
閉じる