ビデオテープをDVDにダビングする2つの方法【VHSのデジタル化】

質問

押し入れから、ビデオテープがでてきました。DVDにダビングするにはどうしたらよいでしょうか?ビデオデッキは捨ててしまいました…

おばあちゃんちにあったビデオテープ
おばあちゃんちにあったビデオテープ

2022年1月に、おばあちゃん家を訪ねたら、ビデオテープが沢山ありました(上記画像です)。

おばあちゃんに「ビデオ見せて」と聞くと「壊れていているから見れない」とのこと。

おくさん

じゃあ、おばあちゃんがもってるビデオテープは、一生見ることができないの??

実は、ビデオデッキがなくても、ビデオテープを見る方法はあります。

そこでこの記事は、ビデオテープを見る方法をお伝えします。

この記事を読めば、整理が進み、年末年始の大掃除がラクになります。

記事を書いている人
サイトの登場人物
この記事でわかること(目次)

DVDにダビングする3つのメリット【ビデオテープ】

ビデオテープをダビングするメリット
ビデオテープをダビングするメリット

ビデオテープをダビングするメリットは3つあります。

  1. 衛生的である
  2. 友だちに連絡するキッカケになる
  3. 結婚式で盛りあがる

順番に解説します。

衛生的である

1つめのメリットは、家が衛生的になること。

なぜなら、カビが生えないからです。

ビデオテープは、20年以上前から保存しているので、カビが付着している可能性が高いです。

大げさに言えば、カビの塊を、押し入れにしまっているようなもの。

ココがポイント

押し入れを開けるたびに、家の中にカビを循環させてます。

カビが生えたビデオテープは、ダビング業者に依頼すれば、ダビングついでにきれいにしてくれます(追加料金あり)。

あまりにもカビがひどいなら、ビデオテープの処分も検討しましょう。

ビデオテープは、ほとんどの市区町村で「燃えるゴミ」で捨てること可能です。

友だちに連絡するキッカケになる

2つめのメリットは、友だちに連絡するキッカケになること。

なぜなら、昔の友人を思い出すからです。

筆者

わたしの親は、昔の知り合いに、電話をかけてました。

もし、連絡が取れるなら、飲み誘ってみてはいかがですか?

わたしは、ビデオテープがきっかけで、5歳のときからの友人と飲みました。

大人になると、友達が増えないので、おすすめです。

結婚式で盛りあがる

3つめのメリットは、結婚式で盛りあがること。

なぜなら、プロフィールムービーで、想い出を共有できたからです。

プロフィールムービーに、参加者の映像を入れると、結婚式が盛りあがります。

余興(よきょう)をするより、ずっとおすすめ。

もし、これから結婚式を控えている人は、ビデオテープをダビングして、オリジナルなコンテンツを楽しんでもらうこと、おすすめです。

詳細は以下記事にまとめております。

ビデオテープを動画にする方法は、以下記事にまとめております。

結婚式のあと、参加者の映像を入れたエンドロールをプレゼント。すてきな思い出をプレゼントできます。

ビデオテープをダビングする2つの方法【デジタル化】

ビデオデッキ
ビデオデッキ

ビデオテープをダビングする方法は2つあります。

  1. 自分でダビングする
  2. ダビング業者に依頼する

順番に解説します。

自分でダビングする

画像引用:ascii.jp様

録画用のビデオデッキが動くなら、自分でダビングできます。

※別途、録画ケーブル(RCAケーブル)が必要

自分でダビングする手順

  1. ビデオデッキとレコーダーをつなぐ
  2. テレビとレコーダーをつなぐ
  3. テープを再生し、同時に「録画」ボタンを押して録画する
  4. 再生が終了したら、録画用デッキを「停止」する
ビデオテープのカビ
ビデオテープのカビ

もし、ビデオテープが切れていたり、カビが生えていても、自分でクリーニング可能です。

自分でビデオテープを掃除する方法は、以下記事を参考ください。

自分でダビングするメリットは、即日ダビングできること。また、著作権のあるビデオテープをダビングできることです。

著作権のあるビデオテープは「個人の利用範囲」ならダビングできます。

ただし、ビデオデッキは、ほとんど手に入りません。日本では、2016年に生産終了しているからです。

おくさん

せ、生産終了!?じゃあ、店舗でダビングするしかないの!?

