【1月限定】キャンペーン情報まとめ詳細はこちら

【VHSデッキはレンタルできる】ビデオテープを見る3つの方法

ビデオテープを見る3つの方法
  • URLをコピーしました!
質問

押し入れから、ビデオテープがでてきました。DVDにダビングするにはどうしたらよいでしょうか?ビデオデッキは捨ててしまいました…

おばあちゃんちにあったビデオテープ
おばあちゃんちにあったビデオテープ

2022年12月に、おばあちゃん家を訪ねたら、ビデオテープが沢山ありました(上記画像)。

おばあちゃんに「ビデオ見れるの?」と聞くと「デッキが壊れて見れない」とのこと。

おくさん

じゃあ、おばあちゃんがもってるビデオテープは、一生見ることできないの??

実は、ビデオデッキがなくても、ビデオテープを見る方法はあります。

そこでこの記事は、VHSを見る2つの方法をお伝えします。

この記事を読めば、ビデオテープが見れるようになるので、年末年始、親戚とおいしいお酒が飲めるでしょう。

この記事を書いてる人
キャベツ太郎
キャベツ太郎

<プロフィール>

  • 7業者でダビング経験
  • SEO検定1級
  • 東証スタンダード社員
プロフィールの根拠(クリックで開きます)
SEO検定1級
SEO検定1級
サイトの登場人物
登場人物
登場人物
この記事でわかること(目次)

【まずは結論】ビデオテープをダビングする3つの方法

ビデオデッキ
VHSを見る方法

結論、ビデオテープを見る方法は、以下3つです。

  1. 業者に依頼する方法
  2. 自分でダビングする方法
  3. ビデオデッキをレンタルする

それぞれ解説します。

業者に依頼する方法

ダビング業者に依頼
ダビング業者に依頼

1つめは、業者に依頼する方法です。

ココがポイント

ダビング業者には、実店舗とネット店舗があります。

実店舗は「カメラのキタムラ」「ヨドバシカメラ」です。仕事帰り、買い物のついでにダビングできるメリットがあります。

一方、ネット店舗は「ダビングコピー革命」や「想い出ビデオDVDダビング工房」が有名です。価格が安いメリットがあります。

ココがポイント

VHSを箱に詰めて送るだけ。家から出ずにダビングできます。

ダビング業者に依頼するメリット

ビデオテープを、ダビングを業者に依頼するメリットは、3つあります。

それぞれ解説します。

失敗リスク少ない

1つめのメリットは、ダビングの「失敗リスク」が少なくなること。

なぜなら、経験豊富な専門家がダビングしているから。

例えば、素人が車をメンテナンスする場合と、整備士がする場合、整備士のほうが車の寿命は延びます。

素人が自分でダビングすると、例えば、VHSに付着したカビに気づけず、ビデオデッキにカビをまき散らし、本体が壊れることも多いです。

キャベツ太郎

ダビングできたとしても、DVDの画質が落ちます。

ダビング業者に依頼すれば、高画質なダビングが可能となり、満足度も高くなります。

カビやテープ切れも修復できる

ダビング業者は、カビやテープ切れを修復できます。

「VHSをよーく見たらカビが生えてた…ダビングできるかな?」

こんな不安があっても心配無用。よほどのことがない限り、きれいにクリーニング、映像化してくれます。

時間とお金を節約できる

ダビング業者に依頼すると、時間とお金を節約できます。

なぜなら、ダビング機材をそろえる手間を省けるからです。

例えば、自分でダビングする場合、ビデオデッキ、キャプチャ、録画機材、ケーブル、DVDーRやブルーレイメディアなどが必要です(20,000円以上は確実)。

自分でダビングするための必要機材例
  • ビデオデッキ:15,000円程度
  • ビデオキャプチャー:3,000円〜10,000円
  • DVD-Rやブルーレイ:1,000円程度

初期費用の20,000円あれば、ダビング店舗で、40本依頼できます。(1枚あたりのダビング料金が500円と仮定した場合)

