安いだけの業者はNG!?失敗から学ぶ、DVDダビング店舗の選び方【VHS】

ダビング業者の選び方

ビデオテープをDVDにするため、初めてダビングサービスを利用します。安くダビングできる、オススメの業者ありますか?

ビデオテープをダビングするなら「安くて高画質に」と思いますよね。

ダビングしたいVHSが多くなるほど出費が多くなるので、当然です。

ただし、安いだけのダビング業者は、質が低くなる可能性があるので、注意が必要です。

そこでこの記事は、私の実体験から、失敗しないダビング業者の選び方をお伝えします。

この記事を読めば、お得に、ラクに、最短で、ダビング業者を探すことができます。

この記事でわかること
  • 正しいダビング業者の選び方
  • ダビングする目的を明確にする方法
  • ダビング業者を使うデメリット、失敗したこと
記事を書いている人
この記事でわかること(目次)

ダビング目的を明確に【ダビング店舗の選び方】

ダビング目的fujifilmmediacenterアクタス
店舗ダビングコピー革命想い出ビデオDVDダビング工房 富士フィルムメディアセンター(楽天)actas(楽天)
とにかく安く548円398円3,121円550円680円
動画編集したい可能不可可能不可不可
早くほしい5日~5日~10日記載なし記載なし
ブルーレイでみたいDVD-R 、Blu-ray、MP4DVD-RDVD-R 、Blu-rayDVD-RDVD-R 、Blu-ray
チャプターほしいありなしありありなし
画質良く高画質良い高画質良い良い
カビ取りしたい999円550円990円500円~1,000円
テープ切れ直したい999円1,320円990円記載なし1,000円
熱処理したい4,999円不可不可不可不可
保証あると安心ありなしなしなしなし
事前確認発送前に確認可なしなしなしなし
クーポンなしなしありなしなし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る 詳細を見る
ダビング業者一覧(すべて税込)

2022年5月18日時点の情報です

結論、失敗しないダビング業者の選び方は、ダビングをする目的と優先順位をつけて業者を選ぶこと。

なぜなら、ダビング業者は、得意不得意があるからです。

ダビング業者は「どこも同じでしょ?」と思いがち。しかし、店舗によってサービスレベルが違います。

例えば、

  • ダビング機材
  • 録画メディア

海外製、日本製を使っているか?で画質やDVDの寿命に差が出てきます。

ダビング作業の裏側は、ユーザーからは見えません。

高画質にダビングしたいのに、
低価格のダビング店を選んだら、
1年後にDVDが壊れる可能性があるでしょう。

結果「あのとき、ケチらなければよかった」と後悔することになります。

ダビングする目的が、安さなのか、品質なのか、納品形式なのか。

優先順位を付けて選ぶことで、失敗しないダビングが実現できます。

VHSをダビングする3つの方法【メリット・デメリット】

ビデオテープをダビングする方法
ビデオテープをダビングする方法

「自分でダビングしたら、安くて高品質になるのでは?」という疑問もあると思います。

ですので、ビデオテープをダビングする方法と、メリット・デメリットを記載します。

ビデオテープをDVDへダビングする方法は、3つあります。

  1. 自分でVHSをDVDへダビングする
  2. 実店舗でダビング依頼する
  3. ネットからダビング依頼する

メリット・デメリットを踏まえて、改めて「自分にあったダビング方法」を検討してください。

自分でVHSをDVDへダビングする

1つ目は、自分でダビングする方法です。

ダビング機材(デッキ、AVケーブル、S端子など)あれば、低コストで、ダビングできます。

メリット・デメリット

Good
BAD
  • 機材が家にがあれば、無料で即日ダビング可
  • 多形式(MP4とか)でデータ化できる
  • 著作権のあるビデオでもダビング可能(法律範囲内で)
  • ダビングの知識が必要
  • テープ切れに対応できない
  • カビの対応ができない
  • 作業時間かかりすぎ
  • ダビング失敗する可能性

自分でダビングする最大のメリットは、著作権のあるビデオでもダビングできること。

ダビング店舗では、著作権が絡むビデオテープは、ダビングできません。

法に触れる恐れがあるため、ダビングは一切受け付けてないです。

しかし、ビデオテープは、個人的使用の範囲なら、著作権法で認められる場合があります。

自分で買ったビジネス本のポイントをコピーしても、個人的使用なら問題ないのと同じです。

自分でダビングするデメリット

自分でダビングするデメリットは、時間がかかること。

また、知識がないままダビングすると失敗するので、休日が潰れます。

もっとも怖いのが、カビが生えているのに気づかずダビングしてしまうこと。

ビデオテープに付着したカビが、再生とともに拡散され、ビデオデッキが壊れます。

自分でダビングする場合、失敗するリスクが大きいので、知識がなければ避けるべきです。

実店舗でダビング依頼する

2つ目は、ビックカメラやヨドバシカメラなどの「実店舗」でダビングする方法です。

メリット・デメリット

Good
BAD
  • 店員さんに相談してからメニューが決められるので失敗しない
  • 買い物ついでにダビングできる
  • 大手家電の取り扱いが多いので、心感してダビングできる
  • ダビング料金は高め
  • 納期が遅め
  • 車で持参するのがめんどくさい