実は、ビデオデッキは、レンタルすることができます。自分でダビングしたい人は、安く済むのでおすすめです。

デッキをレンタルする

ビデオデッキは、渋谷ツタヤ(渋谷駅前)で、7泊1,000円でレンタルできます。

ココがポイント

渋谷のツタヤ限定のサービスです。渋谷以外のツタヤではレンタルしておりません。

実際に足を運び、レンタルできることは確認済みです。

ビデオデッキは、ツタヤ以外でもレンタルすることができます。

Webからレンタルできる業者もあるので、以下記事をチェックしてみてください。

ダビング業者に依頼する

ビデオテープ
ビデオテープ

2つめは、ダビング業者に依頼する方法です。

ダビング業者には、実店舗ネット店舗があります。

実店舗は、ヤマダ電機など大型家電ショップです。仕事のあとや、買い物ついでにダビングできます。

個人的には、自分でダビングするより、ダビング業者に依頼することおすすめします。

なぜなら、自分でダビングするメリットがないからです。

項目自分でダビング業者依頼
納期即日最短3日~
ダビング工数(1本あたり)2時間(120分テープの場合)0分
品質低い高い
カビ対応500円~(エタノール掃除)900円~
テープ切れ対応1,000円~(補修用テープ)900円~
初期費用ビデオデッキ(20,000円~)
ダビング用DVD(100円~)
無料
価格(1本あたり)21,100円~(ビデオデッキ+DVDロム)435円~(想い出ビデオdvdダビング工房)
価格(10本あたり) 22,000円~4,350円~
こんな人にオススメ・ビデオデッキを所有している
・パソコン上でデータを管理したい
・ダビングに詳しい(技術)
・ビデオデッキがない
・高品質に仕上げたい
・今すぐ収納を増やしたい
メリット・デメリット比較(自分と業者)

自分でダビングするメリットは、即日ダビングできるだけ。

しかし、Webのダビング業者でも、足を運べば、即日ダビングできる店舗もあります。

自分でダビングすると、失敗リスクがあがります。

世界で一つだけの想い出が失われたらストレスですよね。

おくさん

ビデオテープをダビング業者に依頼するメリットを詳しく教えて?

ビデオテープのダビングを、業者に依頼するメリットは3つあります。

  1. 価格が安い
  2. ダビング知識不要
  3. 時間が節約できる

順番に解説します。

価格が安い

ダビング業者に依頼するメリット、1つめは価格が安い点です。

比較表からわかる通り、10本ダビングした場合、1万円以上節約できます。

自分でダビングする費用

  • ビデオデッキを購入
  • RCAケーブルを購入
  • DVD-Rを購入

ビデオデッキは、安くても1万円以上かかります。しかし、ダビング業者に依頼すれば、10本で5,000円以下でダビングできます。

最安値のダビング業者は、ダビングコピー革命と想い出DVDダビング工房です。

ダビング知識不要

2つめは、ダビング知識が不要なこと。

ビデオテープのダビングは、知識と技術が必要です。

筆者

Twitterでは、ダビングしても映像が映らず真っ暗…という口コミが多かったです。

ダビング業者に依頼すれば、失敗しません。

ダビングコピー革命なら、もし失敗しても「ビデオテープ再生保証」があります。

リスクゼロでダビングできます。

時間が節約できる

3つめは、時間を節約できることです。

なぜなら、120分のビデオテープは、120分再生しっぱなしにする必要があるからです。

ビデオテープのダビングは、パソコンのように一瞬でコピーできません。

筆者

10本ダビングすると1,200時間ビデオテープを流しっぱなしにする必要があります。、電気代もかかるし、コスパ悪いです…

ダビング業者に依頼すれば、箱に詰めて送るだけで完了します。30分あれば出荷作業は終わるでしょう。

ビデオテープを保存していたダンボールのまま、発送しても問題ないです。

ビデオテープを送ったら、納品を待つだけです。

時間を無駄にしません。空いた時間は、ランニングなど、趣味に投資できます。

ダビング業者に依頼する前に確認すること【トラブル回避】

トラブルを回避する方法
トラブルを回避する方法

ダビング業者に依頼することが、絶対に正解ではありません。

なぜなら、デメリットもあるからです。

たとえば、カビが生えてるのにきづかすダビング依頼すると、想定以上にコストがかかったります。

ココがポイント

テープ切れ・カビは、追加料金が発生します。

以下記事では、トラブルを事前に回避する方法を、実体験からまとめております。

DVDの寿命を延ばす保存方法

DVDの寿命をのばす保存方法

ダビングしたDVDは、子供や孫に見てもらいたいですよね。

DVDは、保存方法によって、寿命におおきな差が出ます。

DVDの寿命をのばす保存方法を学ぶことで、孫にも想い出を共有できます。

100年先の家族も、きっと笑顔になります。

まとめ【ビデオテープをDVDにダビングする2つの方法】

まとめ
まとめ

まとめです。

今回は、ビデオテープをDVDにダビングする2つの方法、というテーマで記事を書きました。

ビデオテープを見る方法は、2つです。

  1. 店舗でダビングする
  2. ビデオデッキを購入する

オススメは、ネットからダビング依頼すること。

自分でダビングすると、ダビング時間もかかるし、失敗するリスクが高いです。

ビデオテープは、カビが生えると見れなくなります。

筆者

カビが生えやすい季節は、6〜7月の梅雨時期と、9〜10月ごろです。

つまり、11月~5月はカビが生えにくい季節。この時期に、ダビング業者へ依頼することをオススメします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)