キャベツ太郎

機材を買いに行く時間も、節約できますね。

ダビング業者に依頼するデメリット

一方で、業者に依頼するデメリットもあります。

それぞれ解説します。

実店舗の場合、ダビングできる店舗が少ない

1つめのデメリットは、実店舗の場合、ダビングできる店舗が少ないこと。

なぜなら、小さな家電店は、取り扱っていないから。

例えば、カメラのキタムラ、ビックカメラのような、大型店舗ではダビングを取り扱いしております。

しかし、街の電気屋さんのような、ちいさな家電ショップの場合、対応していないケースが多いです。

キャベツ太郎

近所に大型家電ショップがなければ、ネットのダビング業者も検討しましょう。

ダビング枚数が多いほど出費が増える

2つめのデメリットは、ダビング枚数が多いほど、出費も増えること

価格は店舗ごと異なりますが、1枚あたりのダビング料金は、400円~2,000円台が相場になります。

ココがポイント

ダビング枚数が多ければ多いほど、料金が増えていきます。

また、カビ、テープ切れは、別料金になります。

例えば、シュミレーションでは10,000円だったのが、カビとクリーニングで15,000円になることもあります。

著作権のあるビデオはダビングできない

3つめのデメリットは、著作権のあるVHSがダビングできないこと。

なぜなら、法律で決まっているからです。昔のアニメやドラマなど、DVDにしたくても、お断りされます。

ココがポイント

店舗はリスクを冒せません。

著作権があると知らずに、大量に依頼してしまうと、送料だけが増える可能性もあります。

著作権に引っかかりそうなビデオテープは、除外してから、業者に送りましょう。


自分でダビングする方法

自分でダビング
自分でダビング

2つめは、自分でダビングする方法です。

ビデオテープの再生機、録画機を用意すれば、DVDにダビングできます。

自分でダビングするメリット

即日ダビングできる

1つめのメリットは、即日ダビングできること。

店舗に依頼する場合、最低でも3営業日はかかります。しかし、自分でダビングすれば、即日DVDに変換できます。

例えば、VHSを今すぐプレゼントしたいときは、自分でダビングすることで、希望が叶います。

家庭でできるダビング方法を3つご紹介

安くダビングできる

2つめのメリットは、機材がそろっていれば、安くダビングできること。

店舗でダビングする場合、1枚あたり500円前後かかります。しかし、機材が揃っているなら、初期費用が不要。VHSが多くても、コストは増えません。

ダビング機材が揃っている場合自分でダビング業者依頼
10枚ダビング200円(@20×10枚)5,000円(@500×10枚)
100枚ダビング2,000円(@20×100枚)50,000円(@500×100枚)
料金比較(自分でダビング)
自由度の高いダビングができる

3つめは、自由なダビングができること。

例えば、好きな場所で編集、カットできるので、結婚式やyoutubeにアップもできます。

また、店舗では対応できない「著作権のあるVHS」も一部ダビングできます(個人利用の範囲)。

自分でダビングするデメリット

自分でダビングする方法にも、デメリットがあります。

それぞれ解説します。

お金がかかる

1つめのデメリットは、お金がかかること。

なぜなら、機材をそろえる必要があるからです。

自分でダビングするための必要機材
  • ビデオデッキ:15,000円程度
  • ビデオキャプチャー:3,000円〜10,000円
  • DVD-R:1,000円程度
ココがポイント

ビデオデッキは、ダビングにおいて、必須道具です。

ダビング機材を持っていない人は、初期費用で2万円以上、見積もりしておきましょう。

技術や知識が必要

2つめのデメリットは、知識と技術が必要なこと。

なぜなら、点検する箇所がわからないから。

素人が車のメンテナンスをしたら、車は壊れます。ダビングも同じで、素人がビデオテープを分解すると、もとに戻せません。

失敗するリスクがある

3つめのデメリットは、失敗するリスクがあること。

Twitterで「VHS ダビング」と検索すると、失敗した感想がでてきます。

キャベツ太郎

自分でダビングする方法は、初心者にはハードルが高い作業です。

クリックで切り替わります

例えば、カビのクリーニングは、以下作業が必要です。

  1. VHSを分解
  2. 無水エタノールで拭く
  3. 乾かして戻す

頑張れば自分で直せますが、失敗リスクは高まります。

ビデオデッキをレンタルする

3つ目は、VHSデッキをレンタルして、見る方法です。

ビデオデッキは、渋谷ツタヤ(渋谷駅前)でレンタルできます。

キャベツ太郎

実際に渋谷まで足を運んで、レンタルできること確認済みです。

注意点は、ツタヤの中で、ビデオデッキのレンタルを実施しているのは、渋谷限定です。

渋谷以外のツタヤではレンタルしておりません。

ビデオデッキは、ツタヤ以外の業者でもレンタル可能です。

ビデオテープをDVDにする6つのメリット

劣化を防ぐ
劣化を防ぐ

わたしは、過去に100本ほど、ダビングした経験があります。

実体験から、ダビングしてよかったと感じたことは、6つありました。

  1. 劣化を防ぐ
  2. 想い出をたくさんの人に共有できる
  3. 収納が増える
  4. 衛生的である
  5. 友だちに連絡するキッカケになる
  6. 結婚式で盛りあがる