実店舗でダビングする最大のメリットは、店員さんに相談しながら、メニューを決められることです。

機械やパソコンに弱い人にはオススメです。

ただし、市区町村にあるような、「街の電気屋さん」では、ダビングできないことが多いです。

地方に住んでる方は、休日家電ショップまで、車を出す必要があります。

また、実店舗は、地代がかかるので、1枚あたりのダビング料金は高い傾向があります。

ネットからダビング業者に依頼する

3つ目は、ネットからダビング依頼する方法です。

個人的に、この方法がラクでオススメ。

箱に詰めて送るだけです。

メリット・デメリット

Good
BAD
  • 実店舗を構えてないので、低価格でダビングできる
  • 休日、家から出ないで完結する
  • 箱に詰めて送るだけなので、30分で断舎離できる
  • ネットから申し込む必要がある
  • 困ったら電話で相談するしかない
  • 発送する料金は自腹

世田谷区に住んでいる私は、近所にビックカメラがあります。

それでも、ネットからダビング依頼してます。

なぜなら、運ぶ手間が不要だからです。

ビデオテープは1本240グラムです。なので10本もつ2.4キロになります。結構重いです。

ダビング業者を使うデメリット【失敗談】

断捨離
断捨離

ここでは、ダビング業者を使うデメリットをお伝えします。

ネット注文は、ラクでオススメだけど、実はデメリットもあります。

お申し込みする前に「ダビング業者には、こんなリスクがあるよ」というのを知ってほしです。

集めた口コミは、

  • Twitter
  • 楽天
  • 私の実体験

嘘偽りのない、リアルな口コミです。

あーダビング業者に頼むんじゃなかった…

こんな後悔をしないよう、お申込前の参考にどうぞ。

再生機の相性がある。エラーや再生できないケースも

エラー、再生できない
エラー、再生できない

ダビング業者に依頼しても、ダビングが失敗することがあります。

再生機に依存する性質があるためです。

例えば、PS4でDVDを再生する場合。録画メディアの相性によっては、視聴できないケースがあります。

もし、再生できるか不安なら、事前に映像確認と、やり直し保証がある「ダビングコピー革命」を利用することをおすすめします。

カビ取りで追加料金。シュミレーションよりも高くなった

想定よりも高くなった
想定よりも高くなった

ビデオテープに付着したカビは、素人では判別できない場合があります。

もし、保存状態が悪かったと自覚がある人は、「カビ除去料金」も加算してシュミレーションおきましょう。

(実店舗、ネット店舗共に1,000円前後で除去してくれます)

ビデオに何も映ってない

ダビング依頼したのに、ビデオテープが空で戻ってきたケースもありました。

(もともと空テープだった可能性もありますが…)

2016年にビデオデッキの生産は終了しているので、事前に中身の確認が出来ないのは、仕方のないことです。

悪徳業者の場合、空テープだった場合でも、お金を請求される場合があるので、注意しましょう。

映像化できなければ無請求【ダビングコピー革命】

初めてのダビング業者を利用する方にオススメな店舗は、ダビングコピー革命です。

なぜなら、ダビングが失敗する可能性が低い店舗だからです。

  • 業界トップクラスの安さ
  • やり直し保証あり
  • 高画質にダビングできる

パソコンが苦手な人でも、スマホから簡単にお申し込み出来ます。

お申し込み方法も簡単で、シュミレーションして、箱に詰めて送るだけ。(後払い、会員登録不要です

映像化できない場合、料金は請求されません。

まとめ【安いだけの業者はNG ダビング店舗の選び方】

まとめです。

今回は、「失敗から学ぶ、正しいダビング業者の選び方」というテープでお伝えしました。

失敗しないダビング業者の選び方は、ダビングをする目的の優先順位をつけて業者を選ぶこと。

なぜなら、ダビング業者は、得意不得意があるからです。

ダビング業者は「どこも同じでしょ?」と思いがち。しかし、店舗によってサービスレベルが違います。

安いには安い理由が隠れています。例えば海外製のダビング用DVDを使っていたりします

初めて業者に依頼する人にオススメな店舗は「ダビングコピー革命」です。

  • 日本製のDVDでダビングしている
  • 安くて高画質に仕上がる
  • MP4納品も可能
  • やり直し保証あり
  • スマホから簡単申し込み

わたしが利用したダビング業者の中で、失敗しない可能性が高いダビング業者、と考えております。

「絶対にミスできないVHS」がある人に、特にオススメです。

\1枚548円キャンペーン開催中/

父の日に間に合います

  • やり直し保証あり
  • 映像化保証あり
  • 箱に詰めて送るだけ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)
閉じる