それぞれ解説します。

劣化を防ぐ

1つめのメリットは、映像の劣化を防げることです。

VHSは、再生するたびテープが伸びるため、年々、テープが切れリスクが高まります。

年月による劣化が進むと、砂嵐になったり、湿気によりカビが生えます。

DVDにしておけば、劣化を防げるので、砂嵐になったり、カビる心配も少なくなります。

子供、孫に、きれいな映像を残せます。

想い出をたくさんの人に共有できる

2つめのメリットは、想い出をたくさんの人に共有できること。

なぜなら、スマホやタブレットで共有できるからです。

例えば、MP4で納品すれば、ビデオテープの内容をメールで送れます。

ビデオデッキを処分してしまった人でも、想い出を共有できます。

また、MP4などに落とせば、結婚式で使ったり、youtubeにアップして、世界に共有も可能になります。

収納が増える

3つめのメリットは、収納が増えること。

DVDのほうが体積が小さいので、多くの収納が可能です。

項目家庭用のVHSDVD
重さ200㌘100㌘
体積469(㎤)361(㎤)
VHSとDVDの重さ体積比較

100枚のDVDとビデオテープなら、DVDのほうが収納が広くなります。

収納が多いビデオテープは、重いし、押し入れから取り出すのも憂鬱ですよね。この憂鬱が「ビデオテープを見なくなる」要因となります。

そして、次第にホコリをかぶります。ホコリをかぶったVHSは劣化し、結果、捨てるハメになるので、早めにダビングしましょう。

衛生的である

4つめのメリットは、家が衛生的になること。

なぜなら、カビが舞わないからです。

ビデオテープは、20年以上経過しているものもあります。

大げさに言えば、カビの塊を、押し入れにしまっているようなもの。開けるたび、家の中に、カビをまき散らしてます。

ココがポイント

子供、ご老人と住んでいる人は、病気の原因となります。

あまりにもカビがひどいなら、ビデオテープの処分も検討しましょう。

ビデオテープは、ほとんどの市区町村で「燃えるゴミ」で処分できます。

友だちに連絡するキッカケになる

5つめのメリットは、友だちに連絡するキッカケになること。

なぜなら、昔の友人を思い出すからです。

キャベツ太郎

わたしの親は、昔の知り合いに、電話をかけてました。

もし、連絡が取れるなら、飲み誘ってみてはいかがですか?

わたしは、ビデオテープがきっかけで、5歳のときからの友人と飲みました。

大人になると、友達が増えないので、おすすめです。

結婚式で盛りあがる

6つめのメリットは、結婚式で盛りあがること。

なぜなら、プロフィールムービーで使えるから。

プロフィールムービーに、参加者の映像を入れると、結婚式が盛りあがります。

余興(よきょう)をするより、ずっとおすすめ。

もし、これから結婚式を控えている人は、ビデオテープをMP4にダビングして、動画に組み込んではいかがでしょうか。

ビデオテープを動画にする方法は、以下記事にまとめております。

家庭でできるダビング方法【3つ紹介】

ビデオテープ
家庭でできるダビング方法

家庭でできるダビング方法を、3つご紹介します。

  1. VHS・DVD一体型レコーダーを使ってダビング
  2. ビデオテープの映像をパソコンに取り込む
  3. ビデオデッキで再生、DVDデッキで録画

それぞれ紹介します。

VHS・DVD一体型レコーダーを使ってダビング

「VHS・DVD一体型レコーダー」を使ってダビング
「VHS・DVD一体型レコーダー」を使ってダビング

一番簡単にダビングできる方法は「VHS・DVD一体型レコーダー」を買って、ダビングする方法です。

ビデオテープを再生して、レコーダー側にDVDを入れて録画すれば、ダビングできます。

ビデオテープの映像をパソコンに取り込む

ビデオテープの映像をパソコンに取り込む
ビデオテープの映像をパソコンに取り込む

2つめは「I・OデータGV-USB2」を使ってダビングする方法です。

付属のソフト(DVD-ROM)をパソコンにインストールして、ビデオデッキとパソコンをUSBケーブルで接続。

あとは簡単な操作をするだけで、DVDを作成できます。

ココがポイント

DVDレコーダー不要でダビングできます。

ビデオデッキで再生⇒DVDデッキで録画

ビデオデッキで再生⇒DVDデッキで録画

3つめは、赤白黄のケーブルを使ってダビングする方法です。

  1. ビデオコード(赤白黄ケーブル)を用意する。
  2. ビデオデッキ側の「出力」と、DVDレコーダー側の「入力」をつなぐ。
  3. ビデオデッキでVHSを再生すると同時に、DVDレコーダーの録画をスタート。
  4. 原本を再生しきったら、ビデオの再生とDVDレコーダーの録画を両方停止。

ビデオデッキとビデオレコーダー、ケーブルが必要なので、準備が大変です。

また、ビデオデッキは、2016年に生産終了しているため、入手できない可能性もあります。

DVDはファイナライズすること

VHSをダビングしたDVDは、ファイナライズを行いましょう。

なぜなら、誰かにプレゼントしたときに、受け取った人が再生できないからです。

ファイナライズとは、DVDに書き込みができないようにする処理。VHSでいうところの「ビデオの爪を折る」と同じです。

「親戚にプレゼントしたけど、DVDが見れなかったみたい…」とならないよう、注意してください。

自分でダビングするより業者がおすすめ【メリットだらけ】

個人的には、自分でダビングするより、ダビング業者に依頼することおすすめします。

なぜなら、自分でダビングするメリットが少ないからです。

項目自分でダビングダビング業者に依頼
納期即日最短3日~
ダビング工数(1本あたり)2時間(120分テープの場合)0分
品質低い高い
カビ対応500円~(エタノール掃除)900円~
テープ切れ対応1,000円~(補修用テープ)900円~
初期費用ビデオデッキ:15,000円程度
ビデオキャプチャー:3,000円〜10,000円
DVD-R:1,000円程度
無料
価格(1本あたり)30,000円~(ビデオデッキ+DVD)548円~(ダビングコピー革命の場合)
価格(10本あたり) 30,000円~5,480円~
サポートなしあり
失敗リスクありなし
メリット・デメリット比較(自分と業者)

自分でダビングするメリットは、即日納品できるだけ。

サポートなし、お金もかかる、時間もかかります。メリットありません。

一方、ネットからダビングを依頼する場合、箱に詰めて店舗に送れば完了です。

初期費用も不要、店舗によってはサポートもあるので、失敗リスクが低いです、

ココがポイント

つまり、お金と時間を節約できます。

おすすめのダビング店舗は、ダビングコピー革命です。

サポートあり、高画質ダビング。また、1枚あたり548円と最安値でダビングできます。

ダビング用のDVDも料金に含まれています。

東京都の台東区に実店舗があるので、当日納品も可能です。

また、ダビングすることに不安があれば、直接店舗に問い合わせることも可能です。

キャベツ太郎

わたしも利用したことありますが、スタッフさん丁寧です。安心してダビングできました。

ダビング業者に依頼する前に確認【トラブル回避】

トラブルを回避する方法
トラブルを回避する方法

ダビング業者に依頼することが、絶対に正解ではありません。

なぜなら、デメリットもあるからです。

たとえば、カビが生えてるのにきづかすダビング依頼すると、想定以上にコストがかかったります。

ココがポイント

テープ切れ・カビは、追加料金が発生します。

以下記事では、トラブルを事前に回避する方法をまとめております。

まとめ【ビデオテープを見る2つの方法】

まとめ
まとめ

まとめです。

ビデオテープをDVDにする方法は、2つです。

  1. 業者に依頼する方法
  2. 自分でダビングする方法

オススメは、ダビング依頼すること。自分でダビングすると、ダビング時間もかかるし、失敗するリスクが高いです。

一方、ダビング業者に依頼すれば、箱に詰めて送るだけ。大切なビデオテープをDVDにダビングしてもらえます。

ビデオテープは、カビが生えると見れなくなります。

6〜7月の梅雨時期は特にカビやすいです。

世界で一つだけの映像が、見れなくなる前に。

実体験からオススメするダビング業者は、以下にまとめております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)